<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スタートから30キロ超の登り!しかも雨!試練の麦草峠-信州高原サイクリング・美ヶ原ビーナスライン編⑩

復路は下り基調で楽々。八島湿原のかわいい花達を観賞-信州高原サイクリング・美ヶ原ビーナスライン編⑨の続きです。

8月27日(火)は午前1時に起床。

いつものように準備を済ませます。

この日も山道を行くのでハンガーノックにならないように朝ご飯はしっかり食べます。

そして午前4時過ぎに出発しました。

まだまだ外は真っ暗。

さらにこの日は空を雲が覆っています。

この日はこんなルートを進みます。



ルートを見てもわかるようにいきなり30キロ超、標高1300メートル登ります。

茅野駅から前日と同じルートを進みますが、途中からビーナスラインと別れ、メルヘン街道を進みます。

強烈な坂はないのですが、途切れなく坂がゆるゆると続きます。

蓼科の別荘地あたりからワインディングロードになり、同じようなリズムの道が延々続きます。

標高が100メートル上がるごとに表示があったので、小刻みな目標となって気持ちが切れることはありませんでした。

が、数時間登りっぱなしでしかも今日はその道中で絶景を拝めることができませんでした。

なのでひたすらストイックに登り続けます。

いつまでたってもピークらしきものがなく、同じような景色に、思わず叫びます。

"一体いつなったらつくねーん!!”

誰もいないので思いっきり叫べます(笑)

時折車が通り過ぎるくらいで、ほんとめちゃ静かでした。

大分登ってきたところでワインディングが終わり、やや平坦になってきてやっとピークに到達しました。

e0138081_4475136.jpg


ここは国道で日本で2番目に高い標高のポイントだそうです。

路面はぬれ、先は霧がかかっているようです。

しかし天気予報からもう雨は降らないだろうと全く疑わず下りに入ります。

こちらも濃霧で景色は拝めず、しかし路面はぬれているので慎重に下ります。

e0138081_4503344.jpg


e0138081_451093.jpg


大分下ってきたところでポツリポツリときます。

しかしすぐに止むだろうと油断していたら大分降ってきて、しかもかなり寒気を感じるようになりました。

雨宿りできるところもなく、とにかく下ります。

すると集落が出てきてそこのバス停の小屋の中に避難します。

このままずっと雨やったらどうしょう...

とたんに不安になります。

すると1人のご老人が来られて、しばらく談笑。

そうしているうちに雨が上がりました。

とにかく雨があがっている間に先に進もうとすぐに出発します。

ここからもさらに下ります。

e0138081_4554626.jpg


すると雲の間から青空も見えてきました。

しかしどれだけ下るのでしょう。

あまりに下りすぎてリバウンドの登りに不安を感じ始めます。

するとやっと分岐が見えてきました。

e0138081_4565577.jpg


ずっと下ってきたうえに雨に遭ったので体はめちゃ冷えていました。

しかしここから一転登りになります。

しかもトラックをはじめ車が非常に多いです。

緊張感に包まれながら、登っていくととたん体は温まってきました。

それでもどれくらいでしょう、300~400は登ったのでしょうか。

とたんに周囲が開けて野菜畑が広がっていました。

e0138081_511987.jpg


天気も一気に好転し、この先これまでとは違い、快適で感動的なサイクリングが繰り広げられるのです。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2014-03-26 04:42 | 信州

復路は下り基調で楽々。八島湿原のかわいい花達を観賞-信州高原サイクリング・美ヶ原ビーナスライン編⑨

お詫び : いつも拙ブログをご訪問いただきありがとうございます。現在非常に忙しく皆さまのブログに訪問することができません。ご了承のほどよろしくお願いいたします。また余裕ができましたらお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

安曇野を一望!トレッカーと触れ合った王ヶ頭・王ヶ鼻-信州高原サイクリング・美ヶ原ビーナスライン編⑧の続きです。

8月26日(月)はこのようなルートを進んでいます。



美ヶ原を散策して、ビーナスラインを戻っていきます。

このようなワインディングロードを下って行きます。

e0138081_493542.jpg


ブレーキングで腕がだるくなります。

往路もそうであったように小刻みなアップダウンが続いた後、三峰大展望台をピークに今度は和田峠まで下りです。

一度走っていると先が予想できるので精神的に楽です。

また基本下り基調なので脚の負担も少ないです。

ただ、美ヶ原散策で意外と脚が疲労していて登りになるとその影響をもろに感じます。

復路は八島湿原に寄りました。

e0138081_4131953.jpg


霧ヶ峰の一部に広がる湿原です。

e0138081_41486.jpg


手前の池の水面に雲がうつり、鏡のようでとてもきれいです。

e0138081_4144346.jpg


一周回ると結構時間がかかるらしいので、少しだけ周囲を回ることにしました。

e0138081_4152948.jpg


一見何の変哲もない湿原のように見えますが、よく見ると色々な花が咲いていました。

e0138081_416376.jpg


e0138081_4171451.jpg


e0138081_4174328.jpg


それぞれ特徴がありますが、どれも花が小さくてかわいいところが共通点のようです。

e0138081_4192255.jpg


e0138081_4201574.jpg


e0138081_420744.jpg


見た目より多くの種類の花が咲いていて、一周するともっといろいろ見れたかもしれません。

e0138081_4215834.jpg


e0138081_4214542.jpg


e0138081_4224039.jpg


e0138081_4223361.jpg


e0138081_423307.jpg


この八島湿原や霧ヶ峰、車山高原には色々トレッキングコースがあって面白そうです。

e0138081_424347.jpg


今度来る時はトレッキングシューズも持ってきて高原を散策してみたいです。

ここから霧の駅まで走り、そこからビーナスラインを離れて県道40号で諏訪まで戻りました。

宿に戻って来た時にはちょっとふらつくくらいふらふらでした。

すぐに風呂に入って、ストレッチをして、しばらく横になって夕食を待ちます。

この時間の長く感じたこと(笑)

そして夕食は豊富なおかずに舌鼓。

e0138081_428392.jpg


e0138081_4275742.jpg


e0138081_4285128.jpg


e0138081_4284215.jpg


e0138081_4293159.jpg


e0138081_4292254.jpg


ご飯は何杯食べたことでしょう。

おかわり自由なので満腹になるまで食べました。

部屋に戻り蒲団の上に寝転がっているといつのまにか眠ってしまっていました。

ビーナスラインを進んでいろいろな高原からの風景に感動しぱなっしの一日でした。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2014-03-25 04:36 | 信州

安曇野を一望!トレッカーと触れ合った王ヶ頭・王ヶ鼻-信州高原サイクリング・美ヶ原ビーナスライン編⑧

私は牛になりたい!真夏でもここはさわやかな涼の世界・美ヶ原牧場-信州高原サイクリング・美ヶ原ビーナスライン編⑦の続きです。

8月26日(月)はこんなルートを進んでいます。



美ヶ原・王ヶ頭からも絶景が臨めました。

e0138081_4504482.jpg


e0138081_4504434.jpg


下に見える町は松本あたりでしょうか。

安曇野の一部が見えています。

e0138081_4513961.jpg


e0138081_4521544.jpg


トレッキングをされている方が多くおられ、色々な方から声をかけていただきました。

私の服装が不思議で仕方がなかったようです。

お話してみると、関西から来られている方が多く、思わず談笑に花が咲きます。

そして私の写真も撮っていただきました。

e0138081_4545688.jpg


ここから王ヶ鼻を目指して歩きますが、ごつごつとした岩肌を歩くのがとても大変でした。

SPDの底がつるつるなので、足を滑らさないようにと細心の注意を払いました。

やはりこういうところはトレッキングシューズが必要です。

そして苦労しつつも王ヶ鼻に到達。

e0138081_4573100.jpg


安曇野が一望できます。

e0138081_458331.jpg


昼になり空気がかすんでいたのがとても残念です。

e0138081_4585181.jpg


ここからは360度の大パノラマが広がっています。

e0138081_4593370.jpg


e0138081_534043.jpg


e0138081_502583.jpg


山の稜線がとてもきれいに見えます。

e0138081_51116.jpg


e0138081_512778.jpg


e0138081_515438.jpg


前日まで雨だったので久々にこれだけの風景が見られたんだそうです。

3日間滞在してやっと最終日にこのパノラマが臨めたと喜んでおられたトレッカーもいました。

初日で臨めた私はラッキーだったのでしょう。

再び王ヶ頭を目指して戻っていきます。

e0138081_554762.jpg


e0138081_563234.jpg


ところが道を間違えてしまい、どんどん下って行ってしまいます。

途中でこんなに下るはずはない、と気付きましたが、そこから元の道に戻るまでかなり苦労しました。

しかも、長距離のアップダウンを走ってきたうえにトレッキングなので、そろそろ脚にき始めていました。

e0138081_59010.jpg


e0138081_58583.jpg


疲れてくるとうつむきがちですが、顔を上げると見事な風景に癒されます。

e0138081_510245.jpg


美ヶ原牧場を抜け、再びビーナスラインを戻っていきます。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2014-03-24 05:16 | 信州