<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

相変わらず苦しむ六甲山ヒルクライム。それを忘れさせる山上のご褒美。

7月17日(水)は楽しみにしていたそば屋さんへのサイクリングだったのですが、その前に六甲山に登りました。

前回六甲山の登った時はそこだけ風雨だったので行く前に確認すると、この日は雲もかかっていなくて山頂がきれいに見えていました。

安心して出発します。

前回は思いのほか苦しかったのでその印象も払しょくしたく気合を入れて臨みます。

しかし夙川から甲寿橋までの激坂はやはりきつく、息が上がり足が削られます。

この日は苦手なダンシングを交えますが、やはり効果的に進んでいるような気がしません。

それでも前回は22分かかったところを20分で来ました。

甲寿橋からは前回に比べると走りやすかったです。

しかしどうもギアチェンジが効果的でないのでしょう。

どうもリズムよくは行きません。

相変わらず芦有料金所の前の坂ではふらつきます。

最後はペースを考える余裕もなくふらふらになって一軒茶屋に到着。

e0138081_5183647.jpg


前回は1時間でしたが、今回は57分でした。

毎回のことながらアマチュアでも40分台前半で登る人がごろごろいるのがほんと信じられないです。

やはり鍛え方が違うのでしょうね。

一軒茶屋の周りではあじさいがまだきれいに咲いていました。

e0138081_5192238.jpg


e0138081_5193798.jpg


ガクアジサイ、今年綺麗なのを見るのは初めてじゃなかったかなぁ。

e0138081_520161.jpg


この後集合時間までも余裕があるのでゆっくりと下ることにしました。

e0138081_521133.jpg


六甲カンツリーハウスが見えてきたところで一面あじさいが咲いているところがありました。

e0138081_5215853.jpg


e0138081_522184.jpg


カメラのレンズが曇ってしまっているのが残念です。

e0138081_5224791.jpg


白やピンクのあじさいもきれいに咲いていました。

e0138081_5231367.jpg


e0138081_5233118.jpg


この時期に何回も来ていたのにこの場所には気づきませんでした。

思わぬ穴場を発見したものです。

じっくり写真をとって再び出発した時に、1人のサイクリストと出くわしました。

なんと船乗りさんでした。

e0138081_5244943.jpg


済みません、せっかくの雄姿がぶれてしまいました。

しばらく自転車談義に花を咲かせた後、船乗りさんは別のサイクリングに参加されるということで別方向に進んでいかれました。

私は表六甲を下って行きます。

鉢巻展望台から神戸の町を見下ろします。

e0138081_5265599.jpg


こんな感じでのんびり下ってきました。

朝の六甲山は登るのは苦しいですが、山上はとても涼しく快適です。

気が向いたらちょこちょこ登りたいですね。
[PR]
by tac-phen | 2013-09-30 07:47 | 兵庫

浜名湖の風景をいろいろな角度から。よく走りスカッと宴会!-中部ウォータービューサイクリング④

暑いが風はさわやか。クリアな景色を臨み、そしてうなぎ!・浜名湖-中部ウォータービューサイクリング③の続きです。



おいしい浜名湖名物のうなぎを堪能した後、舘山寺温泉周辺を散策します。

愛宕神社。

e0138081_3515798.jpg


舘山寺から大草山へロープウエーがつながっています。

e0138081_3543072.jpg


ちょうどゴンゴラが両方から来たタイミングを見計らってパチリ。

e0138081_3553126.jpg


e0138081_3554831.jpg


"誘われて浜松"という歌の歌碑がドーンと飾られていました。

e0138081_3564367.jpg


私は知りませんが有名な歌なのでしょうか?

しばらくこの内湖を回った後、この浜名湖で唯一といっていいヒルクラムです。

標高100メートルもないですが、ずっと登りが続き意外ときつかったです。

食事をした後のまったりムードだったのでなおさらでしょう。

しかし苦しんだ後のご褒美は素晴らしいものでした。

庄内湖から浜松市街を臨みます。

e0138081_359421.jpg


そして浜名湖南部。

e0138081_3595923.jpg


浜名湖SAが対岸に見えます。

e0138081_404563.jpg


浜名湖北部、対岸に気賀が見えます。

e0138081_413952.jpg


頂上の展望所に鉄道模型がありました。

e0138081_423798.jpg


100メートル弱登ってこの眺望、多少しんどくても登っておいてよかったです。

大草山を下って再び湖岸沿いを北上します。

車道から離れた自転車道は安心して湖を臨みながら走れるので快適です。

そして気賀界隈へ。

澪つくしのモニュメントがありました。

e0138081_45689.jpg


気賀関所です。

e0138081_453956.jpg


入り鉄砲、出女を厳しく取り締まった日本三大関所の一つなんだそうです。

e0138081_462998.jpg


湖岸を今度は南下。

e0138081_471610.jpg


すると今度はリアルな澪つくしがあります。

e0138081_47536.jpg


"澪つくし"という言葉は以前NHKのドラマであった記憶があり、またその言葉のイメージからこのようなものだとは思いませんでした。

本来澪つくしとは船に水深を知らせるものなんだそうです。

NHKのドラマはこの本来の澪つくしとどういう関連があったのでしょう。

2時を過ぎますます暑さは増してきます。

ここで冷たいものでも、と浜名湖SAに寄ります。

かき氷!

e0138081_4105692.jpg


このSAからも浜名湖が一望できます。

e0138081_4112864.jpg


e0138081_4115344.jpg


ここからホテルまでの道が意外とアップダウンがあり、我々の脚力を削っていきます。

しばらくは湖が見渡せたので気も晴れますが、その後は湖岸からも離れひたすらアップダウンをこなします。

そして鷲津市街地へ入りホテルに到着です。

この日は結局朝4時過ぎに走りだし、渥美半島、浜名湖と午後5時前まで走りました。

シャワーを浴びてすっきりとした後、お楽しみの宴会です。

このホテルではウエルカムドリンクとしてアルコール類も提供してくれるのでそこで先ず一杯。

e0138081_4153251.jpg


そして焼き鳥屋に移動して、存分に飲み食いしました。

e0138081_4164845.jpg


e0138081_4161758.jpg


もともとお酒をあまり呑まないうえに自転車での行動が多い私にとってこういう泊まりではちょっとトライができていいですね。

アクティブに楽しんだ一日でした。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2013-09-27 04:39 | 中部

風雨にもてあそばれた六甲山ヒルクライム

7月6日(土)は時間に縛りができてしまったので参加予定だった40’s淡路島グルメライドはキャンセル、そして猪名川&能勢サイクリングもお見送りだけすることにしました。

せっかくの走る予定が短くなったので、早朝から出発して六甲山を登ることにしました。

まだ薄暗い時間に家をスタート。

2号線から見た六甲山、頂上付近が雲に覆われています。

いやな予感はしましたが、なんせちょっとでも走っておきたかったので引き返すという選択肢はありませんでした。

さくら夙川駅付近の交差点から北上します。

今回はタイムを計ってみることにしました。

サイコンがすでに飾りと化してしまっているので携帯で時刻を見ての分単位での計測です。(笑)

いざ計測してみると直後の信号に霹靂とします。

阪急電車の踏切までに3回信号に引っ掛かったでしょうか?

いつも思うのですが、TTをやっている人はこの辺の計測はどうしているんでしょうかねー。

踏切を過ぎると正面に強烈な登りが見えてきます。

この日は風も強く舞っているのいたのでそこまでも結構大変でした。

登り始めると時折強烈な吹き下ろしの風に悩まされます。

早朝で車が少なかったのが救いで、危険な目には遭わなかったですが、風に飛ばされないようにかなり気を使いました。

そのせいかどうかわかりませんが、こんなにしんどかったっけ??というくらい苦労します。

すごく長く感じてやっと甲寿橋まで来ました。

この時点で25分くらいかかっていました。

ここからさらに苦労することになります。

風に加えて今度は雨が降ってきました。

霧雨でしたが風によって吹きつけられる角度が変わり、サングラスも曇ってただでさえまだ暗いのに前が醜くなります。

しばらく拭きながら登っていましたがすぐ曇るのでサングラスを外しました。

あまりに風雨がすごいので途中でもうやめようかと思っていましたが、すでに途中まで来ていて、しかもずぶぬれだったのでせめて達成感だけでも、と登り続けました。

しかし、この日は、というか、こんなものだったのか、めちゃしんどかったです。

芦有の料金所の手前ではかなりふらつきました。

これはおそらく風の影響ではなく、体力の問題だったことでしょう。

ふらふらになってなんとか一軒茶屋まで到達しました。

e0138081_8481755.jpg


タイムは60分。

ここを40分台で登る人があちこちにいるなんてすごい!と改めて感心しました。

視界は全くきかずこんな状態でした。

e0138081_8495229.jpg


ここにいても風雨を浴びてつらいだけなのですぐに下山します。

ただ路面は濡れ、枝があちこちに散乱していて、とても注意深く下りました。

結局登りも下りも苦しかっただけでした。(悲)

逆瀬川から武庫川自転車道に出ましたが、まだ時間があったので自転車道を行ったり来たりしました。

そして集合時間近くになって皆が集まってきました。

e0138081_8532266.jpg


結局自己紹介だけしてのお見送りとなりました。

e0138081_8533920.jpg


まあいろいろな方とお話しできたのでよかったとしましょう!

e0138081_854193.jpg


次回は最初から最後まで参加しますのでよろしく!
[PR]
by tac-phen | 2013-09-26 04:33 | 兵庫

暑いが風はさわやか。クリアな景色を臨み、そしてうなぎ!・浜名湖-中部ウォータービューサイクリング③

久々の更新です。

....というか、以前ドラフトをかいていた記事をアップしているだけですが(汗)

7月の記事はかきあげているのですが、8月の乗鞍以降は相変わらず全くの手つかずです。

このままでは3カ月遅れのアップが定着しそうです...

と嘆いていても仕方がないので、時間があれば地道に記事作成&アップしていこうと思います。

なにとぞ大海のような広い心で見守ってくださいませ。

南国を思わせる海沿いの道を快走・渥美半島ー中部ウォータービューサイクリング②の続きです。

7月7日(日)の午前中は渥美半島をサイクリングしました。

その後、この日宿泊のホテルまで移動します。

そこに車を停めて再び自転車を組みサイクリングです。

今度は浜名湖を回ります。



すでに昼前だったのでかなり気温も上がり自転車を組むだけで汗だくになりました。

しかし湖岸に出ると風がとてもさわやか。

e0138081_451336.jpg


停まっているより断然心地よかったです。

e0138081_4521663.jpg


浜名湖周遊自転車道を走ります。

e0138081_453087.jpg


視界もクリアでここも南国に来た雰囲気に酔いしれます。

e0138081_4534787.jpg


e0138081_4541073.jpg


渥美半島の波が打ちつける海と違って、穏やかな湖を臨みながらのライドです。

e0138081_4551321.jpg


雲ももはや夏の様相です。

e0138081_4554695.jpg


全く車が通らない自転車専用道路、安心して景色を見ながら快適です。

舘山寺温泉街にやってきました。

e0138081_4575873.jpg


ちょうど昼時、この辺りでお昼をとるかどうか検討します。

浜名湖いえばうなぎ。

なのでコース近くのうなぎ屋を4件チェックしていました。

この舘山寺温泉はそのうちのひとつがあるのですが、この後にヒルクライムがあります。

できることならヒルクライム後にランチと行きたいのですが、あまり後に引っ張りすぎると、うなぎがなくなってしまうということにもなりかねないのでここはそれなりの判断が必要です。

その店の前に行くと人が出入りしていましたがまだ列ができるほどではありませんでした。

しかしメニューをチェックしているときに2,3組客がやってきて同じように吟味し始めました。

お昼時でもあるしこれから一気に来そうだったので、速攻でこの店に決め順番待ちすることにしました。

e0138081_533925.jpg


3組目だったのですが、この後読み通り一気に大勢の客がやってきてものすごいにぎわいとなりました。

3組目で20分強待ちでしたから、判断が遅れたらどうなってたことやら...

我々はいろいろな種類のうなぎ料理が食べれるセットを注文。

これが大当たりでした。

まずはうまき。

e0138081_5586.jpg


単品で頼むとこれだけで1200円くらいする代物。

でもそれだけに値するめちゃうまでした。

うなぎの肝。

e0138081_561316.jpg


うざく。

e0138081_563576.jpg


料理したてのものが順番に出てくるシステムもグッドで、とてもおいしかったです。

そしてメインのうな丼がやってきました。

e0138081_573841.jpg


立派な器に入っています。

e0138081_582988.jpg


白焼きと蒲焼のセットです。

e0138081_591456.jpg


この艶!

これだけでよだれたらたらです。

表面がカリカリに焼いていて中は柔らかな食感、めちゃくちゃうまかったです。

さすが浜名湖のウナギは絶品です。

いろいろな種類のうなぎ料理を堪能、すっかりここでくつろぎました。

普段と違った場所を好奇心に駆られながら走り、美しい景色に感動、そしておいしいものを食べて満足。

旅サイクリングの醍醐味を満喫しています。

さて昼食後も引き続き浜名湖を回ります。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2013-09-24 04:39 | 中部

旅の空から・ダイジェスト-高原のさわやかな風と雄大な景色!最後は温泉で締め!

昨日もかきましたが、"旅の空から"と書いてますが、すでに帰ってきております(笑)

落ち着きましたらまたブログ作成・ご訪問を再開したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

9月17日(火)も空に雲ひとつない快晴に恵まれました。

やはり青空だと風景も数段階素晴らしいものになり、サイクリングを存分に味わえます。

また日差しは強いものの風はすでに秋を感じさせるさわやかさで、この日は高原に行ったこともあり、より一層心地いいものでした。

e0138081_464433.jpg


e0138081_472163.jpg


e0138081_481045.jpg


サイクリングの後は...

e0138081_410374.jpg


露天風呂でさっぱりです。

今回の旅行も1日雨に遭いましたが、大型台風が来ていたにもかかわらず、天気には恵まれて最高のサイクリング、散策を楽しめました。

風も秋を思わせるさわやかなものとなり、自転車シーズンの到来を肌で感じることができました。
[PR]
by tac-phen | 2013-09-19 04:12 | ダイジェスト

旅の空から・ダイジェスト③-予想より早かった天気回復!抜けるような青空!

タイトルは"旅の空から”ですが、すでに帰ってきています(笑)

ただ今回の旅行のダイジェストを完結しておきたかったので、続けます。

9月16日(日)の天気予報は雨のち晴れ。

とりあえず3時に起きて、降雨データをチェックします。

すると10時前までは雨が降る模様。

なので最初は車で移動して、歩きで散策、天気の様子を見て、サイクリングということにしました。

しかし車の移動中すでに青空も見える早い好転の兆し。

ただ、暴風が吹き荒れ、海は大荒れでした。

まずはここへ。

e0138081_5545090.jpg


e0138081_5562221.jpg


e0138081_5571575.jpg


e0138081_55815.jpg


地元の方といろいろお話もできて楽しかったです。

そして昨日、今朝までの空模様がウソのように天気が好転し、サイクリング。

e0138081_5594349.jpg


e0138081_601558.jpg


朝に引き続き、暴風が吹いていましたが、青空のもとのサイクリングは最高でした!

e0138081_621567.jpg


やっぱり青空晴天が一番ですね。
[PR]
by tac-phen | 2013-09-18 06:03

旅の空から・ダイジェスト②-怪我の功名?!

昨日は天気予報では朝から雨....

台風の進路もいつの間にか、近畿よりになっており、この日の好天は絶望的でした。

なので、自転車はあきらめドライブで観光することに...

できるだけ雨の影響が少ないエリアはさらに西の方...等と考えていると頭に思わず浮かんだところがありました。

ちょっと遠いところですが、天候の奇跡的な好天を信じて3時起きしていたので、早速準備をして出発しました。

世界遺産にもなっているだけあって期待していましたが、期待以上に素敵なところで、またいろいろと冒険気分で楽しむことができました。

昨日のそんな様子を写真でダイジェストします。

朝食は....

e0138081_3303074.jpg


梨でした。

おとつい買った分とその時におまけでいただいた分でものすごい数の梨...

しかしさすが本場だけあって、シャキシャキで甘みがあってとてもおいしかったです。

e0138081_332085.jpg


世界遺産に指定されているだけあって、観光のコースも整備されていましたが....

e0138081_334992.jpg


それより先のうっそうと草木が生い茂る山中まで探検していきました。

e0138081_3345750.jpg


そんな冒険もしつつ、往時をしのばせる遺跡や街並みも散策。

e0138081_3363471.jpg


e0138081_33818.jpg


e0138081_339236.jpg


e0138081_3395119.jpg


雨でなければ行こうと思わなかった、雨だからこそこんな素敵な場所に行くことができた、まさしく怪我の功名でした。

しかも雨は時折小雨が降る感じで散策にはそれほど影響がなかったのもよかったです。

そしてこんなところにも...

e0138081_3443087.jpg


e0138081_3453472.jpg


ものすごい人だかり....

これだけ多いと神様のご利益の割り当ても少ないかも(笑)

まあ、こんな感じで雨ながらも楽しむことができた一日でした。

今日は自転車乗れるかな....
[PR]
by tac-phen | 2013-09-16 03:47 | ダイジェスト

旅の空から・ダイジェスト①

ブログがしばらくぶりの更新です。

かきたいことは山のようにあるのですが、やりたいことが山のようにあって、優先順位的に手がつけられていない状態です。

アップしていない期間もたくさんの方がご訪問&コメント下さりありがとうございます。

そんな中、今また、サイクリング旅というか旅行に出ています。

昨日は週間天気予報から好転し、いい天気に恵まれてサイクリング、そして+αに思いっきりはしゃいでしまいました。

昨日の様子を写真によるダイジェストします。

e0138081_3163731.jpg


e0138081_317388.jpg


e0138081_319152.jpg


e0138081_3303754.jpg


e0138081_320175.jpg


夜も思いっきり盛り上がり、テンション最高!

....ですが、今日は天気が...

さて、どうなることやら!?
[PR]
by tac-phen | 2013-09-15 03:22 | ダイジェスト

お盆も夏ならではのライドを堪能・ダイジェスト

8月上旬、下旬と信州で極楽サイクリングを堪能しました。

が、酷暑のお盆期間も自転車でした。

お盆週間は、なんか久々、と思えるグループでのライドとなりました。

それほど久々ではないのですがそう感じるのは信州で過ごした期間がいかに長く、内容が濃かったかということでしょう。

e0138081_595383.jpg


グルメがしっかりからんだライドばかりでした(笑)

e0138081_5105960.jpg


e0138081_511461.jpg


信州と違って暑さが厳しい関西でも、涼しいエリアは存在します。

e0138081_5132991.jpg


この時期に走ろうという面々は皆エネルギッシュです!

e0138081_515222.jpg


こんなことをしてもすぐに乾いてしまうのは夏の利点ですねー。

そうそう、なんとこの日に今年初のかき氷を食べました。

e0138081_5155011.jpg


そしてこの日も山間部へ涼しい早朝の内にサイクリング。

e0138081_5172776.jpg


以前からブログやFBで紹介されていて気になっていたジェラートもゲット。

e0138081_5182349.jpg


油断すると危険な酷暑の中のライドですが、それでも準備、時間と場所を選べば、夏ならではのライドを楽しめますね。

そんなわけで8月も充実したサイクリングライフを満喫したのでした。

さあ、さあ、ブログ記事作成も頑張らないと...

何回も言い聞かせていますが...(笑)
[PR]
by tac-phen | 2013-09-04 03:35 | ダイジェスト

南国を思わせる海沿いの道を快走・渥美半島ー中部ウォータービューサイクリング②

太平洋岸に延々と続く砂浜を臨みながら・渥美半島サイクリングロードー中部ウォータービューサイクリング①の続きです。

こんなコースを進んでいます。



伊良湖岬への道は道100選に選ばれているそうです。

e0138081_94946100.jpg


見えていた浜は恋路ヶ浜というところで、とてもきれいな砂浜でした。

e0138081_9515032.jpg


e0138081_9521387.jpg


恋路ヶ浜から岬の先へは岩場になっています。

e0138081_953634.jpg


日本海に比べて波の内つけが弱いのでしょうか、岩場もさほど浸食が厳しくないようです。

e0138081_954279.jpg


白い灯台が、青色の空と海をバックにとてもきれいに映えます。

e0138081_9545047.jpg


e0138081_9551593.jpg


伊良湖岬を回って海沿いを北上します。

e0138081_9561979.jpg


西の浜沿いから海を挟んで見えるのは知多半島でしょうか。

e0138081_957640.jpg


e0138081_9574550.jpg


変わった形の灯台がありました。

e0138081_959720.jpg


立馬崎灯台です。

e0138081_9595186.jpg


海を見ながらおしゃべりされていた地元の方に聞いた道を進むととても気持ちのいい風景の連続でした。

e0138081_1004588.jpg


e0138081_101487.jpg


e0138081_1012572.jpg


ここから国道259号線に出てデポ地を目指してひたすら走ります。

この渥美半島を回るコースは70キロ強あったにもかかわらず、なぜか50キロくらいと勘違いしていてデポ地までのライドはその分きつく感じました。(笑)

この渥美半島は春先には花が咲き乱れてとてもきれいなんだそうです。

その時期にまたやってきたいですね。

デポ地に戻って自転車を積み、ミニストップでハロハロを食べて次の目的地に移動です。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2013-09-02 04:34 | 中部