<   2012年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

好奇心からの寄り道が醍醐味。絶景プライベートスペースへーラピュタの道②:ブロンプトンと九州リベンジ⑪

雨ですねー。

週末に雨になる悪循環は未だに変わっていないようです。

昨日やっと和歌山で桜の開花が観測されたようです。

しかしまた今日の昼くらいから寒くなるらしく、桜もいつ咲いたらいいのか判断が大変でしょうね(笑)

来週時間を作るために今週奮闘しました。

なんとか時間は作れそうなのでまたちょっとした旅を楽しもうと思ってます。

春の魅力は桜だけではないですからねー。

さて今日の記事は最高の天気に恵まれリベンジ遂行中のブロンプトンと行く九州リベンジシリーズです。

ラピュタの道、まだまだ魅力満載でした。

(阿蘇のジブリの世界へーラピュタの道①:ブロンプトンと行く九州リベンジ⑩の続き)

そして上から見た時に気になっていた小山の近くまできました。

e0138081_4545535.jpg


せっかく来たのであの道を行ってみることにします。

e0138081_4563259.jpg


こういった好奇心からのちょっとした冒険、寄り道が旅の醍醐味です♪

何処からこの道につながっているのか、最初がすごくわかりにくかったですが深い草の間に道らしきものがあったのでたどって行きました。

e0138081_4585155.jpg


この道中からの景色も独特ですね。

e0138081_4593671.jpg


e0138081_50585.jpg


e0138081_51256.jpg


きれいな緑です。

e0138081_515268.jpg


e0138081_52256.jpg


来た道を振り返ってみると...

e0138081_531845.jpg


結構な距離歩いてきたんですね。

私のブロンプトンは何処にあるかわかりません。

そして小山の頂上へやってきました。

e0138081_563763.jpg


絶景です♪

e0138081_572698.jpg


阿蘇五岳の山筋までくっきり見えます。

e0138081_59916.jpg


外輪山に囲まれた平野部...

e0138081_510572.jpg


カルデラなのがよくわかります。

ここで山口から来られた方と少し談笑。

なんと日帰り予定なんだそうです。

思いつきの旅がお好きらしく、行ったところの話で盛り上がりました。

e0138081_513146.jpg


停まっていた白の車は彼ものもだったんですね。

e0138081_5144447.jpg


e0138081_5154386.jpg


e0138081_5162717.jpg


あまりの景色の雄大さと風の気持ちよさ、そして自分だけの世界にいる感覚にしばらく浸っていました。

本当すごいですね、阿蘇!!

同じものを見ているはずなのに場所をちょっと変えるだけで全然違って見えます。

e0138081_5191669.jpg


e0138081_5194558.jpg


ちょっとした好奇心からの冒険でいい場所を発見して意気揚々。

さあ、ラピュタの道に戻って下って行きましょう。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-03-31 03:54 | 九州

一度覚悟を決めると楽しい!集団で走る強みを実感-イェーイで乗り切った雨の自走淡路島ライド②

だいぶ暖かくなってきましたね。

昼ごろには汗ばむくらいになってきました。

ただ桜はまだまだつぼみのままです。

来週、以前から見に行きたいと思っていたしまなみ海道・開山の桜を見に行こうと考えていたのですが、もしかしたらちょっと早いかもしれないですねー。

桜は咲いている時期が短いうえに、天候が変わりやすい時なのでタイミングが非常に難しいです。

今回もできればちょっとした旅もしたいと思っているので天気予報にいつも傾注しております(笑)

さて今日の記事は土砂降りの雨に遭いずぶ濡れになってもハイテンションで楽しんだ総勢33名!ショップカンザキのイベントに参加-イェーイで乗り切った雨の自走淡路島ライド①の続きです。

予想以上に早くきた雨が降りしきる中、水仙郷への登りが始まりました。

冬場全然坂に登っていないのでやっぱりきつい....

平地と足の回転がまるで違います。

かなり踏み込んでいるのでしょう、太ももの前が結構来てます。

謎のパラダイスを越えて、だらだらした登りをこなすと今度は下りです。

この時はすでに路面は完全に濡れてました。

一人ひとり間隔を十分に開け、スピードを出さないよう、急ブレーキをかけないよう細心の注意を払って下って行きます。

雨が降ると登りより下りのほうがしんどいです。

そしてモンキーセンターで休憩。

e0138081_9173810.jpg


もはやこのころにはポツリポツリの段階は越えてました。

e0138081_91855100.jpg


しかし不思議なことに複数でいるとそれでも楽しいんですよね。

いろいろ談笑したり、試乗しあったり...

e0138081_9213429.jpg


こうやってネガティブな環境になった時こそ、集団ライドの強みが発揮されます。

ネガティブと言ってもこの二人は相変わらず"イェーイ!!"でしたが(笑)

e0138081_921525.jpg


"雨でもいくしかないなー!そしたらテンションあげて行こうぜ!”

と叫ぶと、

"イェーイ!!”

ともりさわさん。

...と乗ってくれるのはもりさわさんだけでした(笑)

さて、ここから灘までひたすら平地ですが相変わらず道はよくないですね。

風景が変わらないのもこういった時はつらいものです。

そして灘を越えてからは激坂です。

やっぱり登りはつらくても安心です。

下りでカーブだとすごく神経を使います。

とにかく怪我、事故だけは避けなくてはなりません。

この難所を通過。

ここでまたも無理やりテンションをあげていただきました(笑)

e0138081_927678.jpg


ここから下りですが、本来なら緩やかな下りなのでライドを楽しめるところですが今回は慎重に下ります。

阿万を抜けて福良までの最後の坂を前にします。

このルートは距離は短いが斜度がきつめ、あのルートは距離は長いが斜度は緩め、しかし一つ坂は多いが晴れならば絶景が臨めます、なんて私が説明をしたものだから後者のルートへ行くことに。

しかし登り始めると意外と斜度がきつい...

皆さんからも"これで斜度が緩いの...”

私も走りながら”いやー、ごめんなさい”と心の中で謝ってました(汗)

ホテルプラザ淡路まで来ても雨なので本来の絶景は臨めず...

アップダウンをなんとかこなし、最後の急坂の下りを慎重に降りて休憩場所のコンビニに着いた時には遅れて走っていた方がもう一つのルートを走って先に着いてました(大汗)

福良ではすでに皆さんずぶ濡れ...

しかも前日ほど気温が上がらず薄着できた人も多かったのでコンビニで震える姿は地獄絵のようでした。

ちなみに私もこんな状態でした。

e0138081_9355474.jpg


スティービーワンダー風でしょ(笑)

これから雨がさらに激しくなることが予想されるのでこの時点でショートカットを決断。

コンビニで休憩している間に雨はあがりかけていたのですが、スタートすると再び激しく降り始めます。

神はどれほどの試練を我々に与えるのか...

e0138081_938385.jpg


しかし相変わらずこの二人は"イェーイ!"です(笑)

28号線を北上して湊からサンセットラインを走ります。

本来ならばアワイチではかなりの数のサイクリストとすれ違うのに今回は誰ともすれ違いません。

まるで我々以外は誰も走っていないかのようでした。

しかし不思議と体は元気です。

寒さ以外はあまり疲れも感じませんでした。

e0138081_9412534.jpg


リーサンも元気いっぱい!

先頭がへたれ始めると進んで前を曳きに行きます。

あまりのパワフルさに正直驚きました。

コンビニで休憩を取ったのですが、あまりに寒くて皆さん停まっている方がつらそうでした。

グローブをにぎると水が滴り落ちるほどずぶ濡れですから当然ですね。

途中、魚増のアナゴのにおいが我々を誘惑します。

その時先頭を曳いていたので後ろを振り向き...

"ここのアナゴめちゃうまいんですよね!いつもはここで食べて行くんですよ。”

と振ってみたのですが、無反応。

"いいですね、ちょっと寄って行きましょうか。”

という皆さんからの反応を期待していたのですが空振りでした(笑)

まあ天気予報では時間がたてばたつほど雨が激しくなる予報でしたからまずはスタート時点に戻ることが先決です。

やっと明石海峡大橋が見えてきました。

しかしここからが最後の拷問です。

もう着くやろ、と思ってもなかなか景色が変わりません。

あのカーブを回ったら、と期待しても同じような道がまだ続いています。

意識がもうろうとしてきたころにやっと橋のたもとまでやってくることができました。

e0138081_952140.jpg


とにかく皆さん無事で家が無く戻ってこれてよかったです。

私自身は厳寒用の服装をしていたので寒さはそれほどでなかったので雨の中でも大勢の方と走れて結構楽しめました。

皆さんはこれから温泉に行くらしいのですが、りーさん、もりさわさん、と私はジェノバです。

ジェノバの中の暖房が心地よかったです♪

レーパンがずぶ濡れなので座れなかったのですが、立ちながらでもうとうとしてました。

明石でお2人ともお別れ。

最後ももちろん"イェーイ!!”でハイタッチでお別れしました。

そして明石からは自走です。

風がかなり強くなっているうえに車も多かったのでとにかくゆっくり慎重に路面をしっかり見ながら走りました。

無事事故なく帰宅できてよかったです。

今回このような素晴らしい企画、運営をして下さったスタッフの皆さん、参加の手はずを整えてくださったリーサン、そして声をかけてくださったもりさわさん、、そして参加者の皆さま、お疲れ様&ありがとうございました。

またご一緒できること楽しみにしています。

今度はいい天気であることを祈りましょう。
[PR]
by tac-phen | 2012-03-30 03:49 | 兵庫

阿蘇のジブリの世界へーラピュタの道①:ブロンプトンと行く九州リベンジ⑩

おはようございます。

おとついジムに行ってきました。

やっと旅前の調子に戻ってきたようです。

旅中も自転車に乗っていたのですが、ジムでやっていることと違うせいかすごくなまった感が抜けませんでした。

来週もちょっと出かけることを考えてますが、せっかく維持してきた運動能力を落とすことになるかと思うとちょっと心配ですね。

旅先でもジムに行くようにしようかな、なんて考えてしまいます。

それじゃ、非日常でなくなってしまいますね(笑)

旅の醍醐味を失ってしまうのでしないでしょう。

さて今日の記事は最高の天気に恵まれリベンジ遂行中のブロンプトンと行く九州リベンジシリーズです。

(阿蘇山や九重連山を眺めて草原の道をのんびりとー阿蘇・ミルクロード:ブロンプトンと行く九州リベンジ⑨の続き)

前日にカレーパンマンさんからメールをいただきミッションを言い渡されましたが、そのうちの一つが最近テレビで紹介されライダーの間で人気となりつつある"ラピュタの道”というところがあるので訪れるよう、とのことで1枚の画像が添付されてました。

それを見て俄然行きたくなり、というよりミッションなので行かなくてはなりません。

夜の間に必死に情報を集めましたが、入口、出口がいまいちわかりません。

しかしあるというのは確かなようなのでとりあえず探り探り道を進みました。

おそらくここだろう...

e0138081_415474.jpg


ここではないかもしれませんがこの先どこまで進んだらそのラピュタの道にいけるのかわからないので今後のために目印となるようなものを撮っておきます。

e0138081_418084.jpg


この標識の近くにお地蔵さんがあります。

e0138081_418534.jpg


大観峯からミルクロードを進んでくるとまずこのお地蔵さんが見えます。

e0138081_4195313.jpg


大津方面から来ると標識、お地蔵さんが正面に見えます。

e0138081_421744.jpg


ここが正しい入り口かどうかわかりませんが、とりあえず進んでみましょう。

e0138081_42206.jpg


前情報でそれほど道路状況はよくないと聞いてましたが、この道もひびだらけです。

e0138081_4231681.jpg


なぜか車のバンパーが落ちてました。

e0138081_4235580.jpg


そんなに過酷な道なの?!

横にダートの脇道があり登りになっていたのでとりあえずそちらに進んでみます。

e0138081_4254859.jpg


すると...

e0138081_4274356.jpg


緑の山肌に灰色の道がぐるぐると走っています。

おそらくここでしょう、が送られてきた画像と同じようなところはどこか探します。

e0138081_429597.jpg


e0138081_4303919.jpg


e0138081_4311096.jpg


そしてやっと見つけました!!

e0138081_432388.jpg


ラピュタで主人公のバズーの住んでいる町がこんな感じでしたね。

e0138081_4344720.jpg


道のすぐ横は深い谷、そして高い絶壁...

e0138081_436216.jpg


古い道が山肌にからみついているようです。

e0138081_438335.jpg


正面にバックに阿蘇五岳。

e0138081_4372756.jpg


e0138081_4391714.jpg


左手にある小山の細い道も気になります。

e0138081_4403125.jpg


e0138081_441210.jpg


このダイナミックな山々と深い谷、そしてそこを縫うようにグニャグニャ走る道...

ラピュタの道と呼ばれるのもうなずけますね。

e0138081_4434683.jpg


さあこの道を下って行きましょう。

ちょっと下ったところにこんな岩が。

e0138081_4462012.jpg


うっすらと"ラピュタの道”と書いてあるのがわかります。

地形が複雑なうえに道が細かくワインディングしているのでいろいろな角度から景色を楽しめます。

e0138081_448248.jpg


e0138081_4484341.jpg


時間帯の違いで日差しの角度がかわっているので一概に言えませんが大観峯より阿蘇山系周辺の景色はきれいに見えます。

e0138081_449566.jpg


まあ360度のパノラマは大観峯でしか望めませんが。

時折両側が絶壁に囲まれた道になります。

e0138081_4531940.jpg


これもまた違った趣があっていいですね。

さてこの先旅の醍醐味である好奇心からのちょっとした寄り道をします。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-03-29 03:45 | 九州

旧中山道の歴史情緒あふれる宿場町を巡るー鳥居本・醒ヶ井:ブロンプトンでのんびり琵琶湖周辺散策①

3月8日~19日の12日間の九州、そして3月20,21日の2日間と旅に出ていたのですが、これらの記事をまだ全然手をつけていません(悲)

数カ月遅れのネタをできるだけ早くキャッチアップしながらも、直近のネタを優先的にアップしていこうと決めたのですが今それができていない状態です。

というのも未だに昨秋の九州のネタをアップしている途中の段階なので、今この前の九州のネタを載せると今でも時系列的にややこしいのに余計に混乱してしまう可能性があるので控えております。

日々違う季節の記事でややこしいですが、なにとぞ大きな心で受け止めてくださいませ(笑)

さて、今回の記事は昨年、2011年11月2日~3日にかけて行った北琵琶湖周辺を回ったポタリングです。

その前に2週続けてビワイチをした際に、通り過ぎるだけではもったいないと感じ、じっくりゆっくり回ってみることにしました。

まずは車で移動し、宿泊予定の彦根のホテルで車を置きます。

そこから自転車でポタリングスタート。

旧中山道へ。

e0138081_5345357.jpg


中山道と彦根道の分岐点。

古めかしい石標がいいですね。

鳥居本駅の駅舎。

e0138081_5361024.jpg


煙突もあって映画に出てきそうな素敵な雰囲気です。

これはヴォーリズ建築っぽいです。

この辺りは昔宿場町だったんですね。

e0138081_5372794.jpg


旧本陣・寺村家。

e0138081_5382223.jpg


住居部分がこのようにヴォーリズ建築で立て直されたそうです。

e0138081_5392183.jpg


ところどころに昔からの建物が残っています。

e0138081_5403639.jpg


今も営業している薬屋さん。

e0138081_5411172.jpg


昔旅人が重宝したという薬を今も作っているそうです。

e0138081_54293.jpg


それぞれの屋敷がどれも大きいですね。

昔繁栄していたことがうかがえます。

e0138081_54328100.jpg


米原へ入るとまずは峠です。

e0138081_5442765.jpg


地図で見ると見逃してしまうようなところですが、意外と激坂です。

登りきると集落があります。

e0138081_5452820.jpg


ここもかつての宿場町だったのでしょうか?!

しばらく山の中を走ります。

e0138081_54652100.jpg


おそらく昔はかなりの難所だったのでしょうね。

e0138081_5474647.jpg


この先は高速道路や新幹線の線路に沿って東へ道は続いています。

その道中にも宿場町がありました。

e0138081_549696.jpg


e0138081_5494364.jpg


旧街道には未だに昔風情が残っていてのんびりしてますね。

e0138081_551688.jpg


この旧中山道の宿場町で私がすごく気に入っている醒ヶ井にやってきました。

e0138081_5515296.jpg


これは明治時代の醒ヶ井小学校の玄関です。

その後料理旅館になり、今はお寺だそうです。

どれもなるほどと思わせる雰囲気はありますね。

e0138081_554273.jpg


この町は湧水が町内を流れ生活用水となってます。

e0138081_5554434.jpg


e0138081_5563152.jpg


こんな遊び心いいですね♪

町の至る所に湧水があってこの流れが町の風景をより一層美しいものにしています。

e0138081_558277.jpg


e0138081_5593114.jpg


この黄色の花がモノトーンの街並みの中あざやかでした♪

e0138081_60507.jpg


e0138081_611463.jpg


バックの水もきらめいていい光景でした。

e0138081_62238.jpg


醒ヶ井といえばもう一つ目を引くのはこの梅花藻です。

e0138081_635145.jpg


e0138081_644375.jpg


e0138081_651030.jpg


この梅花藻の花が咲いて水面に出てくる様は多くの観光客を魅了しているようです。

この時は季節でないので咲いてはいませんでした....

....と思ったら、

e0138081_671111.jpg


醒ヶ井は街並みも風情あふれています。

e0138081_682891.jpg


e0138081_685637.jpg


e0138081_691781.jpg


この時期は観光客も少なくてよりその風情を味わえます。

e0138081_610750.jpg


e0138081_6103392.jpg


やはり水に恵まれているところはいろいろと恩恵を受けているのでしょうね。

e0138081_6113558.jpg


醒ヶ井を後にし、今度はひたすら琵琶湖へ向かいます。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-03-28 04:02 | 滋賀

阿蘇山や九重連山を眺めて草原の道をのんびりとー阿蘇・ミルクロード:ブロンプトンと行く九州リベンジ⑨

ここ数カ月、自転車が原因で怪我や不調に陥る方々が私の周りに結構いました。

その方々の一刻も早くの復調を願いつつ、自分も気をつけなければと気を引き締めてきました。

これから自転車のベストシーズンですからお互いに万全の体調で迎えたいところです。

昨日は少し時間ができたので今不調に陥っているハイテンションサイクリストのお見舞いに行ってきました。

e0138081_352141.jpg


もりさわさん、相変わらずテンションはハイ、でした(笑)

まだ完全に治ったわけではないのですが、だいぶよくなっているようで少し安心です♪

同じく怪我をされていたやまなおさんも本人からのメール、もりさわさんの話によると大分復活されているようでうれしい限りです。

やっぱり怪我は怖い...

せっかくの楽しいサイクルライフも一気に暗転地獄へと突きおとされますから引き続きお互い気を引き締めて自転車に乗って行きましょう!

さて今日の記事は最高の天気に恵まれリベンジ遂行中のブロンプトンと行く九州リベンジシリーズです。

(今回は快晴!360度大パノラマの自然の偉大な姿に感動!-阿蘇・大観峯:ブロンプトンと行く九州リベンジ⑧の続き)

今度はミルクロードへ。

ミルクロードとは阿蘇外輪山南部大津付近から大観峰、やまなみハイウェイを経て外輪山北東部に至る阿蘇山を眺望する草原道路のことです。

8月に来た前回は大観峯からやまなみハイウエイまでを走りました。

今回は大観峯から反対側へと進みました。

e0138081_7403643.jpg


その草原の中を大津町方面に進みます。

e0138081_7421799.jpg


遠目で見るとわからなかったのですが近くに来るとススキが表面を覆っていてきらきらと光ってました。

e0138081_7432357.jpg


ミルクロードから見る阿蘇もまた違った趣があります。

e0138081_7455584.jpg


e0138081_7452095.jpg


e0138081_7464674.jpg


e0138081_7472287.jpg


おそらく展示でしょうが草泊まりがありました。

e0138081_7492336.jpg


e0138081_7502761.jpg


こんな感じで採草地にあったんでしょうね。

e0138081_7495694.jpg



朝晩はかなり冷え込んだ阿蘇ですが日中はこの高い市で10度ありました。

e0138081_1801713.jpg


まあこの記事がアップされるころとは季節が違いますから変な感じです(汗)。

ミルクロードは外輪山に沿って走ってますからちょっとずつ見れる景色や構図も変わってきます。

e0138081_1823789.jpg


大観峯と九重連山。

カルデラのくぼみ具合がよくわかります。

e0138081_1834865.jpg


宿泊している内牧温泉は眼下です。

e0138081_1845538.jpg


e0138081_188660.jpg


平野部の田畑がパレットのように見えます。

e0138081_1895170.jpg


あちこちに牧場もあって本当に爽快です。

e0138081_18104843.jpg


溶岩が流れ出てできた地形だけあって外輪山も複雑な地形になってます。

e0138081_18121071.jpg


さて、ここからカレーパンマンさんに教えていただいたジブリの世界へと入っていきます。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-03-27 03:57 | 九州

ヒルクライム+NHKドラマ・カーネーションゆかりの地でグルメー第3回パンプキンライド・河内長野~岸和田②

(人数も増えてますます盛況!癒しの空間・愛へー第3回パンプキンライド・河内長野~岸和田①の続き)

次に目指すはぐっさんお奨めのとんかつ屋さんなのですが、すぐに行くとお腹もすかないのでちょっと走ってから行くことに。

スタート時あがっていた葛城山...ではなく牛滝へ。

ちょっと頑張ってみましたが太ももにもろにきました。

やっぱりヒルクライムは間をあけるとダメですね。

e0138081_6564942.jpg


結構しんどかったのですがこれではお腹はすきませんねー。

ちょっと休憩してきた道を戻り、岸和田を目指します。

愛から出てきた道から農業公園たわわへと向かう道はサイクリングには最高です。

坂全体が緩やかなので登っても下っても気持ちよく走れます。

この辺りの道はのりさんが詳しいのでのりさんが先導して下さります。

この日のコースリーダーのぐっさんとのりさんの間のやりとりが傑作でした。

のりさん:"この道を行くと国道へ出ずに〇〇へ行けるのですが...”

ぐっさん:指差ししながら”行って!”

のりさん:”はいっ!”

と普段は温厚なぐっさんですがなぜか命令調、そしてめちゃ従順なのりさん...

なんかすでに師弟関係のようでした。

もはやぐっさん塾の塾生となったことは間違いないでしょう。

そして水間観音へ。

e0138081_7115748.jpg


ここに来るのは2回目ですが、今回は前回と逆から来たのでその認識が無くいきなり水間観音が現れたような印象でした。

e0138081_7132285.jpg


e0138081_7135069.jpg


愛から対して走ってないのですが、すでにお腹が空いてきました。

ぐっさんお奨めのとんかつ屋はこの近くということで期待に胸を膨らませます。

店の駐車場に自転車を施錠していると...

悪魔の叫び声が!

"もうお昼の時間は閉店なんですけど...”

ええーっ!

落ち込む面々...

e0138081_7162035.jpg


特にぐっさんの落ち込みは哀れなほどでした。

ただもともと行く予定にしていたお奨めの店に行くことが決まると俄然元気になってきます。

まあ、そんなもんです(笑)。

岸和田市街に入り商店街の中にそのお店はありました。

e0138081_71985.jpg


お好み焼き・双月さんです。

その横に書かれている"甘党"という文字もめちゃ気になります。

ここのお店のお奨めはお好み焼きとオムライスとのこと。

なので私はミックスを注文。

そしてお好み焼きでは初めての...

e0138081_722385.jpg


カレー入り?!です。

お好み焼きにカレー...

想像つかないですが、お店の方は自信を持ってお勧めだとおっしゃってました。

そしてこのお店は最近では珍しく自分で焼くスタイル。

e0138081_7235919.jpg


こんなの久々なのでちょっと緊張...

e0138081_7244162.jpg


しかしこれはそれぞれの個性が出てすごく面白かったです。

e0138081_7253389.jpg


トッピングを最初から混ぜるもの、別にするもの、モダンのそばを別にするもの、お好みの上に載せるもの...

e0138081_7273230.jpg


5者5様でした。

e0138081_7285045.jpg


さて、さっそくいただきましょう♪

e0138081_730552.jpg


生地がふわふわ...

カレーもすごく合ってます♪

そしてぐっさんが注文して下さったオムライス。

e0138081_731353.jpg


スプーンを入れると中からも卵がとろーり...

e0138081_7315261.jpg


こちらもめちゃうまでした。

とんかつ屋が閉まっていたおかげでもともと来る予定にしていたここに来れるとはまさしく"けがの功名"ですね。

お店を出た後はアーケード街へ。

その中に...

e0138081_7335345.jpg


さすがNHKの朝の連続ドラマ・カーネーションで舞台となった地ですね。

撮影自体はここで行われていないのですが、できるだけ忠実に再現したものだそうです。

e0138081_7351186.jpg


このアーケード街に来た目的はこれです。

e0138081_7361865.jpg


とらやさんです。

ここの回転焼きがお奨めとのこと。

e0138081_7373162.jpg


ちょうど人がいない時に来たのですが、すぐに後ろに行列ができます。

e0138081_7381641.jpg


焼いているのを食い入るように見ている面々...

e0138081_7385563.jpg


私はカスタードとあんを頼みました。

e0138081_7393542.jpg


一口食べるとカスタードがとろーりと出てきます。

ちょっと味は想像しにくかったのですが、食べてみるとめちゃくちゃ皮とあってます。

あまりのうまさにがっついてしまい、あんの方は写真を撮るのを忘れてました(汗)

e0138081_741536.jpg


しかし皆さんよく食べます...

今回のパンプキンライドはここで解散です。

次回からのプランもいろいろ出てこれからますます盛況となりそうな予感で皆わくわくしてました。

最後に目に飛び込んできたもの...

e0138081_7443884.jpg


この後ともたかさんに先導していただきパンプキンさんと旧26号線を北上。

途中でお2人とお別れして帰路につきました。

今回も本当に楽しかったです。

人数も増えてますます楽しみが広がってきました。

これからもどんどんアイデア出し合ってパンプキンライドやっていきましょう。

今回企画・先導して下さったぐっさん、いつものように企画段階からまとめてくださったパンプキンさん、そしてぐっさんから先導の命を受けて果たされたのりさん、最後堺まで先導して下さったともたかさん、そして参加者の皆さま、ほんとうにお疲れ様&ありがとうございました。

また次の機会でご一緒できること楽しみにしています。
[PR]
by tac-phen | 2012-03-26 03:54 | 南大阪

今回は快晴!360度大パノラマの自然の偉大な姿に感動!-阿蘇・大観峯:ブロンプトンと行く九州リベンジ⑧

昨日はおとつい久々にジムに行ってトレーニングを頑張った影響が出て全身筋肉痛...

旅に出ていて何もしていなかったのがもろに出ました(汗)

一応自転車に乗っていたとはいえ、筋トレはまた別の筋肉を使うのでなまっていたのでしょう。

元通りに戻るにはしばらくかかりそうです。

旅に出れるのはうれしいことやけど、こういったところでも日常に戻るのはかなり苦労を伴いますね。

今日の記事は最高の天気に恵まれリベンジ遂行中のブロンプトンと行く九州リベンジシリーズです。

(阿蘇で初のパンハンティング!左に南阿蘇、右に阿蘇山系を眺め史跡巡りーブロンプトンと行く九州リベンジ⑦の続き)

朝目覚めてカーテンを開けると...

e0138081_659274.jpg


素晴らしい朝の景色♪

雲ひとつない快晴です。

e0138081_70559.jpg


早速準備してスタート。

e0138081_71557.jpg


目指す大観峯もくっきり。

外輪山もきれいに見えます。

e0138081_72511.jpg


ここに行くには当然ヒルクライムをこなさなければなりません。

しかしワインディングしているので斜度はそれほどきつくなく気持ちよく汗をかきながら登れます。

そして頂上へ。

e0138081_75392.jpg


阿蘇五岳もきれいに見渡せます。

e0138081_76826.jpg


前回来た時も感動しましたが今回は快晴なのでさらにダイナミックで壮観な景色です。

根子岳から奥の祖母山でしょうか、かなり遠くの山々まで見渡せます。

e0138081_793853.jpg


北に目を向けると九重連山がそびえ立ってます。

e0138081_7104981.jpg


e0138081_7121015.jpg


手前の外輪山の草原も見事ですね。

e0138081_7132274.jpg


この日は8月に来た前回と違ってずっと雨が降っていないので草をかき分けできるだけ外輪山のふもとのカルデラに近付きました。

e0138081_723496.jpg


上部は草原になってますが山肌は森のようになってます。

e0138081_7245084.jpg


カルデラの特徴がはっきり見えてとれますね。

e0138081_7255044.jpg


大観峯の先の遠見ヶ鼻へ。

e0138081_7312676.jpg


e0138081_727292.jpg


e0138081_7305087.jpg


大パノラマで写真ではその壮観さを映し出すことは不可能です。

e0138081_729788.jpg


e0138081_7295159.jpg


ここに立てば360度パノラマ絶景を臨むことができます。

e0138081_7321045.jpg


e0138081_7325383.jpg


e0138081_734169.jpg


この絶景を前にして一気に力が抜けしばらく見とれていました。

自分の住んでいるところとあまりに違って同じ日本には思えませんでした。

すっかり落ち着き、重い腰を上げてのんびりとスタートします。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-03-25 03:11 | 九州

ハムオさんと初対面!これが楽しいということ!喋って笑い3時間ーブログつながり初対面同士の茶話会(後編)

雨が続いてますが気温はだいぶ暖かくなってきましたねー。

桜の開花予報なんかも出てにわかに春のウキウキ感が漂ってきました。

今年はしまなみ海道に桜を見に行きたいと思っています。

問題は時間がとれるかどうか...

で、考えているといろいろ行きたいところが出てきてまた旅ごころがうずいてきました。

なんとか仕事をからめて平日に行けないかと画策しはじめてます(汗)

ある時期からやりたいと思うことは全部することにしてますのでこれもなんとか実現させたいです。

さて今日の記事はヤマピーさんと初対面!伏見散策とパンハンティング!ーブログつながり初対面同士の茶話会(前編)の続きです。

宇治川沿いを北上して観月橋を渡り伏見へ。

屋形船のところでたまき亭でパンハンティングした獲物を食します。

e0138081_1737309.jpg


おっさんたちが並んでパンを食べる絵はどこかほほえましいですね♪

この間もcharingo!さんFuelさんのすかし漫才的なトークが続きます。

少食の私がメインイベントでのスイーツのために獲物を食べるのを我慢していると優しい兄さんたちがパンを下さりました。

外がさくさくで中がもっちりというかクリームのような食感のメロンパン。

e0138081_17401750.jpg


あられを外にまぶしそのさくさく感とこのカスタードクリームが絶品のぱん。

e0138081_17413845.jpg


たまき亭のパンはどれを食べてもおいしいです。

パンを食べ終わった後、目の前にある長建寺へ。

e0138081_1743447.jpg


一般的にはあまり知られていないお寺のようですが、私はこの門といい、結構気に入ってます。

e0138081_17445672.jpg


ここの湧水もとてもおいしいです。

e0138081_17452835.jpg


月桂冠の酒蔵が並ぶ地域だけあって水はやはり上質ですね。

こんな大きな鐘もあります。

e0138081_17464230.jpg


実際鳴らしたらどんなに大きな音になるんでしょうね。

今は単なる飾りでおみくじ舎になってました。

私は実際見たことないですが...

e0138081_1748672.jpg


このお寺とジュディオングさんとどういう関係があるのでしょうね。

月桂冠の酒蔵が並ぶところで記念撮影。

e0138081_17495087.jpg


皆さんいろいろなアングルから撮ってました。

e0138081_17502238.jpg


坂本竜馬が襲われた寺田屋へ。

e0138081_17513246.jpg


前回はちょっと期待していた画像がとれてなかったので、今回は慎重に行きました。

e0138081_62894.jpg


おおっ、バッチリです!!

龍馬商店街を抜けて黄桜カッパカントリーへ。

e0138081_17523874.jpg


e0138081_17531068.jpg


この通りの雰囲気もなかなか趣があるんです。

e0138081_1754924.jpg


この中の黄桜のカッパのコマーシャルや挿絵、そしてカッパの博物館もとても面白いんです。

いろいろな展示や解説を見ながら突っ込みあって面白かったです。

e0138081_1756954.jpg


さていよいよ今回のメインイベントの会場へと向かいます。

e0138081_1871335.jpg


ご存じ我らがオアシス・Lunch Boxさんでございます。

ここでハムオさんと初対面♪

我々が店に到着する前にすでに店に来られていて我々が自転車を止めようとするのを見つけて店前にてて来て下さりました。

まずは軽く挨拶と固い握手です。

前週に予定していたカレーパンポタで初対面の予定だったのですが体調を崩されていて延期となりこの日になりました。

復調されてすっかり元気になられたようでよかったです。

店の入り口で盛り上がってましたが、冷静になってまあ店の中に入りましょうとなりました(笑)

初来店のヤマピーさんにまず世界で一番素敵な人になっていただきましょう。

e0138081_1882374.jpg


店の雰囲気を一変するぐらいの強烈なキャラクターが続々店に入っていきます。

e0138081_18161728.jpg


テーブルに着くなりいきなりハイテンションの皆さん、オーダーもせずにしゃべりはじめます。

そらそうです、このマッチングをどれだけ楽しみにしていたか...

テイクアウトのお客さんが少なくなったのを見計らってショーケースのほうにケーキを選びに行きます。

すると...

”あのいちごタルト、とりおきしてありますよ!”

まさしくビーナスのささやきのように聞こえました、この言葉!

今年になってから何回も熊本さんのいちご・ひのしずくがふんだんに乗ったいちごタルトをショーケースの中で見つけて注文しようとしましたがすでに取り置きされていて目の前でいつも涙をのんでいたのであります。

このスタッフの気のきいたはからい、これがLunch Boxさんの他の店の追随を許さない名店中の名店である理由の一つです。

今回はきっちり私のためにあるのですね♪

e0138081_18252139.jpg


私が食べてもいいのですね?!

e0138081_1826144.jpg


おいしいケーキを食べながら、談笑の花が咲きます。

話しの中でなんとヤマピーさんハムオさんが同じ大学ご出身であることが判明。

全員がサイクリストでブロガーなのでいろいろ話が膨らみます。

この時間、全国各地でくしゃみ連発だったのではないでしょうか♪

盛り上がっていると、スタッフの皆さんもジョイン。

e0138081_18313022.jpg


このアットホームな感じがまたこのお店の魅力なんです!

すると言葉のイントネーションから、スタッフの方がヤマピーさんの出身地を鋭く悟り、その地の大学に通っていたというこれまたえらい偶然が飛び出し一気にヒートアップ。

e0138081_1835526.jpg


その地の言葉を出し合っています。

この時も誰か激しくくしゃみされていたのではないでしょうか?!

ほとんど初対面同士ですが延々おしゃべりが続きます。

当然のごとくケーキも2個目突入です。

e0138081_18393325.jpg


2個目はティラミスです。

そしてまたもや女子♪してしまいました。

e0138081_18382359.jpg


ハムオさんの2個目、カマンベールチーズケーキを分け分けしていただきました。

e0138081_18405888.jpg


2時間以上はしゃべり続けたでしょうか。

気がつくと周りのお客はすべて帰ってました。

このまま延々しゃべり続けたかったのですが、遠方から来られているのでここでお開きとなりました。

そしてとりあえず外に出たのですが...

e0138081_1843344.jpg


ここでも話が続き何処となく去りがたくなってます(笑)

e0138081_18444436.jpg


あれっ、ハムオさんFuelさんの自転車を持ってるぞ?!

そうです、とうとう始まってしまいました。

e0138081_18467100.jpg


それぞれの自転車の試乗会です♪

e0138081_18472871.jpg


e0138081_18464917.jpg


MTB⇔小径車だとそれぞれ乗り心地は全く違うので面白かったでしょうねー。

さあ、そろそろ行きましょうか、となったのですが...

e0138081_1849276.jpg


なんとcharingo!さんの自転車がパンクしていくことが判明。

charingo!さん、今回の京都の旅ですでに3回目、そして最近ことごとくパンクに見舞われています。

メインイベントの前にお祓いを盛り込んでおくべきでした。

取り合えず駅まで持てばいいからと空気を入れただけで対処されたようです。

本当に名残惜しいですが、終宴の時です。

再会を誓ってお開きとなりました。

いやぁ、本当に楽しかった!!

とてもそれぞれのほとんどが初対面とは思えない盛り上がりようでした。

charingo!さんFuelさんヤマピーさんハムオさん、どうも楽しい時間を共有できてとてもうれしかったです。

また是非ご一緒して、女子♪しながら盛り上がりましょう。

そしてLunch Boxのスタッフの皆さん、素敵な場とサービスをいつも提供して下さりありがとうございます。

こういう交流をもっと広く、深く拡大していって、素晴らしい時間をもっともっと作っていきたいです!!
[PR]
by tac-phen | 2012-03-24 04:08 | 京都

阿蘇で初のパンハンティング!左に南阿蘇、右に阿蘇山系を眺め史跡巡りーブロンプトンと行く九州リベンジ⑦

長旅から帰ってきて恒例の腑抜け状態に陥る寸前で戦っております。

ブログに関して言うと大分書き貯めしているのでアップは滞りなく行けそうですが、日常生活のリズムになかなか戻れないです。

リズムに乗れないと普段の生活もなかなか気色悪いもので、日常といいながらすごく"非日常"な気がして変な感じです。

今日の記事は最高の天気に恵まれリベンジ遂行中のブロンプトンと行く九州リベンジシリーズです。

(昨夏に行かなかった阿蘇山系・東回りルートへー古関の滝・根子岳:ブロンプトンと行く九州リベンジ⑥続き)

恒例のあれとは...

パンハンティングです♪

8月に来た前回にはしてなかったですからねー。

e0138081_1842856.jpg


亀のパンです。

ここはブログなどで名前は知っていたのですが、それほどチェックしてなくて偶然店が現れたので入ってみた次第です。

e0138081_186674.jpg


ここはスペイン製の石窯をつかってパンを焼いています。

e0138081_1871887.jpg


オーナーがすごく気さくな人で中に入らせてもらって撮影しました。

この石窯、スペインから職人さんがきて作ったそうです。

この石窯で焼き上がったパン達...

e0138081_189024.jpg


いろいろ迷った挙句、オーナーのお奨めを中心に選びました。

e0138081_1895527.jpg


イートインスペースがあるのでパンを温めていただきオーナーと談笑しながらいただきました。

その間にもお客が次から次へときてどうも人気店のようです。

楽しいひと時を過ごし再び出発。

8月に来た前回にその透明度とマイナスイオンたっぷりの水に感動した白川水源に立ち寄ります。

おみやげ物屋さんの前にこんなものが。

e0138081_18143224.jpg


これ作りものかと思ったら生のトウモロコシを完走させたものだそうです。

種としてまいたり部屋の飾りとして使うそうです。

この周りにしめ縄をされた巨大石がありました。

e0138081_18162316.jpg


これは阿蘇大明神御足跡石というそうで、古くから当地にあると言い伝えられた神様の足跡を地元住人が採掘したところ記録や言い伝え通りこの岩が現れたそうだ。

言い伝えの詳細は割愛するが、この岩にはそれを証明するいろいろ跡が残っているらしい。

e0138081_18195931.jpg


そう言われてみれば...

e0138081_18203823.jpg


そう見えなくもない...

ということはこれは...

e0138081_18212515.jpg


女神様、そして...

e0138081_18221280.jpg


鍬の跡ということになる。

うーん、なかなか微妙...

この辺りは質のいい湧水が多いが前回行かなかった明神池へ。

e0138081_18243049.jpg


空が曇っていたのでちょっと透明度がわかりにくいがすごくきれいだ。

e0138081_18251290.jpg


ここにもポリタンクをたくさん持ったご夫婦が水汲みをしていた。

ここの水で米を炊くとご飯がめちゃうまいそうだ。

e0138081_18261993.jpg


8月に来た前回もそうだったが、この日も雲がやや低めで晴天時の南阿蘇の絶景はまたのお楽しみとなった。

e0138081_18281177.jpg


それでも見事なパノラマです。

e0138081_1829675.jpg


e0138081_18293164.jpg


左手に南阿蘇の山々、右に阿蘇山系、それぞれの風景を眺めながら旧道をのんびり進みます。

西にすすむにつれ山裾の平野部は谷となっていきます。

e0138081_18324778.jpg


8月に来た前回は前日まで雨が続いていたのですが、今回は雨でなかったので滝もおとなしめです。

e0138081_18344422.jpg


赤水の道の駅で小休止。

草泊まりが展示してありました。

e0138081_18361531.jpg


車が無く採草地への往復に大きな時間と労力がかかった時代、採草地近くでこの草泊まりを作り生活用具を持ち込んで泊まりがけで草刈りを行っていたそうです。

赤水からは山裾を走る149号を進みます。

e0138081_1839093.jpg


e0138081_18393112.jpg


関西には無い火山が噴火した後にできる外輪山のダイナミックな風景です。

e0138081_18403886.jpg


二重峠の入り口にさしかかりました。

e0138081_18431922.jpg


昔細川藩が参勤交代で江戸へ向かう途中の険しい二重峠に石畳を敷いたという。

e0138081_18435738.jpg


確かに険しそうな峠です。

e0138081_18444888.jpg


はるかかなたの江戸までの道のりって想像を絶します。

e0138081_18454130.jpg


何日かけて行っていたんでしょうね。

e0138081_1847261.jpg


e0138081_18481421.jpg


149号をさらに進むとこんな岩がありました。

e0138081_18485511.jpg


めぐすり石と書いてます。

どういう意味やろ??

なんとこの岩、裂け目から水が湧き出てくるという不思議な岩なんだそうです。

そして昔、その水は目の病に効くと伝えられたことからめぐすり石と名付けられたそうです。

この道からも雄大な阿蘇山系が見渡せます。

e0138081_185225.jpg


肥後藩主が二重峠を越えて休憩していた的石茶屋跡は庭園のようになってました。

e0138081_18531913.jpg


これも湧水だそうです。

e0138081_1856654.jpg


この時間になると晴れ間も出て大観峯もきれいに見えます。

e0138081_18574943.jpg


そしてホテルに戻りました。

結局阿蘇山系を東西南北ぐるりと回ってきたことになります。

かけ流しの温泉で汗を流し、部屋でのんびりとしながら窓の外を見ると...

e0138081_18591782.jpg


阿蘇の夕景がとてもきれいでした。

e0138081_18595349.jpg


根子岳も山頂まできれいに見えます。

e0138081_1903763.jpg


阿蘇五岳がきれいに見えるホテルを選んでよかったです。

そしてお待ちかねの...

e0138081_1915298.jpg


豪勢な夕食♪

おいしい赤牛をたらふくいただきました。

天気はそれほどよくなかったけど、随所に関西にはない阿蘇ならではの風景に出合えて大満足。

明日への期待を胸に気持ちよく眠りについたのでした。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-03-23 04:08 | 九州

総勢33名!ショップカンザキのイベントに参加-イェーイで乗り切った雨の自走淡路島ライド①

3月8日(木)から12日間、そしてその後2日間の旅を終えて再び日常生活に戻ります。

毎回しばらく腑抜けになるのですが、今回は同じ轍を踏むわけにはいきません。

仕事はもちろんですが、ブログの方も早速普段通りアップしていきます!(気合)

先日の記事で少し書きましたが、3月1周目の週末は2日連続でライド、しかもその1日は200キロ越えの自走アワイチを計画しておりました。

そして2日(金)は時間があっても運動はせず休養に充てる予定をしていました。

しかし週間天気予報で3月3日(土)以外雨マークだったので土日のうちどちらかは流れるだろう...

そんなふうに予測して2日(金)ジムへ。

そして2日~3日にかけて同じく参加するもりさわさんと連絡を取り合ってほぼ参加見合わせを決めてました。

ところが3月3日(土)に行われた第3回パンプキンライドに出発する前に天気予報を見ると改善方向に向かっております。

まさかなぁ...

ライド中も時折気にはなっていたのですが、携帯でチェックするのもめんどくさいので何もしませんでした。

そしてライドから帰宅してPCを開くとメッセージが...

"決行との連絡。夕方からはずぶぬれの覚悟...”

おおっ、まじか!

確かに天気予報をチェックすると兵庫県南部18時までは降水確率30%、18時以降は70%になってました。

しかし徳島県北部をチェックすると12時~18時の降水確率は50%...

これは淡路島南部で雨に遭う可能性もあるなぁ...

個人的にDNSにするかどうか迷いましたが、早朝スタートでもあるし雨にあっても少しだけやろう...

ということで3月4日(日)は自転車ショップカンザキのイベントに参加、自走アワイチを決断したのでした。

第3回パンプキンライドの余韻に浸る間もなく、すぐに就寝。

そして0時に起床したのでした。

3日はのんびりサイクリングとはいえ140キロ走ってるし、2日は予定外の筋トレを入れてしまったため体が心配だったのですがストレッチをしていると問題なさそう...

ハンガーノックは避けたかったので朝ご飯をしっかり取り、雨用の準備をして3時前にスタート。

後戻りしないように事前にもりさわさんに出発のメールを送っておきました。

外は真っ暗ですが、気温は3℃。

思ったより寒いですが、あの恐怖体験・路面凍結ライドに比べれば断然走りやすいです。

追い風にも乗って終始快適なライド...

あっという間に明石に着きました。

なんと5時前に到着です(汗)

もちろんジェノバの乗り場はまだ開いておらず1時間ほどコンビニで過ごしました。

その間に最近ハマっているこれをしておきます。

e0138081_8564744.jpg


明石市のマンホールです。

e0138081_8572430.jpg


そして6時前にジェノバの乗り場へ行くとまだ開いてなかったのですが自動ドアを開けると勝手にあいたので中に入るとおじさんが準備をしてました。

6時にオープンだったようです。

そこでしばらく待っているとサイクリストがポツリポツリとやってきました。

お互いあいさつします。

そしてしばらくするともりさわさんがやってきました。

"まさか、決行とはなぁ"なんて言いながらお互いテンションアップ。

もりさわさんがトイレに行っている間に...

”もしかしてtac-phenさんですか?!”

と先ほど挨拶交わした方が声をかけてくれました。

"ええ、そうです。もしかしてリーサンですか?”

と握手。

今回のアワイチはリーサンのお付き合いのあるショップのクラブの走行会でそれにもりさわさんを通じて参加させてもらっていたのです。

なのでリーサンとの初対面も非常に楽しみでだからこそ雨の心配があっても参加したのです。

すると今まで挨拶をした方はすべて今回の参加者とのこと。

談笑していると豊中から自走できた高校生達もやってきました。

さまざまな年齢層の方が参加されるようでさらに期待が高まります。

淡路島について集合場所へ。

するとすでに自転車がずらり...

e0138081_8585850.jpg


e0138081_859246.jpg


こんなお茶目な自転車もありました。

e0138081_90363.jpg


なんと参加者総勢33名!!

e0138081_924643.jpg


この3人は終始ハイテンション♪

e0138081_933984.jpg


入念に打ち合わせ、グループ分けをします。

e0138081_91835.jpg


さあ、雨が来ないうちにゴールするためにもさっそくスタートです。

東浦の海岸沿いを順調に南下します。

風もなく快適なライドです。

ただほとんど初めての方同士でお互いのペースがわからずどんどんペースアップしていきます。

お互い気遣いながら先頭を交代で走っていたのですが、だんだんきつくなってきます。

こんなんで最後まで持つんかな...

そんな不安がよぎりながらも必死にペダリング。

すると洲本前にすでにポツリポツリと顔にあたります。

まさか...

いやなことは振り払うことにしました(笑)

そして洲本市街を抜け南のアップダウン前の最後のコンビニで休憩しているとだんだん雨が降り始めてきました。

e0138081_9133065.jpg


参加者のテンションはまだまだ高いのですが...

わずかな雨でも路面はぬれてきます。

平地はまだましなんですがやはり下りは怖いですね。

しかしこの先にはアワイチの難関、南淡路のアップダウンが待っているのです。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-03-22 00:11 | 兵庫