<   2010年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ブロンプトンでランチポタ。そろそろバラの季節かな...

先日、復活したブロンプトンでランチポタ。

ランチが安くてお得な100円パンのヤキタテイ 弥喜太亭へ。

前はパン香房 ぶうらんじぇという名前だったのだが店名が変わったらしい。

残念なことにちょっとボリュームは少なくなっていたが、グレードはややアップか?!

e0138081_4391829.jpg


e0138081_4393011.jpg


このパンが100円なのは破格の安さ。

e0138081_440286.jpg


この料理にデザートとドリンクがついて680円なのはやはりいい。

2時ごろに行ったのでとても空いていてのんびり過ごせた。

帰路にはもうそろそろかな、と荒牧バラ園へ。

e0138081_4415915.jpg


e0138081_4421385.jpg


まだまだつぼみのものも多かったが、しっかり花が開いているのもあって見ごろかも。

e0138081_443742.jpg


e0138081_4431899.jpg


e0138081_443277.jpg


しかし毎回ながら薔薇の種類の多さには驚く。

e0138081_444134.jpg


e0138081_4442587.jpg


e0138081_4443549.jpg


これも薔薇なんだねぇ...

e0138081_445144.jpg


e0138081_445247.jpg


黄色のバラが鮮やかでひときわ目立っていた。

e0138081_446410.jpg


e0138081_4461632.jpg


バラ園全体に薔薇が咲き誇るのはあと数週間かかるのかなぁ。

またその時にも見に行きたい。
[PR]
by tac-phen | 2010-10-31 07:57 | 兵庫

ブロンプトン復活!!赤トラ乗りさん、ありがとう!!

最近立て続けに不具合が出ていたマイブロンプトン。

それぞれ早急に改善する必要があったのでBici Terminiにドック入り。

e0138081_13571628.jpg


まずは前・後輪のリムの交換。

以前からリムの溝の減り具合を指摘して下さっていた、ブロンプトン仲間の赤トラ乗りさんが譲って下さった。

その親切に感激、ご厚意に甘えさせていただいた。

e0138081_13464867.jpg


ほとんど消えかかっていた後輪のリムの溝、このように断然ましに。

自転車を受け取ってから自走で帰ってきたがブレーキの効きが全く違っていた。

この溝がなくなるとリムが薄くなっていることを示しており、強度が弱まってリムが裂けからタイヤが外れたりすることもあるという。

そして驚いたのが中古でありながらもこの金属の光沢。

e0138081_13482015.jpg


新品と遜色ないではないか!!

さすがクリーニングの伝道師・赤トラ乗りさん、素晴らしすぎる。

そして前輪はハブとスポークを新調。

そしてシートが下がる問題は...

e0138081_13505726.jpg


とりあえず巻き締めしてもらって様子を見ることに。

このフレーム側の錆びが非常に気になるところで最初いじっているときに塗装がはがれこのさびを見た時はショックだった。

雨の日などは必ず拭き、水分を残らないようにケアしていたつもりだが、どうもシートをあげているときに中へと入っていたようだ。

ただ、これは使っているとどうしてもこのようになってくるそうだ。

シートが下がるのがこの部分の摩耗でないことを祈る。

とにかく緊急を要する部分の改善は完了したので一安心。

ただ思ったより老いが来ているのでこの先のメンテや部品交換などのプランも重要になってきそうだ。

とにかくこの相棒ともっともっと全国を旅したい。

お互いフルに活躍できるようにサポートしあっていきたい。

e0138081_1404625.jpg


私のブロの改善点を指摘してくださり、前・後輪のリムを譲ってくださった赤トラのりさん、どうもありがとうございました。

おかげでまた安心してブロと旅に出ることができます。
[PR]
by tac-phen | 2010-10-30 04:17

無人島巡り、そして独占!こんな冒険心を満たしてくれるシーカヤックは最高だ!-秋の牛窓カヤック②

(秋の牛窓カヤック1日目の続き)

牛窓2日目はペンションくろしお丸からの素晴らしい景色。

e0138081_17432839.jpg


窓を開けると海。

e0138081_1745559.jpg


e0138081_17453195.jpg


理想的な朝の迎え方やねー。

e0138081_1746915.jpg


e0138081_17462065.jpg


普段は平日・休日を問わず朝はバタバタしているが久々にのんびりと朝を楽しめた。

朝食もしっかりと。

e0138081_17473464.jpg


この牛乳、朝でよかった。

もし夜にのんでいたら今頃、いぬパンダさんと...

西脇海岸には艇がずらり。

e0138081_17484478.jpg


海は穏やかで無人島を含め数々の小島がありいろいろなコース取りができる牛窓はもっとカヤッカーがいるのかと思っていたが、これだけ集まっているのは珍しいとのこと。

普段はなかなか他のカヤッカーに会うことはないとか。

e0138081_17504481.jpg


e0138081_17505687.jpg


この日の海は前日よりさらに穏やか。

e0138081_17515720.jpg


出発前にコースの確認。

e0138081_17522319.jpg


さあ、再び海上のんびりカヤックのスタート。

e0138081_17534382.jpg


それぞれ談笑しながら艇を進めていく。

e0138081_17541368.jpg


きらめく海...

e0138081_1755263.jpg


e0138081_17553682.jpg


どこかイギリスの丘陵を思わせる牛窓の風景。

e0138081_17564790.jpg


...といいつつもイギリスにも行ったことないし、ここは一応”エーゲ海”と呼ばれているのでちょっと外れているかも。

e0138081_1758657.jpg


黄島に到着。

e0138081_17584559.jpg


ここも無人島だ。

きれいな自然の砂浜、透明度の高い海、青い空...自然が織りなす見事なコントラストだ。

e0138081_1804193.jpg


e0138081_1813031.jpg


ここに細身のカヤックも良く似合う。

e0138081_1823184.jpg


e0138081_1824342.jpg


こういう風景を眺めながらのランチが最高。

しかも他には誰もいない...

この島を占領、独占で味わえるぜいたく。

e0138081_185718.jpg


こうやってカヤックだからこそできる無人島ツアー。

シーカヤックの醍醐味で瀬戸内海はそのベストポイントだ。

e0138081_188193.jpg


ここからはダブル艇のエンジン役に。

e0138081_188506.jpg


一人で漕ぐより断然楽やね。

干潮時だけ現れる“海の道”へ。

e0138081_18111268.jpg


e0138081_18112482.jpg


別の道は海に隠れた状態。

e0138081_18124968.jpg


それでもトレースしていく。

e0138081_18131496.jpg


わずかなエリアにたくさんの島があり、それらがよりたくさんの風景を作っている。

e0138081_1814881.jpg


それをカヤックで探検気分で巡る。

こんな楽しいことはないだろう。

この牛窓はそんなシーカヤックの魅力を存分に引き出してくれる環境にある。

もっといろいろな島を探索してみたい。

こんな素晴らしいツアーを企画、準備、先導、そして艇や宿を段取りして下さったワイキキさん、艇を貸していただき2日間にわたってロールをはじめいろいろとご指導して下さったてるさん、そしてゆかいで気さくな楽しいキャラクターぞろいで楽しい時間を共有して下さった参加者の皆さん、どうもありがとうございました。

また瀬戸内海のカヤックツアーでご一緒させていただけるのを楽しみにしています。
[PR]
by tac-phen | 2010-10-29 05:59 | アウトドア

思わぬ再会!!・津山-ブロンプトンとの旅②

片鉄ロマン街道の終点・吉ヶ原駅を後にし津山を目指して国道26号を北上。

e0138081_14102960.jpg


信号も少なく車もそれほど多くないので非常に快適なペースで走れる。

e0138081_14111482.jpg


津山ではそれほど時間がなかったがしっかりパンハンティング。

e0138081_14122465.jpg


まあ、これにつられただけやけど...

e0138081_14125222.jpg


旅でも普段と同じように早朝からの活動なので朝食としてちょうどよかった。

津山の名物といえばホルモンうどん。

2年前に初めて津山に行ったが、その時はそんなことは全く知らず、道行くおじさんにどこかおいしく昼ごはんが食べれるところはないかと尋ね、そのおじさんがやっている店・ぷちとまとに連れて行ってもらい、お好み焼きを食べた覚えがある。

なので今回はホルモンうどんにこだわった。

観光案内所に行くと”ホルモンうどん地図”をくれた。

e0138081_14212970.jpg


たくさんのお店が紹介されていたが、時間もないしどこがお奨めか聞いたが、案内所では特定の店を進めることは断っているそうだ。

なので道行く人に聞いて進めてくれたお店に行くことにした。

地図を頼りにその店に行くと...

e0138081_14233833.jpg


!!!

なんと前回行った店ではないか!


店の中の感じもこんなんやったなぁ...

e0138081_14263127.jpg


厨房を見ると調理しているのはおかみさんらしき人。

e0138081_14374329.jpg


かなり忙しそうにしていたが機を見計らって聞いてみた。

すると御主人はちょうど買い出しに出られていてすぐ戻ってくるとのこと。

ホルモンうどんを注文して待っているとご主人が帰って来た。

おおっ、この方やー!

何もいわずにわかるかな、と思ったがそこまで感動的には行かず。

おかみさんが説明して下さった。

“あの時はお世話になりました。”というと”そんなことあったかなー”といいながら話を聞いて下さった。

道端でいきなり声をかけて店に連れてきてもらったこと、すでに昼の営業は終わっていたにもかかわらず店に入れてくれて料理を作ってくださったこと、ペットボトルに水をいただいたこと、そして偶然おいしいホルモンうどんを求めて訪ねていくとここを紹介してもらったことなどを話すと、”そんな縁もあるんやねー。”と感心されていた。

さらにおかみさんは伊丹に住まわれていたこともあるらしくローカルネタでも盛り上がった。

次から次へと来るお客の注文をこなすのにかなり忙しい中、話して下さったのもうれしかった。

e0138081_14434512.jpg


思わぬ再会と楽しいひと時をここで過ごすことができ、こういうのが旅なんやなとしみじみ。

e0138081_1436521.jpg


今度来たときはゆっくりと津山を散策、再び店にお邪魔することを約束。

これでまた楽しみが一つ増えた。

そして津山の方々が奨めてくれたぷちとまとの津山名物・ホルモンうどんは...

e0138081_14403392.jpg


焼うどんだった。

これがめちゃくちゃうまい!!

普段うどん系はあまり食べないのだが、ホルモンの油がすごく焼うどんにコクを出して絶品。

地図を作っているだけのことはある。

初日からこんなに旅情あふれる機会を得てテンションは上がる一方。

やっぱり旅はいいなぁ。

やめられまへんわー。
[PR]
by tac-phen | 2010-10-28 04:15 | 中国地方

今回はのんびりと牛窓を満喫!-秋の牛窓カヤックツアー①

ワイキキさん主催の牛窓カヤックツアーに参加した。

春に牛窓ツアーに参加させていただいたのだが、その時は日帰りで非常にあわただしく十分に”日本のエーゲ海”と呼ばれる牛窓を満喫できなかった。

今回は1泊2日での参加なのでのんびり過ごせる。

以前の記事で紹介したが今回はウエットとパドリングジャケットを持って行ったのでこんなことになってしまった。

e0138081_1513643.jpg


普段ポタリング用のリュックと比較するとその荷物の量がいかにすごいことがわかる。

あまりにでかいリュックなので安全確認のために後ろを振り向くのも一苦労。

それでもなんとか無事にペンションに到着。

e0138081_1533043.jpg


早速準備をして海へ。

e0138081_155188.jpg


雨が心配される予報だったがふたを開けてみると最高の天気。

e0138081_1555823.jpg


e0138081_1561317.jpg


まぶしいくらいにきらめく光に絶え間なく続く波の音...

海はいいねぇー。

いざ出発!

e0138081_158138.jpg


シーカヤックは直進性が高いのでちょっとこぐだけでどんどん前に進む。

前を見ればあちこちに小島が浮かび、空を見れば青空とそこに浮かぶ雲...

景色のダイナミズムがリバーとは違うところだ。

あっという間に犬島に到着。

瀬戸内芸術祭の一環で犬島でもアートフェスティバルが行われているようで観光客がちらほら見受けられた。

何人かの方も昼食休憩時に見学に行かれていた。

が、私はロールの練習。

いつもショートロールを練習してきたが、より安全なロングロールを覚えた方がいいとアドバイスを受けてその練習に明け暮れる。

しかしなかなか習得できないうえにくるくる回りすぎて岸に上がってもふらふら。

ここで体力を使いすぎ、帰りはかなり苦しんだ。

e0138081_1516318.jpg


帰路途中で沖合の無人島に立ち寄った。

e0138081_1516492.jpg


この島には以前人が住んでいたことを示す遺跡と貝塚が残っていた。

e0138081_1518825.jpg


e0138081_15182772.jpg


浜に止めた艇が美しい。

e0138081_15203944.jpg


その姿を納めようと皆カメラを向ける。

e0138081_15222999.jpg


こうやって無人島に気軽にアプローチできるのもカヤックだからこそだ。

e0138081_15235693.jpg


e0138081_15251954.jpg


e0138081_15254793.jpg


海上からの牛窓や小豆島、たくさんの小さな島を眺め、シーカヤックののんびりムードを満喫。

ロールの練習でへとへとになり、最高の状態で夕食を迎えた。

e0138081_1528443.jpg


e0138081_15281771.jpg


e0138081_15283448.jpg


海の幸たっぷりのおいしい料理に舌鼓。

その後テント泊組の宴会にも参加して夜な夜な楽しい時を過ごした。

やっぱり時間に余裕を持てて臨んだ今回は充実感が全く違う。

カヤックも景観も、そして他の方々との交流もじっくりのんびり楽しむことができた。

そしてまだ次の日があるかと思うとさらにテンションが上がるというものだ。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2010-10-27 04:20 | アウトドア

2か月の間にすっかり秋の装い・片鉄ロマン街道-ブロンプトンとの旅①

約1週間にも及ぶブロンプトンとの旅。

鉄道の日記念・JR全線乗り放題切符を使っていってきた。

初日は米子までの移動だが、電車ばかり乗っていると逆にストレスがたまりそうだったので和気から津山まで自転車で走ることにした。

e0138081_13443164.jpg


駅前で自転車を組んでいると”この自転車よくできてるねー。”と募金活動の女性に声をかけられた。

e0138081_13452653.jpg


相変わらず相棒は注目の的。

折りたたみデモをするとさらに興味をもたれたようだ。

今から津山まで走るんですよ、というとびっくりされていた。

2か月前に和気から片鉄ロマン街道を走ったが、様相はすっかり秋へと移行していた。

e0138081_13473388.jpg


e0138081_13481836.jpg


e0138081_13483240.jpg


e0138081_134992.jpg


夏は深緑がきれいだったが、この日は色とりどりの花が街道沿いに咲き誇っていた。

e0138081_13504348.jpg


e0138081_13505714.jpg


e0138081_13512939.jpg


e0138081_13514754.jpg


抜けるような青空、水面にきらめく光、どれもがのどかな雰囲気を作り出していた。

e0138081_13524451.jpg


e0138081_13534055.jpg


この大きくて艶のいい栗。

まわりのいがいがを触ると、はちきれんばかりに飛び出してきた。

e0138081_13554785.jpg


e0138081_13573289.jpg


e0138081_13581242.jpg


これも秋の風物詩、案山子コンテスト。

e0138081_1359428.jpg


e0138081_13595498.jpg


e0138081_1402098.jpg


e0138081_1404333.jpg


吉ヶ原駅周辺も華やかになっていた。

e0138081_1414852.jpg


e0138081_1424196.jpg


e0138081_1425316.jpg


e0138081_1432244.jpg


旅に出ると毎回思うことだが、同じ場所でも季節が変わると全然違う表情を見せる。

なので季節を変えてまた来たくなる。

この片鉄ロマン街道はその典型だった。

こう考えると旅をすればするほどまた行きたくなる場所が雪だるま式に増えていくのも自然だろう。

片鉄ロマン街道は非常に走りやすいので思いつきで走りに来てその時に季節の移り変わりを感じることができそうだ。
[PR]
by tac-phen | 2010-10-26 04:15 | 中国地方

そろそろブログにも本腰を!まずは再びやってきた四万十川で本格ダウンリバー

しばらくブログに向き合うことが億劫になっていましたが、そろそろ書いていこうかと。

10月上旬のブロンプトンとの旅以来、まともに更新していないので記事にしたいネタは山ほどたまっている。

それに加え、現在進行形で週末を中心にした活動も引き続き行っている。

レポートを怠っていた過去記事もアップしたいし、直近での活動もできるだけ早く記事にしたいし...

と頭の中で考えているとよりめんどくさくなってくるので、とにかくアトランダムに書いてアップしていくことにした。

なので時系列的にはなっていないのでご了承を。

まずは週末に行ってきた四万十川カヤックについて。

今年の春に四万十川でカヤックをやってそれ以来リバーカヤックの虜になった。

春は田植えのため水が濁っていたが、その時に水のきれいな秋に再び来ようと誓ったがそれを実現することができた。

今年はどの川も雨が異常に少なかったので渇水状態だったが、前日からの雨のおかげで水量は十分。

カヤックは雨でも楽しめる、そしてバーカヤックは雨のほうがより楽しめる という貴重なスポーツだと改めて実感した。

再びやってきた四万十川。

e0138081_12172770.jpg


e0138081_924419.jpg


e0138081_9245659.jpg


過去2度の訪問時は見事な晴天に恵まれていたので、この日は四万十川の違った表情を見ることができた。

いよいよ出艇。

e0138081_9271945.jpg


先月いった奈良・十津川とは全然水量が違うでしょう。

e0138081_930890.jpg


今年の春に行った時はほとんどカヤックをやったことのない私でも楽勝で下れた超初心者コースだったが、今回は中級クラス。

随所に瀬があり、下っている最中に顔まで水を浴びて前が見えなくなるほど激しいものもありめちゃエキサイティング。

2回沈して1回はロールで素早く上がれたものの、2回目は復活できず沈脱して流されたりした。

それでもテンションは常にハイ。

トロ場では四万十の雄大な景色、他のカヤッカー達達との談笑を楽しんだ。

e0138081_936978.jpg


考えてみれば初めてこれほど長いダウンリバーを経験し、醍醐味を味わった。

e0138081_9362523.jpg


いやぁ、ほんとに楽しかったし、もうシーズンも終わりに近づいているかと思うと寂しい。

前週の牛窓でのシーカヤックもまた違ったカヤックの醍醐味を味わっているだけにますますカヤックに対する熱が高まるばかりだ。

またカヤックをやっている方々は皆明るく、チャレンジャー精神旺盛な人ばかりですごく居心地がいい。

次の機会も楽しみだが、それまでにスキルもアップしておきたいし気がはやる一方である。

今回のこの企画をして下さり、準備から先導、すべてを仕切ってくださった先生、そして参加者の皆さま、どうもお世話になりありがとうございました。

また次の機会が待ち遠しいです。
[PR]
by tac-phen | 2010-10-25 09:45 | アウトドア

不調のブロンプトン、ドック入り

今私の相棒は受難の時を迎えている。

ブロンプトンの旅の最終日にパンク。

まずはその修理。

チューブを取り出してチェックしたら、空気をかなり入れてもわからないほどの裂け目があった。

e0138081_4221241.jpg


今後のトラブルのスペア用にパッチ処理を施す。

パーツの泥を落とし、きれいに。

e0138081_421567.jpg


タイヤも新調した。

e0138081_423277.jpg


久々の後輪はずしだったので少し手間取った。

やはりまめにやっておかないといざ外でトラブルというときに苦しみそう。

そして、先週末新たな不具合が発生。

走っているときにシートが少しずつ下がってきていた。

これは非常に危険な状態。

昨年の悪夢が再び頭をよぎる。

リムの交換の件もあったのでBici Terminiへ。

結局数日のドック入りとなった。

購入してから3年弱。

まだまだ現役でバリバリ頑張ってもらわないと。

e0138081_4393625.jpg


しっかりメンテしてもらって元気な姿での復活を祈る。
[PR]
by tac-phen | 2010-10-21 04:40

ブロンプトンとの旅から1週間...なぜだろう??

1週間に及ぶブロンプトンを伴っての旅から帰ってから1週間がたった。

e0138081_4511257.jpg


本当に素晴らしい旅でいまだにその余韻が心の中に残っている。

また次への旅、自転車、カヤックとますます意欲が増すいっぽうでその計画を立てることが楽しくて仕方がない。

この素晴らしい経験をブログにとどめておく、というのも今までのサイクルのなかにあったのだが、今回はどうしてもブログを書こうとする気になれない。

1週間の旅行から帰ってきていきなりすぐに週末も出かけたので少々バタバタしているのではあるがそのせいだろうか?

自分のやってきたことをブログに書くことが次へのステップの第一歩だったのにそれを抜きにして次へと進もうとしている。

またそれが私のブログに訪問して下さる方とのコミュニケーションの基礎であり、お互いを刺激し合う格好の材料でもあることは認識しつつも、なぜか向かうことができない。

あまり素晴らしい経験だったので大切に丁寧に書こうという気持ちがより働いているような気もする。

e0138081_4532070.jpg


まあ、いろいろ考えていても仕方がないので自然と書こうと思えるようになるまで待ってみよう。
[PR]
by tac-phen | 2010-10-20 04:55 | 雑感

自転車でも気軽に立ち寄れるグルメなお店・ルイジアナママ

先日のサイクリングでランチをとったイタリア料理のルイジアナママ

e0138081_11235441.jpg


亀岡の住宅地に良く目立つこのサイン。

このお店がすごく雰囲気がいい割に、サイクリストも入りやすく、料理もおいしくたっぷり食べれるというので行ってみた。

e0138081_11251139.jpg


人気店らしくすぐに満席になるらしいので開店直後を狙っていったがすでに半分くらいは客が入っていて、我々が入店した後もひっきりなしにお客が来てすぐ満席に。

店内は壁や柱に皿が装飾されていたり、色遣いといいすごく独特。

e0138081_1129768.jpg


e0138081_11292749.jpg


装飾を眺めているだけで楽しくなってくる。

e0138081_11303041.jpg


e0138081_11304559.jpg


e0138081_1131222.jpg


ランチセットにはサラダバーとドリングバーがついてくる。

e0138081_11321739.jpg


どちらも種類は豊富。

e0138081_11342565.jpg


この日はピザを注文。

e0138081_1135105.jpg


味もしっかり美味しく、量もそれなりにある。

なのでどんどん食べてしまいそうになるが自転車で来ているのでまだ走らないといけないことを考えるとセーブしないといけないのがつらい。

庭も素晴らしく種々の花が咲いていてすごくうまくコーディネートされている。

e0138081_11394987.jpg


e0138081_11401542.jpg


e0138081_11404862.jpg


e0138081_11411379.jpg


お腹も膨れて、ベンチに座って庭を眺めるのがこれまたぜいたくだ。

e0138081_1142457.jpg


e0138081_11423438.jpg


e0138081_11424852.jpg


亀岡に行った際には是非立ち寄っていただきたいところだ。

というよりここのランチを目当てに自転車に乗ってしまいそうだ。
[PR]
by tac-phen | 2010-10-19 04:39