<   2009年 11月 ( 53 )   > この月の画像一覧

紅葉まっ盛り(前編)

先日六甲山に登ったが、六甲山牧場から再度山あたりの紅葉がとてもきれいだった。

自転車を止めては紅葉を撮影し、先へ進もうとするとまたきれいな紅葉に出会う。

そんな繰り返しだった。

高野山で見た紅葉よりも赤がより深くなった紅葉。

今年の特徴かすべての木が一様に紅葉しているわけではなく、区別がはっきりしていた。

それだけに緑に囲まれた中に暗闇にローソクの火をともしたように輝く紅葉も印象的だった。

先日少し紹介した六甲山牧場付近。

e0138081_7582389.jpg


e0138081_7584746.jpg


この付近では全体的に色は淡く、光を浴びた時の色のグラデーションがきれいだ。

e0138081_75948100.jpg


e0138081_801876.jpg


葉1枚1枚も統一色で染まっていない。

e0138081_811131.jpg


e0138081_81253.jpg


それが光の陰影も加わってよりカラフルになっている。

六甲山牧場~森林植物園までの道。

e0138081_835418.jpg


ポツリポツリと紅葉が見られる。

e0138081_843083.jpg


ただ、染まっている木はどれも見事。

きれいな赤色をしていた。

e0138081_85950.jpg


森林植物園。

ここはメタセコイヤが金色に染まっていた。

e0138081_863362.jpg


光を浴びているところと浴びていないところの濃淡も見事。

e0138081_873173.jpg


e0138081_89739.jpg


真下から上を見上げると1枚1枚の葉の繊細さと幾重にも折り重なって形作る大木の壮大さの対比も感じることができる。

e0138081_8111572.jpg


これもセコイヤ系の木なのだろうか、ぶどうのようにつぼみ(?)が垂れ下がっている様がきれいだ。

e0138081_813234.jpg


e0138081_8142326.jpg


e0138081_8143758.jpg


森林植物園には入らなかったがゲート付近だけでも十分紅葉を味わえた。

e0138081_8164287.jpg


e0138081_817024.jpg


e0138081_8173049.jpg


こうやっていろいろな角度から写真をとっていると知らぬ間に体中が枯れ葉だらけになっていた。

ここまではそれぞれ染まる木々に自体に惹きつけられ、その美しさに感動した。

ここからの紅葉の鮮やかさはその周りとの組み合わせでより鮮やかに見える紅葉が多かった。

次の記事ではそれを紹介するつもりだ。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2009-11-30 15:49 | 風景

ついでに異人館ポタ

先日六甲山に行った帰りに久々に異人館に寄った。

六甲山の下山口である諏訪山ハイウエイからすぐのところ。

ただ道が狭く坂が多いうえに車の行き来も盛ん。

非常に走りにくかった。

それでも久々の異人館通り、神戸に来てるんだなぁと実感。

風見鶏の館。

e0138081_18521583.jpg


e0138081_18535878.jpg


e0138081_18541437.jpg


e0138081_18543010.jpg


平日にもかかわらず女性客やカップルが多い。

外国人、特に中国系の方々もたくさんいた。

北野天満神社。

e0138081_1856164.jpg


上からの眺めがいいらしいが、自転車を止めるところがなかったのであきらめた。

この辺りは石畳の細い路地が感じいい。

e0138081_18572510.jpg


e0138081_18573836.jpg


e0138081_18581156.jpg


e0138081_18582435.jpg


いいところなのだが自転車で来るところではなさそうだ。

やはり坂も急なのでゆっくり歩いて回りたいところだ。

e0138081_18595130.jpg


久々に来るとやはり異国情緒あふれているのを感じる。

しかも観光客でなく住人が外国人が多い。

またカメラを持ってゆっくり歩きに来よう。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-30 05:45

肩痛で予定変更

11月29日(日)の今日はロードで初輪行、kimotoshiさんと鯖街道を走る予定だった。

が、不覚にも昨日肩を痛めてしまい近場でブロンプトンでのポタリングに変更してもらった。

2日前まで雨の予報が昨日曇りに変わり今日には晴れていた。

しかし日が差しても震えるくらいの寒さ。

縮こまりそうになりそうだったが、最近ハマっているネタで大盛り上がり。

いつものように和菓子屋にもいくつか訪れ、大満足のポタリングだった。

詳細は後日アップしますが、スナップをいくつか載せておきます。

e0138081_18554639.jpg


e0138081_18562418.jpg


e0138081_18573116.jpg


e0138081_18581414.jpg


e0138081_1858535.jpg


それにしても今日は寒かった。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-29 19:00

ロードで写真ポタ

先日、六甲山に登ったがその下りはロードで写真をとりながらのポタリング。

一軒茶屋から西へゆっくりと移動。

やはり上から臨む景色はきれいだ。

e0138081_18121319.jpg


e0138081_1813568.jpg


e0138081_18125088.jpg


西へ移動しながらなので神戸の海岸を順に見下ろせる。

e0138081_18142657.jpg


しかしロードで写真をとりながらだといちいちビンディングをはずさなければならないので面倒だ。

やはりこういう目的ではブロンプトンなのだが、ロードで来ての山の上ではこういうことも仕方がないだろう。

六甲ガーデンパレスのあたりへ。

e0138081_18163523.jpg


自転車を押しながらぶらぶらしているとなんか見慣れた風景と違うことに違和感を感じた。

なんと十国展望台がない。

e0138081_1818115.jpg


e0138081_1818176.jpg


近くの店の人に聞くと5,6年くらい前に取り壊しになったそうだ。

5,6年前?!

ブロンプトンで来たのは去年、その時は気づかなかったのか...

e0138081_1822954.jpg


さらに西へ、ホールズ・オブ・ホールズ前の急坂を今回は下る。

やはりきつい斜度だ。

われながらよくこんな道ブロンプトンで登ってきたなぁ。

丁字が辻。

e0138081_1824079.jpg


今度はこの道を上がってきたいものだ。

e0138081_18245897.jpg


丁字が辻に来るといつも思うがこの案内板の後ろの豪邸がすごい。

e0138081_1826084.jpg


ずーっと下って行って六甲山牧場。

e0138081_18264572.jpg


e0138081_18281116.jpg


このくらいの高さから紅葉がきれいに色づいていた。

e0138081_18291035.jpg


e0138081_18293762.jpg


六甲山の紅葉についてはまた別記事で詳しく紹介する予定ですが少しだけ。

e0138081_18313195.jpg


e0138081_18324868.jpg


e0138081_183353.jpg


e0138081_18332122.jpg


赤もきれいに染まっていて、赤、朱、黄がそれぞれきれいに折り重なって見事な色合いだ。

ちょうどいい時期に行ったのかもしれない。

e0138081_1836367.jpg


さらに西へと下り森林植物園でも写真(後日紹介)。

ここから道を間違えて神戸弘陵高校の方へ行ってしまうが再び道を登って再度公園の方へ下る。

この道路の両サイドの紅葉もきれかった。

大龍寺なる寺を発見。

e0138081_18423818.jpg


何回も来ている六甲山で初めて気がついた。

下りなのであまり見とれすぎないように気をつけて慎重に下る。

途中で下ハンを試してみた。

かなりアグレッシブな姿勢になるがこちらの方がブレーキはかけやすかった。

ただハンドリングがまだスムーズにできない。

そしてビーナスブリッジへ。

e0138081_18413043.jpg


こんなキーロックのためのオブジェなんてあったっけ??

e0138081_18432964.jpg


ポートアイランドからハーバーランドがよく見渡せる。

そしてここから強烈な下りに入る。

またわれながら思うが、よくブロンプトンでこの坂を登って来たな。

そして無事下山。

下ってくるのは比較的坂が長く緩やかなこのコースがよさそうだ。

今回登りはライドに集中、下りは写真をとりながらだったが、これは他の山でもそうしようと思う。

せっかく苦しんで登ったのだから下りは楽しまないと。

とにかく久々の六甲山、初めてのロードでのクライム、そして紅葉と大満足の六甲山ライドだった。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-29 04:57

六甲山へ

ロードを購入した目的は、ブロンプトンでは行きにくいところ、具体的には山に行きたいからだ。

納車してから時間の許す限り練習を重ねてきた。

いまだに立ちゴケをし、立ちこぎができないという状態でまだまだ安心して乗れてない状態だ。

しかし、引き足を覚え、走りのパフォーマンスを体験すると早速ロードで行きたかった場所の一つに行きたくなってきた。

そこで先日、天気も暖かくなるとの予報だったので思いきって決行した。

その行きたかった場所の一つとは、六甲山だ。

かつてブロンプトンで一度登ったことがある。

ヴィーナスブリッジ、諏訪山から登っていくコースをとったが、いきなりものすごい坂で立ちこぎしてもほとんど進まない状態。

そこをなんとかクリアして、アップダウンをこなし六甲山牧場へ。

六甲山牧場からホールズ・オブ・ホールズの前の直線を経て六甲カンツリーハウスまでは休みなしの急坂続きで地獄だった。

e0138081_16482229.jpg


やっとこさ最高峰にたどり着いた。

しかし登り以上に苦しんだのは下りだ。

下りは逆瀬川方面に進んでいったが、車体が分解するのではないかと思えるほどの衝撃。

ブレーキは限界を越え、眠気覚ましのくぼみでは飛ばされ生きた心地しなかった。

そこでこれ以降、近くにいヒルクライムコースがありながらブロンプトンでは見送っていた。

他にもブロでは無理だが行きたかった山がある。

そこでロード購入に踏み切った。

つまりブロンプトンで六甲山に行ったことが、ロードの購入のきっかけとなっているのだ。

前置きがかなり長くなったが、六甲山へ向けて出発。

コースは逆瀬川から登って再度山方面へと下りていく。

武庫川自転車道を北上して逆瀬川へ。

暖かくなる予報だったが朝方は寒かった。

十分体は温まったのでロンT1枚になって準備完了。

e0138081_16565352.jpg


阪急逆瀬川駅の踏切からスタート。

逆瀬川沿いを登っていくが、平日のせいか車が多い。

また小学生が集団で登校しておりそこに巻き込まれてなかなか思うように進めない。

逆瀬台の近くの道では信号の度に長い車の列ができて細い道のためその脇を通ることもできない。

でも脚はつきたくなかったのでのろのろと進んでいった。

切れ目のない登りでこの交通状態はきつかった。

甲寿橋までは車が多く全くの予想外だった。

案内板にはここから芦有道路まで4キロとあった。

まだまだ先は長いし、これから急坂が待っているのでできるだけ足を使わず、呼吸を整えて登った。

この段階で立ちこぎを何回か試したが、スカッスカッと抜ける感じで長く続けることができない。

甲寿橋からだんだん坂がきつくなっていく。

一番軽いギアを残して、腿に負担をかけないように回していく。

小天狗山沿いの道ではさらに坂が急になり、座ったままでは対処できないようになってきた。

そして意を決して再び立ちこぎに挑戦。

でもやはりスカッスカッと抜ける感じで力強く進む感じにならない。

力を無駄に使っているだけだ。

そこで思い切ってギアを2段重くして立ちこぎしてみた。

すると力がうまく加わるようになり、しかもギアを重くしている分より前へと進む。

抜ける感じがなくなったので体も安定している。

立ちこぎは座ってこいでいるときよりギアを重くしてやるとやりやすい。

正しいやり方かどうか疑問だがとにかくその時はこのほうが安定して前に進むのでこの方法で行くことにした。

実際のところどうなのだろうか?

この方法をとりいれてから立ちこぎを長い時間続けることができ、座りこぎと交互にやって使っている筋肉を変えることにより効率よく進むことができた。

芦有道路までの道がかなり厳しかったが何とか乗り切れた。

案内板にはそこから六甲山まで7キロとあった。

まだまだ先は長いなぁとくじけそうになったが時折見える下界の景色からかなり上がってきていることがわかるとここでやめるのもったいないと気力を振り絞る。

しばらくすると電波塔が見えてきた。

そんなに遠くに見えないが...

そしてトンネルへ。

あれ、ここからすぐやなかったっけ???

坂も緩やかになりそこからすぐに一軒茶屋に到着した。

案内板にあった7キロというのは十国展望台の方までのことだったのだろう。

時間を見ると逆瀬川をスタートしてからちょうど1時間。

実際の体感に比べると時間がかかっている。

とにもかくにも登って来たのだ。

e0138081_1722119.jpg


そして最高峰へ。

e0138081_17232938.jpg


ん?六甲山って931メートルやったっけ??

なぜか868メートルだと思っていた。

e0138081_17245988.jpg


e0138081_17251410.jpg


久々に来た最高峰、しかもロードで初、その感動のままに写真をとりまくる。

e0138081_17262387.jpg


少し霞がかっていたが上から見る下界の景色は最高だ。

e0138081_17274286.jpg


e0138081_17281868.jpg


大阪湾が太陽の光を浴びて輝いていた。

e0138081_1735320.jpg


e0138081_17351957.jpg


頂上付近では紅葉はもはや全く見られなかった。

しかしススキが光を浴びてとてもきれいだった。

e0138081_17301623.jpg


e0138081_17303671.jpg


e0138081_17313218.jpg


とりあえずこの日の目的は達成。

ロードはやはりブロンプトンとはパワーが違う。

休みなく一気に登ることができた。

意図したとおりのロードで目的達成でほんとに買ってよかったと実感。

これからいろいろな山で活躍してもらうつもりだ。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-28 17:45

違和感

先日、久々にブロンプトンに乗った。

e0138081_15211019.jpg


最近ロードばっかり乗っていたせいだろう。

最初すごく違和感も感じたし、自分も変化したと感じた。

まずハンドルがぐらぐらでかなり不安を感じた。

こんなぐらぐらやったっけ。

よくこんなぐらぐらな状態の自転車に乗ってたなぁ。

しかも良く走りながら写真をとっていたなぁと感心する。

そして停車時。

足をつく前にひと間置くようになっていた。

これはビンディングの癖だろう。

そしてきっちり左足から下りている。

立った1週間しかロードに乗っていないのに習慣とは恐ろしい。

そしてしばらくすると停車がいかに楽か実感してくる。

ブロンプトンだけ乗っていると気付かなかっただろうポイントだ。

だから写真をとろうという気になる。

e0138081_1531777.jpg


ロードが走るための自転車なら、ブロンプトンは停まるための自転車のような気がする。

もともと目的に合わせた使い分けをするつもりだったが、自然とそうなりそうだ。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-28 04:22

ロードでの一つめの目標達成

ロードを買えばここは絶対に行こうと思っていたところへ行ってきた。

ブロンプトンでも行ったことがあるが、2度とブロでは行かんとこと思っていたところ。

やはりこういうところではロードの威力が発揮される。

ブロでは2回休憩をとったが、ロードでは一気に行くことができた。

詳細はまた後日数回に分けて載せますが今日のところはスナップだけアップしておきます。

e0138081_15505530.jpg


e0138081_1551236.jpg


e0138081_15521442.jpg


e0138081_15542898.jpg


e0138081_15551285.jpg


e0138081_1557378.jpg


やっぱりこういう目的のためにロードを買ってよかった。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-27 15:59

きらきら

甲子園浜へ。

暖かい日だったがウィンドサーフィンなどは全く居ず。

ただただ海は穏やか。

きらきら光る海をぼーっと眺めていた。

別に特別でも何もない普通の海。

それでもなぜか特別に思えるほどきらきら輝いていた。

e0138081_15102491.jpg


写生に来ていた小学生たち、絵を描くのも忘れ波打ち際で大はしゃぎ。

e0138081_15115358.jpg


きゃっきゃ、きゃっきゃとはしゃぐ子供たちと対照的に静かにきらきら光る海。

e0138081_1514883.jpg


e0138081_15143665.jpg


海を見てるとほんとに気持ちが落ち着く。

こうやってのんびり海を眺めてしまうともう終わり。

動けなくなるし、再び自転車に乗っても走る気がしない。

あくせくするのがあほらしくなる。

穏やかに時間を過ごしたい時にはやはり海だなぁ。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-27 04:20

陽気に誘われて...

用事で市役所に向かい始めたがあまりにいい陽気なので、最近出番がなかったブロンプトンで出かけた。

真っすぐ行くのももったいなくてカメラを持って寄り道。

e0138081_14545317.jpg


尼っ子りんりんロードにも秋がきていた。

e0138081_14552188.jpg


e0138081_14553327.jpg


紅葉を見てると秋を感じるが、この陽気は秋というより春のよう。

ロンT1枚でも汗ばむくらい。

このくらいの気温が一番気持ちいい。

e0138081_1457476.jpg


e0138081_1458040.jpg


e0138081_14582734.jpg


カメラを持って写真をとることを意識していないと全く気付かず通り過ぎる公園。

普段はそれほど存在感がなくても今は思わず目を向けてしまう。

e0138081_150878.jpg


e0138081_1502240.jpg


ちょっとカメラをいじって遊んでみた。

e0138081_151786.jpg


e0138081_1512563.jpg


季節によって魅かれるものが違ってくる。

e0138081_1521851.jpg


e0138081_1524165.jpg


こういうのんびり行く時はブロンプトンやなぁ。

じっくり風景を楽しむことができ気楽に止まれることができる。

ちょっとの時間でも自然を感じることができた。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-26 15:45

コペンハーゲン ヤミードッグ

先日、ロードで須磨まで行った時にお昼を買ったホットドッグ屋さん。

e0138081_104182.jpg


コペンハーゲン ヤミードッグはJR須磨駅前にある。

赤基調の明るいお店でいかにもデンマークを思わせる。

オーナーのハンセンさんがその場で手作りで作ってくれる。

e0138081_10431368.jpg


e0138081_10435174.jpg


店の中にもいくらかテーブルがありイートインもできるがせっかく須磨海岸まで来てるのでテイクアウトにした。

途中でテイクアウトに換えても快く応じてくれる。

店員さんもいつも笑顔で明るい。

いろいろお話したかったがかなり盛況なようで、若い人からお年寄りまで幅広い年齢層の方が次から次へと来られ忙しそうだったので遠慮した。

私が頼んだのはクリスチャンドッグ。

e0138081_1046502.jpg


ジャンボソーセージを特製のピリ辛スープでじっくりと煮込んでありとてもおいしい。

チーズで焼き上げてマスタードの味も適度に効いており見た目以上によかった。

パンもフランスパンだが柔らかくしっかりと噛みこみやすい。

人気が出るのもうなずける。

須磨に行く時はここでホットドッグを買って海を眺めながら食べるのが最高だ。
[PR]
by tac-phen | 2009-11-26 04:46