<   2008年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ブロンプトンミーティング

11月30日(日)はぽかぽか陽気のすばらしい快晴。

絶好のポタリング日和だ。

オフ会に参加し、京都の紅葉を満喫する予定だった。

しかし用事があり、なんとスーツで出かけなければならないという不幸。

最近天気には恵まれているといい気になっていたのがよくなかったのか...

結局昨晩、オフ会は泣く泣くキャンセル。

用事に向かう途中、街路樹がきれいに色づいていた。

e0138081_17372536.jpg


e0138081_18273975.jpg


京都はもっときれいなんやろな、と思いながらとぼとぼ歩く。

ところが蓋を開けてみると、事がスムーズに進み、家に帰ってきたのが11時半。

オフ会に途中参加はむり、ジムに行こうか...でもこの天気もったいない!!

そこで奇跡的に思い出したのが、ちば県。さん主催のブロンプトンミーティング。

確か緑地公園やったなー...

ということであわてて準備をし飛び出すように家を出発。

緑地公園に着くとシクロジャンブルという自転車のフリーマーケットの会場へ。

e0138081_17562272.jpg


e0138081_17564151.jpg


いろいろなパーツが並べられている。

自転車初心者の私には何の部品か見当も付かないものも多かったが、それぞれの場所でディープな会話が繰り広げられていた。

e0138081_1758940.jpg


一台のブロンプトンを発見。

e0138081_17583665.jpg


台湾製のブロンプトン。

既製品を買って、一度ばらしもう一度自分でくみ上げたらしい。

パーツもかなり弄っているので問題ないとの事。

そんなことができるなんてうらやましい。

e0138081_180663.jpg


こんなにパーツの種類と数が多いので、”ショップの方なんですか?”と聞いてみると”いえ、趣味で集めたんです。”との事。

これもほんの一部で処分しているらしい。

ここでお話をしていると、ちば県。さん率いる小径車軍団が帰ってきた。

e0138081_1855896.jpg


色とりどり、あまり見かけたことのないブロンプトンもあった。

e0138081_1864755.jpg


ブロンプトンだけでなく...

e0138081_1871265.jpg


パーツを物色する皆さん。

e0138081_188415.jpg


1時間ほどだったがいろいろな方と談笑。

そして最近ブログで交流させていただいているkimotoshiさんとも初対面。

ブロンプトンでツーショット。

e0138081_18105090.jpg


この後、全員で伊丹空港までポタリング。

一列に並んで道路を走るとかなり注目を浴びすごいアピールだ。

空港でブロンプトン整列!!

e0138081_18142619.jpg


e0138081_18145851.jpg


スーツでの参加者もいたので、こうやって並べると販売用に展示しているみたい。

e0138081_18161665.jpg


飛行機とブロンプトン。

e0138081_1817732.jpg


ブロンプトンはもちろんのこと小径車ばかりだったので初めて会う方とも話が弾む。

e0138081_1818585.jpg


わずかな時間だったけど、参加できてよかった。

企画・運営していただいたちば県。さん、また他の参加者の皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by tac-phen | 2008-11-30 21:51 | 自転車

対照的な景色

うつぼ公園も色づいてきた。

e0138081_1636692.jpg


秋が似合う公園だと思う。

それでも公園中央に足を運んでみると...

e0138081_163802.jpg


e0138081_16381570.jpg


世界の薔薇が咲き誇っていた。

e0138081_16384542.jpg


e0138081_16385926.jpg


遠くから見ると単に色違いの数種の薔薇があちこちにあるように思える。

しかし近くから見ると単色だけでなく色が少しずつ変わっているものがあったり、花の形が違っていたり...かなりの種類がある。

e0138081_1641282.jpg


うつぼ公園の中央と外縁とは景色が全然違う。

華やかさと侘しさ、動と静みたいな。

e0138081_16443995.jpg


よく来る場所なのにまた新鮮な印象を受ける。

だからまたここに来たくなるのだろう。
[PR]
by tac-phen | 2008-11-29 06:30 | 風景

金色のイチョウのトンネル、今年は...

先日、梅田から御堂筋を南下した。

これまで自転車で走ってきたところはいまいち紅葉の進みが遅かったが、都会は意外と着実に秋が浸透しているようだ。

大阪市役所付近で足を止めてみる。

e0138081_1674231.jpg


緑色が少なくなり黄・赤も少し濃くなっている。

e0138081_1685018.jpg


それでも例年に比べると色が薄い。

まだまだ暖かい日も多く、木々も迷いつつ秋を迎えている感じ。

e0138081_16111752.jpg


それでも他の季節と装いをかえ存在感を増している。

そして淀屋橋から南の御堂筋。

e0138081_1613183.jpg


久々に来るとまったく景色が変わったみたい。

e0138081_16133618.jpg


見事に張り出した枝の立派さに比べるとそれをまとう羽衣が寂しい。

もうすでにかなり散ってしまっているようだ。

e0138081_1627090.jpg


日を浴びると金色に見えるイチョウのトンネルは今年は期待できなさそう。

例年紅葉の名所に最盛期の紅葉を見に行ったことがないが今年は行ってみようと思っている。

なぜかといえば自転車で走り回りながら自然の移り変わりを見てきたから。

でも日程で苦労している上に、感動的な光景にはめぐり合わなさそう。

まあ、望みを捨てずにはいるつもりだ。
[PR]
by tac-phen | 2008-11-28 06:01 | 風景

茶だんご

地元が宇治のTUYAさんにお奨めの茶だんご屋に連れて行っていただいた。

e0138081_830686.jpg


ショーウインドウを眺めるとつやつや輝く茶だんごの模型。

店の人に”本物もこんなに輝いてるん?”と聞くと

”ええ、きれいですよ。”

というので買ってみた。

家に帰って早速開けてみた。

e0138081_8324030.jpg


e0138081_8334310.jpg


模型のようには輝いていなかったが、だんごらしくていい(当然か!)

早速食してみる。

凛とした弾力で、最初にほのかなお茶の味、後に抑え目の甘みがやってくる。

急いでコーヒーを入れる。

よく合う。

さすがTUYAさんお奨めだけある。

お茶のいい宇治ならではの名産だ。
[PR]
by tac-phen | 2008-11-27 06:17

大満足でした。

ランチを取ったのは....

e0138081_22321251.jpg


e0138081_22323018.jpg


正直名前も覚えていません。

この雰囲気のよさにつられて入ってしまいました。

一応いつものように紹介しておくと、店の中はこんな感じ。

e0138081_22335178.jpg


なぜ最悪だったかというと...

チーズフォンデュを頼んだのですが付いてきたのはパンだけ。

こういうのもあるのかと思いつつ他の野菜のスティックとか肉とかソーセージとかフォンデュ用に頼もうとするとフォンデュ用にはないとのこと。

そんな店がどこにあるんや。

水も有料、こんなところでそんな高ビーな商売が通用してるのが不思議だ。

結局食べたのはこれだけ。

e0138081_22384184.jpg


スイス料理には今まで2回しか行ったことがないがもしかしてこれが普通!?

信じられない。

ブルーノはスイス製の自転車で低価格高パフォーマンスなのに料理はこんなんやの、とTUYAさんとぶつぶつ。

休憩は十分に取って出ました。

店を出たところでちょうどやってきたメキシコ人のサンティアゴさんと話に花が咲いた。

e0138081_22425219.jpg


とても気さくな人。

相棒のORBEAは6キロぐらいしかなく、持たしてもらうとめちゃ軽!

坂を登るのにはいいが、風や空気抵抗には弱く下りではハンドルが振れるとのこと。

それを固定するのに上腕の力をかなり使うらしい。

ご好意に甘えて試乗させてもらった。

e0138081_22471794.jpg


車道へ。

e0138081_22474611.jpg


e0138081_22483543.jpg


軽い、軽すぎる!!

ほとんど力を入れていない状態でもくるくる回り、加速もすごく、安定している。

ロードの威力はすごい。

ロードは高すぎるのでパス、といっていたTUYAさんも少なからず心が動かされたようだ。

店に不満たらたらだったがサンティアゴさんとの談笑ですっかり楽しい気分に。

後で後悔したが、名刺を渡しておけばよかった。

この店はやめておいたほうがいいですよ、と言葉を残してお先に失礼した。

ここからずっと緩やかな下り。

太陽が隠れてしまったので風が冷たく体が冷える。

下りではこの程度の防寒だと不十分だ。

それでも下りは気持ちいい、ペダリングも軽快だ。

一気に鹿跳橋へ。

宇治川ラインを西へ。

車も少なく気持ちよく走る。

ただ宇治までにひとつしておかなければならないことがある。

それは前回道に迷うきっかけとなった曾束大橋での道案内標識。

”あれあれ、あの標識”とTUYAさんに言いながらよく見ると...

なんと、ちゃんと宇治へは橋を渡るように書いてある。

どうも幻覚を見ていたみたいだ。

前回後で地図を見て、こんなところで間違えるやつおらんやろと思ったがやはり奇跡的な間違いをしていたようだ。

曾束大橋から天ヶ瀬ダムまで意外と遠く苦しむが何とか宇治に到着。

宇治の紅葉も全然進んでおらず塔の島の木々も完全に紅葉する前に散っていたりもみじも青々としていた。

それでも人は多く平等院は長い列ができていた。

どこかカフェでもと思っていたが待たなければならないので近くのベンチで休憩。

私はダブル抹茶ソフト。

e0138081_2353259.jpg


e0138081_2354718.jpg


ダブルの意味は抹茶ソフトに抹茶の粉末をかけてあるから。

甘いソフトに渋い抹茶が小気味いい。

TUYAさんはみたらし団子。

和菓子派らしい。

1本いただいた。

e0138081_2374056.jpg


何十年ぶりのみたらし、しょうゆ味の甘さでおいしかった。

ここでも話が尽きず、次はポタもしくは峠+おいしい処でということで考えることに決める。

結局、TUYAさんから峠コースの申し出はなく杞憂に終わった。

宇治を離れ、流れ橋から自転車道を北上して八幡でお別れ。

ここから淀川自転車道を一人で走ったが、かなり日が傾いていた。

ひらかたの時点でこんな感じ。

e0138081_2313930.jpg


やばい、このままだと暗い中を走ることになる。

それでも宇治を離れたのは3時半。

暗くなるのが早すぎる。

恐れていたようになにわ自転車道を走るころは真っ暗。

ライトをつけても歩いている人、特に連れているペットは醜い。

速度をかなり落として安全運転で帰った。

やはり冬は早めに離れるか帰りは輪行と決めておかなくはならない。

それでも6時30分ころ家に到着。

くたくたである。

それでもほんとに楽しかった。

TUYAさんとははじめてあった感じがしなかった。

いいポタリングができてよかったです。

ありがとうございました、そしてこれからもよろしく。
[PR]
by tac-phen | 2008-11-25 05:55

ブルーノに乗る

木津川自転車道はTUYAさんとのんびりと談笑しながら走る。

お互いブログで知っていることを確認するように話しが広がり、ずっとしゃべっていたような気がする。

京都の峠チャレンジ、タイムトライアル、お互い京都の街よりも北山を中心とした峠を走っているので話が尽きない。

それにしても驚きはブルーノのタイヤの太さだ。

あのサイズの割りにやたら太い。

あのタイヤで峠を走りまくっている脚力に恐れ入る。

タイヤを替えたらどうなるのか...

”実はタイヤを替える時を楽しみにしてるんですよ”とTUYAさんにやり。

わかるわー。

実は今日のコースは登りも下りも緩やか。

途中で”木幡辺りの峠行きましょうよ!”となるのをこの時は恐れていた。

話しに夢中になっているといつもは退屈に感じる木津川自転車道もあっという間に...

e0138081_2149486.jpg


木津川サイドの起点に来るのは初めてとのこと。

ここからは細い車道が続くのでもくもくと走る。

163号を避け裏道をとおり、加茂あたりで休憩。

e0138081_21522051.jpg


この辺りから見るといまいち紅葉は期待できなさそう。

和束から緩やかな登りに入る。

いつもより車が多い。

紅葉はいまいちだが川の水と茶畑はきれいだ。

この信号がほとんど無く車が少ない走りを楽しめるコースはお気に入りだ。

森林浴を楽しみながら湯船まで走り続けて休憩。

ここの紅葉を期待していたが前回来た時よりひどい状態。

ここからお互いの自転車を交換。

ブルーノに初乗車。

ペダルにトゥクリップにとまどい、シートポジションもやや後ろ目に体重がかかる感じ。

ただ自然と前傾が取れる。

ブルーノは2×6段。

後ろだけシフトしてみたがいまいち違いがつかめない。

でも坂になると威力発揮、脚がよくまわり軽く進む。

甲賀市に入って下りに変わる。

緩やかな下りで飛ばしてみた。

どんどんスピードが上がり50キロ近くまで直ぐ到達。

タイヤの太さもやや後ろ気味の重心もなんのその。

すごい加速である。

一気にとりこになった。

しかもブルーノの価格は5万強。

ものすごいコストパフォーマンスである。

これだけーベースの価格が低いとパーツなどのグレードアップもしやすい。

307号に出ると長めの登り。

そこでも威力が発揮される。

ただいつもの巨大たぬきのところで写真を撮ろうと止まろうとした時...

足が、足が...抜けない!!

もたもたして、とうとうやってしまった、転倒!!

大恥...なさけない。

ビンディングでは1回はやるやろと思っていたけど、まさかトゥクリップでなんて。

でもいい自転車である。

自転車を始めようとする人にはブルーノを進めようと思う。

なんせ自転車の最初の障壁は高い価格だ。

初めて買う人は5万でも高いと感じるだろうが、5万だと思い切ることができる。

ブルーノ初体験はかなりの好印象だった。

転倒でテンションがやや下がったが気を取り直して...

e0138081_22202660.jpg


TUYAさん初登場。

e0138081_22212088.jpg


信楽から下りが続き、茶畑がきれいに並ぶ朝宮へ。

朝宮のスイスレストランで昼食。

ここがポタリング史上最悪のレストランだった。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2008-11-24 07:07

TUYAさんと初ポタリング

今日は3:30に起床。

朝ごはんを食べ、ストレッチをし、荷物をリュックに詰める。

なかなか明るくならないのでブログを書いたりMixiミュージックを聴いたりゆっくり過ごす。

最近急激に気温が下がったが、今日はちょっと持ち直しそうだ。

ただ先日買っておいた冬仕様のウェアで身を包む。

窓の外が少し明るくなってきたので即出発。

6時半ころ家を出る。

吐く息は白いが完全防備なので寒さは感じない。

それどころか心地いいくらい。

なにわ自転車道を走るころには体も温まり、足が軽い。

雲がほとんどない見事な天気。

淀川でふと気付いたので...

e0138081_21131134.jpg


自分の走る姿がきれいに刈られた斜面に映っていた。

淀川沿いも順調にすすむ、それにしても草がきれいに刈られているのが気持ちよかった。

朝日がきれいに川面に反射している。

御幸橋から木津川自転車道へ。

多くのロードとすれ違いざまに挨拶。

心が軽やかになる習慣だ。

直ぐに待ち合わせ場所の流れ橋へ。

8時半到着。

e0138081_21173133.jpg


10数人のサイクリストが集まっていた。

ロードからママチャリ、いろいろな人がいた。

この流れ橋、木津川自転車道を走る人たちの休憩場所となっていていつもにぎわっている。

全然知らない人でも自然と話ができるのでいつも立ち寄る。

そこで観月橋からこられたローディの方と自転車談義。

メタボ対策で自転車を始められたらしいが、それまではママチャリで木津川を走っておられたそう。

自分もママチャリでいろいろ走り回っていたので親近感がわく。

これからどんどん楽しみ知り、行動範囲もどんどん広がっていくんだろうな。

今の私と同じように。

いろいろ話をしていると見慣れた白のブルーノ登場。

TUYAさんだ!!

スポーツマンらしく精悍な顔立ちに引き締まった体。

さすが京都の峠という峠をアタックされているだけある。

軽く挨拶を交わし、3人でしばらく談笑。

それにしても不思議なもので自転車という共通の話題がひとつあるだけで初対面の方とすでに知り合いだったかのように話ができる。

加速度的に自転車にはまっていっている理由のひとつだ。

さあ行きましょうか、ということで...

e0138081_2133391.jpg


愛車のペアフォト。

天気は最高、風もなく暖かい。

最高の条件の中、出発です。

(疲れているため続く)
[PR]
by tac-phen | 2008-11-23 07:47

真っ暗

今朝3:30分起床。

外は真っ暗、ぶるぶる寒い!!

雨が降っているかどうかもわからん。

今日はこれからブログ仲間とポタリング。

あったかくなりますように。

風もほどほどに...

e0138081_429419.jpg

[PR]
by tac-phen | 2008-11-22 04:37

遊び心で名刺を...

最近、ポタリングに出るといろいろな時にいろいろな方によく声をかけていただく。

休憩しているときや信号待ちのときに地元の人、サイクリスト、駅員さん、店の人など。

自転車自体やショップ、今まで行ったところ、ブログの話しなど共通項が多いので話が尽きないことも多い。

ちょっとした時間なので名前を名乗るほどでもなくあっさり別れていくことが多いが、こういうことがきっかけでブログ上で情報交換が始まることも結構ある。

こういう偶然のきっかけで輪が広がるのも楽しいことだ。

そこでこういうきっかけをより生かすためにも...というよりほんの遊び心で名刺を作ってみた。

e0138081_20231953.jpg


目的はちょっと知り合いになった人に興味があればブログを見てもらうこと。

本名、ブログ名、ハンドルネームのみを書いた簡単なもの。

生意気に”cyclist"などと名乗った(笑)

自分も経験上、お互い名前を名乗ることなんてほとんどないし、口頭でめもることもないのでハンドルネームやブログ名を聞くことも伝えようとすることもしない。

特に、複数の人と話している場合はまずより個人的な話まで行かない。

名刺を作っておけば別れ際に”~に行ったときのことブログにのせているので参考に見てください”とか単に”ブログやってるんで興味あったら見てください。”と渡すだけですむ。

まあ、どれだけ反応というか広がりができるかは未知数だが遊び心で楽しんでみよう。
[PR]
by tac-phen | 2008-11-21 07:43 | 雑感

再び興味が...

部屋の整理をしていたら、こんなものが出てきた。

e0138081_19542943.jpg


自転車に乗る前はこれをもってよく奈良に行った。

最近は京都によく行っているが以前は奈良の方が好きだった。

いつも奈良公園をぶらり若草山に登って帰ってくるパターン。

このときはならまちや平城京、法隆寺、橿原、飛鳥などには全然行ったことがなかった。

今年になってブロンプトンに乗ってから初めて奈良市以外のいろいろなところに行った。

奈良県内にある自転車道もいくつか走った。

ブロンプトンで行く前と違ってあちこちで”ああ、奈良だなー”という景色に遭遇した。

京都と違って何かモノクロのイメージがある。

ガイドブックを読んでいると訪れたときの記憶がよみがえってきて断然行きたくなった。

e0138081_207666.jpg


今までは木津川自転車道から奈良に入って輪行で帰っていたが、大阪の南のほうから入って木津川へぬけて自走で帰るルートも試してみたい。

ただ、冒険するには日も短く、ルート開発は来年春になるかもしれない。

それまでは純粋に奈良ポタをまた楽しみたい。
[PR]
by tac-phen | 2008-11-20 06:02 | 雑感