カテゴリ:自転車( 44 )

Road to Road ① (ニーズの洗い直し)

先月中ごろにとうとうロードを買うことに決めた。

その時に買うことにしたのはANCHOR RFX8 Elite

e0138081_20194174.jpg


デザインが気に入ったのとロングライドとヒルクライム向きということでこれにした。

アンカーはパーツがセレクトできるところがあるので、自転車屋さんと相談して少しずつ進めていった。

ところが進めて行くうちに気付かなかったというか忘れていたというか新たなニーズが浮上してきた。

1. 輪行

ロードでもいろいろ行きたいので輪行は頻繁に行うことになる。

忘れていたわけではないがアンカーのカーボンだと強度面でも比較的安心なので問題にしていなかった。

ただ私の性格がかなりアバウトなので電車に乗せるときとか下ろすとき最後まで丁寧に扱えるだろうか?

と考えた場合めちゃ自信がない。

それほどレース志向でないのであえてカーボンにする必要があるだろうか。

2. 各パーツへのこだわり

・ サドル

スポーツバイクと前立腺症でも述べたがロード購入を決定してからこういう問題があるのを知った。

そこでできるだけ負担にならない、しっかりと考慮されたサドルにしたい。

・ タイヤとチューブ

走行性よりも耐パンク性を重視したものを選択したい。

サイクリング中のパンクは一番テンションが下がる。

・ ペダル

行く先々でもいろいろ散策したいので歩きやすいマウンテンバイク用のビンディングペダル。

....などなど。

当初は全然考えもしなかったことにこだわりがでてきた。

既存のオーダーシステムではセレクトパーツとしてカバーされていないところにまで及んだ。

3. 2010年モデル・新製品の登場

先々にいいモデルが登場するのは自然なことである。

そういう意味で先に発表される新製品ばかり期待してるといつまでたっても買えない。

それはわかっているのだが、ニューULTEGRAがすでに発売されているのを知った。

e0138081_21114251.jpg


これにしたい!!

自転車屋さんの話では性能もかなりよくなっているとの事。

正直性能に関してはよくわからないが色も好みに合っている。

ただこれを搭載した2010年モデルの発表は9月中旬頃でそこで新たに申し込むと11月くらい納車らしい。

そんなには待てない!!

.....

.....

と、このように試行錯誤を繰り返し、結局ANCHOR RFX8 Eliteでなく別の注文を入れた。

そのため納車は9月末か10月頭になりそう。

あー、待ち遠しい。
[PR]
by tac-phen | 2009-07-31 21:13 | 自転車

ブロンプトンのアップグレード

メンテをした際におかしかったブレーキ。

一応は問題なく治まっているものの、ブレーキのポジションが人力だけで動くのに不気味さを感じBici Terminiでみてもらうことにした。

またブロンプトンでの行動範囲をより広げるため、つまり坂とロングライドにより対応させるためのグレードアップの相談にものってもらいたかった。

久々にBici Terminiに行って驚いた。

店内は自転車であふれ、足の踏み場もないほど(またも写真を撮るのを忘れた、不覚)。

注文を受けた修理のための自転車なのだそうだ。

やはりきっちりとした店には客は集まる。

まずブレーキを見てもらった。

ブレーキ本体は力を入れれば多少動くのだとか。

ただブレーキ自体の開閉がスムーズに行っていない上に開きが狭すぎるという。

開きが狭いのは自分でアーレンキーで間違った場所をしめてしまったからだ。

ブロンプトンのアップグレードの話も相談にのってもらった。

やはり坂も登れてロングライドもということだと5速、6速化が望ましいとの事。

そうすれが自然とリムもアップグレードされるらしい。

店主のみやっちの5速に試乗させてもらって近くで坂を探し試してみた。

まず驚いたのはブレーキの利きのよさ。

ブロンプトンで一番の懸念だが、仕方がないとあきらめていた部分だ。

この利きを実現するためには既存のブレーキをはずし、ブレーキ本体をはじめすべてのブレーキシステムを変える必要があるとの事。

2万円強する値段を聞いてびっくりしたが、もともと不安を抱えながら峠など登っていたので背に腹は変えられずグレードアップをお願いすることにした。

そして5速の印象はというと既存の3速に加え軽いギアが2速加わったものだが、試した坂だと2速がめちゃ有効だった。

さらに1番軽いギアを残しているので安心感もある。

この軽い1,2速ばかりで試していると3速を入れると重く感じるくらい。

確かにいい、ただBWRの6速も試してみたいなー。

この5速化のもう1つの売りのWウォールリムの効果はいまいちわからなかった。

みやっちに聞くとやはり剛性が上がるので転がりが全然違うとの事。

それと私と同じ時間くらいのシートポストの交換にこられた方がつけておられたサドルが私が目をつけていたものだったので跨がせてもらった。

e0138081_18403827.jpg


このサドル。

e0138081_18405993.jpg


懸念だった前立腺への負荷を和らげる構造のもの。

このKHSはブレームがロードと同じ形状らしいので下ハンも持ってみたが圧迫感がほとんどなかった。

ただサイズに種類があるらしくどれに合うかはかなり乗りこなさないとわからない。

そこで同じメーカーのもので小径車用に店においてあったものをつけてみることにした。

結局迷いに迷った挙句以下のようにすることにした。

交換するもの

・ ブレーキシステム全般 2万円強

・ サドル(SMP TRK)とやぐら 1万円弱

・ BB (TANGE) 4000円

で合計4万円弱。

検討するもの

・ 5速化 or BWR 6速化 5万円強

・ ダイナモ(赤トラ乗りさんがつけてたもの) 2万円強

・ バックの脱着キット 4000円

・ フロントバック 2万円くらい

.......

.......

すべてやると一体いくらかかるんや!!

ブレーキのアップグレードは必要とはいえコスト的には予想をはるかに越えた。

kimotoshiさんが譲ってくださった純正のダイナモはM3Lの私のブロには取り付け不可能との事。

それほど夜に走らないのでリアキャリアをつけて純正のダイナモ装着可能にしようか....

BWRの6速の試乗ができないのが痛い。

先日のゆかいな仲間達との京都ツアーの時にA2Cさんの6速に試乗させていただいた。

その6速とBWRはどう違うのか...

判断は難しいが、やはりそれなりの出費は覚悟しなければならないな。

あーっ、頭が痛い!!
[PR]
by tac-phen | 2009-07-25 11:08 | 自転車

大激論!! ノーマルクランク vs コンパクトクランク

とある自転車屋の前でサイクルジャージに身を包んだ人が5,6人ほど座り込んでかなり暑い討論をしていた。

店の前に飾られている自転車を見るふりをしつつ耳を傾けてみると....

”コンパクトだと踏んだ気がしないんよね。 よくは回るんやけど。”

”スピードも上がらんし...”

”でも今更ノーマルに戻せんで。 坂だとあきらかにコンパクトやで。”

”それにノーマルでも結局一番両端は使わんやろ。”

両端というのは一番重たいのと軽いギアということやろか?!

”ノーマルからコンパクトに変えても結局またノーマルに戻す人も結構おるで。”

”コンパクトはあきらかに脚、特に膝への負担が軽いで。”

”高回転低負荷が主流の今、やっぱりコンパクトやろ。”

と賛否両論。

かなり科学的な説明もする人もいたが、こちらはまったく理解できず。

自分は今やクランクは当然コンパクトにするものだと思っていた。

それだけにノーマルを主張する人のポイントを重点的に聞いていた。

ノーマルを主張する人のポイントは....

1) 踏み込み感がない。

2) スピードが出ない。

3) どっちを選ぼうと要は脚力の問題。


まあ、3)に関していうと当然のこと。

1)に関しては回転がしやすくなるということは要は軽く早く回るということだろうが、踏み込み感というのは軽く回りすぎて負荷が感じられないので運動している感覚がない、ということなのかな?!

踏み込み感への理解がまだ私には足りないようだ。

2)のスピードというのは例えばラストスプリントのときの一瞬のスピードをいうのだろうか?

それとも巡航速度のことだろうか。

スピードを出すためには重たいギアでぐいぐい扱ぐか、軽いギアで回転数を増やすかの2通りがある。

結局ノーマルで最高のスピードを出すときは踏み込み力がいるし、コンパクトで出すにはノーマルに比べて回転数を増す必要があるが、それこそコンパクトなので回転はよりさせやすいはずである。

うーん、どうもこのポイントも私の理解不足のようだ。

ロード購入の相談にのってもらっている店の人も私がクランクは当然コンパクトとの言い方をしたとき、”今主流なのはコンパクトですね。”とは答えたものの、何かノーマルを奨めたそうな雰囲気もあったような気がする。

今まで試走でノーマルもコンパクトも経験はあるが、坂を想定するとコンパクトのほうがいいのかなとの印象を持った。

ただいろいろなケースを考えそれぞれの特徴を知る意味では、とりあえず一旦”クランクはコンパクトが当然”という固定観念は取っ払ったほうがいいのかもしれない。

またもロードの奥深さを思い知らされた。
[PR]
by tac-phen | 2009-07-05 18:00 | 自転車

スポーツバイクと前立腺症

昨晩は空腹により満足に眠れず地獄のような夜を送ったが、今朝も無事何も食べずに健康診断へ。

睡眠不足と空腹でふらふらしながら病院へ行った。

普段の食生活が心配なので診察のときに病院の先生にいろいろ質問すると気にかかることを聞いた。

それはスポーツタイプの自転車に長時間乗ると前立腺症(炎?)を引き起こすというもの。

先生は泌尿器科が専門でないとは断りながらも、乗り方には気をつけてといってくださった。

今自転車屋さんと注文を出す前に各パーツの詰めをしていて、2009年でいくか2010年モデルを待つかの話をいろいろとしていてやはりロードはその機動力に魅力はあるものの、めんどくさいなと思っていたところに
いやな話を聞いたなと思った。

それで家への帰り道にジムによってサイクリストでもあるインストラクターにそのことを聞いてみた。

すると”その話は結構聞きますよ”とのこと。

実際ロードに3時間も乗ると小便が出てこなくなることもあったらしい。

乗り始めたときはかなり痛みも感じたらしいが”それは数回後には消えました”と。

そういえば以前GIOSのパントを載せてもらったときに1時間乗っただけで激痛が走った経験がある。

サイクリストは前立腺癌になる人が多いとか、半数はEDになるとかいう話はよく聞きます、とも。

”自転車はスポーツとしても確立してるし、プロとかはどうしてるんや? 毎日長時間練習とかで乗ってるやろ。それ覚悟でやってるんやろか?”

”よくわかりませんが、サドルを穴あきに変えたり、負担がかからないようなレーパン、売られているようなものではなくもっといいのをはいてるんですかね。”

最後に自分も心配はしてるんですけどね、と笑っていた。

ちょっとネットで検索してみたが、前立腺の病気の原因のひとつとして自転車に長時間乗ることがあげられていた。

ロードを買ったら長時間乗ることを想定していたのに気になる話である。

実際のところどうなんだろうか?

ローディの皆さんは何か対策を講じているのだろうか?
[PR]
by tac-phen | 2009-07-03 16:02 | 自転車

ブロンプトン所有者登録制度

ブロンプトンのオーナーになって1年半がたちますが、この制度まったく知りませんでした。

ブロ仲間のXinyi Foldersさんに教えていただいた。

ブロンプトンのイギリス本社のサイトから登録することができる。

所有するブロンプトンの正当な所有者として登録される。

盗難にあったときに自分のものと主張できるし、またサイトに登録者のみ閲覧できるニュースや情報などにもアクセスできるとのこと。

登録方法は簡単なので是非すぐにでも登録されることをお奨めする。

以下、登録方法を書いておきます。

------------------

ブロンプトン所有者登録制度の登録方法

1、自分のブロンプトンのフレームに貼ってあるバーコードの上の10桁のSerial No.とフレームに刻印されている6桁のフレームナンバーを確認する。

2、ブロンプトンの本社のホームページにアクセスする。

3、そこから”MY BROMPTON"にマウスポイントをあわせて"Register my bike "を選択。

4、Loginのページが開くので真ん中やや下のloginボタンの上の"I need to register as a user for the first time"をクリック。

5、”My Brompton > Register as a user”のページが開くので順次情報を入力しRegisterボタンをクリックする。

6、登録が完了するとこういうメッセージが出てくる。

”Thank you for registering with us.

We will now alert you if anyone registers this frame number in
future, and assist the police in the case of your bike being stolen.”

-------------------

このメッセージにも書かれているように他の人がお持ちの自転車を登録しようとしたり、自転車が盗まれたときに防犯登録ナンバーと同じように自転車の所有者を特定することができる。

しかし、ブロンプトンを購入したときに販売店や代理店はこういう制度があることを教えてくれてもいいはずだ。

売ってしまえば終わりの姿勢の表れだろう。

e0138081_2054411.jpg

[PR]
by tac-phen | 2009-06-24 20:15 | 自転車

切符

とうとうロードを注文した。

ロードを購入を決意した理由はブロンプトンでは積極的に行きにくいところに行きたいから。

そういった新たな世界・場所への”切符”。

峠とか山とか坂が急で長距離続くところ。

ブロだと強烈な登りはまず無理で膝や腿への負担も大きい。

忍耐強く登ることができるようなところでも下りはやはり怖い。

やはり峠は面白い。

目の前の坂を苦労しながら登る。

カーブの先がどうなっているかを楽しみに登るがそこに行くとまた登り。

それを繰り返していくうちにとうとう道の先が見えなくなる。

下り、てっぺんだ。

そしてそこから見える景色のすばらしさ、達成感。

サイクリングに1つでもこれを入れておくと満足度がぐんと上がる。

この快感をロード導入によってさらに身近なものとしたい。

e0138081_894071.jpg


それとロングライドをもっと、特に何日間かのツーリングもしてみたい。

やはりロードだと脚への負担が軽いため疲れが残りにくいだろうとの推測。

信州など景色のすばらしい山岳コースも行ってみたいなぁ。

今までロード購入を幾度と考えたがためらってきた理由はブロに比べてめんどくさいのとやたらコストがかかるからだ。

輪行では大きな荷物になるし、電車に乗る時間帯も考えなければならない。

服装も大げさで計画もより綿密なものが必要で気軽に出発というわけには行かないだろう。

また自転車自体も値段が高いし、シューズやウェアなどもより専門性の高いものになりいちいちお金がかかる。

そこまでしてほんとに乗るのかという不安があったから。

この不安はいまだに持ち続けているが、結局購入にいたったのは今まで行けなかったところにもっと行って見たいという気持ちがより強くなったからだ。

自転車はいろいろ迷ったが結局これにした。

e0138081_7325528.jpg


ANCHOR RFX8 Elite

上で述べたようなことを実現しやすいモデルと判断。

クランクをコンパクトに、ホイールをグレードアップした。

実際に手元に来るのは8月中旬くらいなので迷ったが、先日竹の内峠越えで奈良に行ったときに立ち寄ったキタサイクルに実物がおいてあってそれを見て気に入ってしまった。

今の段階からテンションが上がっているがそろえなければならないものもたくさんあるし乗り方も含め勉強・練習が必要。

せっかく新たな世界への”切符”を手に入れたのだからどんどん使って行きたい。

今回のロード購入にあたりいろいろアドバイスを下さった皆様ありがとうございました。

またこれからも超初心者レベルのどたばたをしていくことになると思いますので引き続きアドバイスよろしくお願いいたします。
[PR]
by tac-phen | 2009-06-21 08:11 | 自転車

ブロンプトンミーティング

11月30日(日)はぽかぽか陽気のすばらしい快晴。

絶好のポタリング日和だ。

オフ会に参加し、京都の紅葉を満喫する予定だった。

しかし用事があり、なんとスーツで出かけなければならないという不幸。

最近天気には恵まれているといい気になっていたのがよくなかったのか...

結局昨晩、オフ会は泣く泣くキャンセル。

用事に向かう途中、街路樹がきれいに色づいていた。

e0138081_17372536.jpg


e0138081_18273975.jpg


京都はもっときれいなんやろな、と思いながらとぼとぼ歩く。

ところが蓋を開けてみると、事がスムーズに進み、家に帰ってきたのが11時半。

オフ会に途中参加はむり、ジムに行こうか...でもこの天気もったいない!!

そこで奇跡的に思い出したのが、ちば県。さん主催のブロンプトンミーティング。

確か緑地公園やったなー...

ということであわてて準備をし飛び出すように家を出発。

緑地公園に着くとシクロジャンブルという自転車のフリーマーケットの会場へ。

e0138081_17562272.jpg


e0138081_17564151.jpg


いろいろなパーツが並べられている。

自転車初心者の私には何の部品か見当も付かないものも多かったが、それぞれの場所でディープな会話が繰り広げられていた。

e0138081_1758940.jpg


一台のブロンプトンを発見。

e0138081_17583665.jpg


台湾製のブロンプトン。

既製品を買って、一度ばらしもう一度自分でくみ上げたらしい。

パーツもかなり弄っているので問題ないとの事。

そんなことができるなんてうらやましい。

e0138081_180663.jpg


こんなにパーツの種類と数が多いので、”ショップの方なんですか?”と聞いてみると”いえ、趣味で集めたんです。”との事。

これもほんの一部で処分しているらしい。

ここでお話をしていると、ちば県。さん率いる小径車軍団が帰ってきた。

e0138081_1855896.jpg


色とりどり、あまり見かけたことのないブロンプトンもあった。

e0138081_1864755.jpg


ブロンプトンだけでなく...

e0138081_1871265.jpg


パーツを物色する皆さん。

e0138081_188415.jpg


1時間ほどだったがいろいろな方と談笑。

そして最近ブログで交流させていただいているkimotoshiさんとも初対面。

ブロンプトンでツーショット。

e0138081_18105090.jpg


この後、全員で伊丹空港までポタリング。

一列に並んで道路を走るとかなり注目を浴びすごいアピールだ。

空港でブロンプトン整列!!

e0138081_18142619.jpg


e0138081_18145851.jpg


スーツでの参加者もいたので、こうやって並べると販売用に展示しているみたい。

e0138081_18161665.jpg


飛行機とブロンプトン。

e0138081_1817732.jpg


ブロンプトンはもちろんのこと小径車ばかりだったので初めて会う方とも話が弾む。

e0138081_1818585.jpg


わずかな時間だったけど、参加できてよかった。

企画・運営していただいたちば県。さん、また他の参加者の皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by tac-phen | 2008-11-30 21:51 | 自転車

さあこちらの世界へいらっしゃい。

先日ブロの6ヶ月点検で久々にLOROへ行った。

e0138081_183684.jpg


相変わらず多くの自転車が展示されていて目移りした。

そこで1人のお客さんがめまぐるしく自転車をチェックしては店員に質問していた。

”安定してるのはどちらですか?”

”10万台後半のと20万代前半のはどこが違うんですか?”

など次から次へと質問していた。

どうやらいろいろ見ているうちに自分が何をしたいのか混乱してきたようだ。

その姿を見て、ブロを悩んでいたときの自分を思い出す。

そうやって何回も迷い、自分のしたいことを再認識しそして1台を選ぶ。

そしてこの方も自転車を手に入れ、すばらしさを体験し、さらに想像を超え世界が広がるのを実感し、さらに自転車にのめりこんでいくのだろう。

さあ早くこっちへ飛び込んでおいで。

素敵な時間を共に過ごしましょう。
[PR]
by tac-phen | 2008-09-12 18:46 | 自転車

6ヶ月検診

私の相棒の健康診断である。

e0138081_19505141.jpg


検診の結果は...

1、チェーンの磨耗が激しい。

2、後輪のタイヤ、パンクなどしたときに交換したほうがいい。

3、サイコンの不具合、理由がわからず連休後に入院。


6ヶ月にしてはかなり走りこんでいるため1,2は仕方が無いとのこと。

注油はけっこうしているつもりだがそれ以上に走りによる磨耗が激しいらしい。

3に関してはセンサー部分とメーター部分の両方の電池を換えても変化が無かった。

センサー部分は感知しているが信号がメーターに届いていないらしい。

メーター部分を新品で試しても無反応。

1時間ほどがんばってもらったが、連休後に入院させることにした。

サイコンが無いと走行距離、平均速度などわからず楽しみが半減する。

現在は時計としての機能しかない。

早く復活してほしいものである。
[PR]
by tac-phen | 2008-09-11 20:06 | 自転車

トラブル続き!!

順調、快適に続いてきた自転車ライフ。

e0138081_1853171.jpg


すべてはこの相棒のおかげだ。

しかし最近の夕立のように急にトラブルが増えてきた。

まず、走行距離100キロ以上になると出てくる両内腿の腫れと痛みだ

このおかげでせっかくのサイクリングも最後には楽しくなくなってしまう。

クリームをぬってみたが効果なし。

いろいろな方にヒアリングした結果、対応策はサドルの交換。

細くて端が丸くなっているものがよさそうだが、未知数。

値段も2万5千円くらい覚悟しなければならない。

次にこいつ。

e0138081_1912369.jpg


現在時刻以外、動いたり動かなかったり...

走りの内容を分析できないので楽しみが1つ減る。

そして最後に驚いたのがこの現象。

e0138081_197655.jpg


普通ならこの状態で立っているのだが、右に倒れてしまう。

何でやろ、といろいろ探ってやっとわかった。

なんと、前輪のタイヤのパンク!!

空気圧が低いため車重を支えきれない。

先週の土曜日のポタ会では家に着くまでまったく問題がなかったのになぜ?!

.........

と、このようにいろいろトラブルが出てきている。

今度ポタリングに行くときに神社に寄ってお払いをしてもらわなければならないかも...

相棒への愛情のかけ方が足らないのか!?

走っている分だけメンテも十分にしなければ...

反省です。
[PR]
by tac-phen | 2008-08-11 19:21 | 自転車