カテゴリ:関東( 14 )

”よっ、日本一!!”ー青空に浮かぶ富士山をバックに壮大な景色に感動

前日の浜名湖サイクリングの後は焼津まで移動、宿泊。

ホテルでの朝食が焼津の名産ありーの食べ放題で大満足。

e0138081_928324.jpg


朝から大好物のカレーでテンションアップ。

天気も快晴で最高のスタートとなった。

朝の焼津港。

e0138081_9293856.jpg


太平洋は荒れているものかと思っていたが、波もなのかと思うほど穏やか。

e0138081_9305394.jpg


さあ、いよいよ見えてきた。

e0138081_9324414.jpg


おおっ、なんという均整のとれたライン、堂々たる風格。

"よッ、日本一!!”

快晴でまっさおの空に浮かび上がるように、雲もかかることなくくっきりと見える。

今までしっかりと見たことのなかった富士山、やはり素晴らしい!

e0138081_9355962.jpg


富士山を眺めながらのポタリング、なんとぜいたくなのだろう。

e0138081_9375026.jpg


想像してみてください、この海の風景に富士山があるのと無いのとでは全然違うでしょう!

e0138081_9395659.jpg


道を聞いたり地元の方々とお話をしたが、こんなにきれいに見えるのは珍しいのだとか。

いい時に来たもんだ。

静岡県は浜松~御前崎~清水まで大規模自転車道が整備されている。

e0138081_9421548.jpg


今回は静岡~清水まで走ったがこの自転車道のおかげで安心して富士山を眺めながら進むことができた。

e0138081_946174.jpg


e0138081_9461787.jpg


自転車道から見た焼津方面。

e0138081_947181.jpg


海がきらきら輝いていた。

e0138081_9475677.jpg


海岸沿いをのんびりと流す。

e0138081_9483732.jpg


e0138081_9491256.jpg


生活感も感じられていい。

e0138081_9493968.jpg


三保ノ松原へ。

e0138081_9503654.jpg


e0138081_9513586.jpg


羽衣の松と呼ばれているらしいがどこかに天女が羽衣をかけた松の木があるのだろうか?!

e0138081_953402.jpg


e0138081_9542442.jpg


海辺を掃除していた人に富士山がきれいに見えるポイントはどこかを聞いたらこの松原の先まで行けばよく見えるという。

e0138081_957932.jpg


この松林も見事でどこか神秘的だった。

e0138081_9581292.jpg


e0138081_9583266.jpg


絶景!!

e0138081_9591654.jpg


e0138081_959545.jpg


しかし雲がかかって来たぞ、急げ!!

e0138081_1014195.jpg


e0138081_103345.jpg


e0138081_1043899.jpg


e0138081_1045587.jpg


このワイドなパノラマをしばらく眺めていた。

やはり日本を代表する山だなあ。

e0138081_107320.jpg


e0138081_10122175.jpg


e0138081_10124611.jpg


すっかり絶景の虜になりボーっとなりながら進んだが、ここから先の道がひどかった。

1号線を走ると途中から自動車専用道路になっていて後方からパトカーに、

"前の自転車次の出口で出てください。”

なんて注意も受けた。

なのでサイクリストを見かけるたびに走りやすい道を尋ね続けた。

やはり地元の方、よくご存じで旧東海道など裏道を教えて下さった。

e0138081_10132373.jpg


由比本陣。

e0138081_1013504.jpg


e0138081_10141730.jpg


富士川を渡るのにも苦労した。

e0138081_10155252.jpg


このころには富士山は完全に雲の覆われていた。

田子の浦からは再び海岸沿いに走りやすい道が沼津まで続いていたのでそこを進んだ。

e0138081_10171296.jpg


しかしものすごい暴風で車体が流されて怖かった。

海も朝方と打って変わって荒れまくっていた。

e0138081_1018303.jpg


そして沼津から三島へ走り、この日はここで宿泊。

"日本一の富士山”を最高の条件で堪能できた一日だった。
[PR]
by tac-phen | 2011-04-05 05:16 | 関東

今年は東へも進出!まずは浜名湖

今まで泊まりの旅行と言えば西に行くことが多かった。

しかし今年は東へも進出することにした。

oceanさん夫妻、こっさんさん夫妻と後日行う予定だった東京でのパンハンティングMtgに向けて出発。

東京までにいろいろなところを散策しながら行った。

1日目は浜名湖。

e0138081_17274684.jpg


一番浜名湖岸に近そうなところで下車。

e0138081_17282681.jpg


きっちりと湖岸を自転車で回れるようになっているようだ。

e0138081_1729141.jpg


e0138081_17292753.jpg


道も整備されていて走りやすい。

e0138081_1730675.jpg


水も透明度が高くきれい。

e0138081_17304381.jpg


e0138081_17311329.jpg


e0138081_17313491.jpg


ここからは自転車専用道路。

自転車だからこそ湖岸を走れるというのが優越感。

e0138081_17322696.jpg


e0138081_17325637.jpg


琵琶湖に比べると断然小さく入り組んでいるので湖岸を走ると行ってもずっと同じ景色でないのがいい。

e0138081_17343178.jpg


e0138081_17344962.jpg


e0138081_17353079.jpg


e0138081_17361379.jpg


e0138081_17365199.jpg


この先道に迷って、どんどん坂を登っていってしまったが...

その先は絶景ポイントだった。

e0138081_1743466.jpg


e0138081_17433028.jpg


地図を見ると大きく外れてしまっているのがわかる。

e0138081_17441038.jpg


e0138081_17443422.jpg


e0138081_1745318.jpg


再び自転車道へと戻った。

e0138081_1746471.jpg


e0138081_17461868.jpg


ちょうど湖の一番北に気比の関所があった。

e0138081_17471847.jpg


東海道の一つの関所らしい。

e0138081_174918100.jpg


e0138081_17475439.jpg


e0138081_17504729.jpg


橋の上のは”みおつくし”をかたどっているそうだ。

かつてNHKドラマで"澪つくし"といタイトルのものがあったがここからきているらしい。

なんかこうやって描くとドラマチックな感じだがみおつくしとは湖の一番深い位置を示すものだとか。

e0138081_17533239.jpg


e0138081_17542723.jpg


e0138081_17545194.jpg


浜名湖サービスエリア。

e0138081_1755271.jpg


浜名湖はいつもここから眺めていた。

できるだけ近づこうとうろうろしていたら職員入り口から入れてしまった。

e0138081_17565952.jpg


e0138081_17573184.jpg


ここから先は自動車道の案内があまりなく、探り探りで進んだ。

e0138081_17583489.jpg


e0138081_17585122.jpg


e0138081_17591347.jpg


また道に迷ってこんなところにも。

e0138081_1801610.jpg


怪しいと思ったら引き返す勇気も必要やね。

ここから先は普通に国道を走った。

湖の西にもきっちりと自転車道はあるんやろか??

最後の方は探り探りのライドとなったが浜名湖をいろいろな方角から堪能できた。

うなぎのシーズンに合わせてきて北の方の漁師兼食堂みたいなところでうなぎを食べてみたいなぁ。

初日から心地のいいサイクリングでテンションアップ。

幸先のいいスタートとなった。
[PR]
by tac-phen | 2011-04-02 03:37 | 関東

波乱万丈!!素晴らしい旅を一瞬にして暗転地獄へ追いやった宮城大地震!!這う這うの体で関東より帰還

先日の記事で旅の途中経過の記事を描いた。

最高の天気、素晴らしい景観、さわやかなライド、挑戦した後の達成感・自信...

心と体が浄化されるのを実感するくらい素晴らしい旅だと。

それが...暗転地獄!!

その次の日、まさかそれを180度覆すような出来事に巻き込まれるとは...

パンハンティングMtg開催の東京に向けて電車で出発した数分後、強烈な一撃。

余震、停電...どんどん負のスパイラルに落ち込んでいく...

全く知らない土地での避難生活。

また不安の中、非常事態で携帯がつながらないにかかわらず、多くの方が電話やメールを下さって安否を気遣い、励ましてくださったことがどれだけ精神的に支えになったか。

今回パンハンティングMtgのホストをして下さったoceanさんがご自分が帰宅難民となり会社での寝泊りを余儀なくされる中、夜通しで電話を試みてくださり、そして...

"妻とも相談したんですが、復旧されるまで家で過ごしてください。 関東に身寄りがなくてご不安でしょう。”

と言って下さったとき一気に目頭が熱くなった。

その後興奮のあまり何をしゃべったか覚えていない...

そして今日も続いた復旧しない交通による大混乱、無秩序状態。

そんな状態をなんとか切り抜け、無事関西に戻ってこれたこと、どれだけうれしくほっとしたことか。

あまりにいろいろありすぎて、頭がぼーっとしている。

幸福と不幸の振り幅が大きく、また頻繁に起こったため現実を受け入れられないでいる。

しかし震源地の宮城の方々は比較にならないほどの混乱と不安に陥っていることだろう。

なんとか気を強く持ってこの悲惨な状態を乗り越えていただきたいと心から願う。

それとだんだん腹が立っていているのが...oceanさんとの久々の対面、奥様との初対面、初代パンハンターズの集結のパンハンティングMtg,、奥様方のプロファイリング談義、と一番楽しみにしていたことが全くできなかったことだ!

これは絶対リベンジするで!

自然災害には勝てないが、あきらめなければ実現はいつでもできる。

負けたままで終われるか!

絶対すぐにでも実現してやるで。

............

............

未だ頭の中は混乱しており、思ったことをまとめず羅列しただけで申し訳ございません。

そしていろいろと励ましのお言葉をかけてくださったり、安否を気遣ってくださった皆さん、本当にありがとうございました。

心より感謝しております。

[PR]
by tac-phen | 2011-03-12 17:30 | 関東

途中報告...ブロンプトンとの旅満喫!!パンパンティングMtgへ着実に進行

こんばんわ。

今旅先から記事を書いてます。

普段格安宿泊場所しか止まらないのですが、このホテルにはPCが部屋にあるので現地レポート気分でいます。

ただ写真を乗せられない上に、せっかくの”非日常”をあまり崩したくないので日記風に簡単に書きます。

------------

3月8日(火)

出発してまずは輪行で大幅に移動。

昼前から自転車で行動開始。

前から行きたかったところ、想像以上に自転車で走りやすい。

天気にも恵まれ、最高の眺めと気持ちよいライドを満喫。

道を間違え手苦しんだところもあったがご愛嬌。

病み上がりなだけに、健康と太陽の下に出られることのありがたさを実感。

すばらしいスタートダッシュとなった。

3月9日(水)

この日だけは単に晴れというだけでなく、最高の天気であってほしいと願っていた。

今までチラッとしたか見たことがなかった”日本の象徴”をしっかりといろいろな角度から最高の形で見たかったから。

そして願いどおり見事に晴れ渡った。

地元の方が何人も言ってくださったのは”こんなにきれいに見えるのはなかなかないよ。いいときに来たねー。運がいいよ。”

青空に君臨するような偉大で厳か、しかし均整の取れた美しさ...

きらめく広大な海、真っ青な空、心地よい風、最高な条件に陶酔しながらのライドだった。

昼から暖かくなったため水蒸気が上がり雲に隠れたが、次回は夕日を浴びた姿を見てみたい。

3月10日(木)

最初からこの日は試練となることは覚悟していた。

なので朝から気合ははいりまくっていた。

しかし昨晩から急に冷え込み、路面状態が心配とのこと。

いまだに雪が残り路面が凍結する上に、国道でありながら道は狭いし、トラックも多いので危険だとか。

なのでとりあえず朝からのアタックは避け、電車で移動し予定にはなかったところをライド。

そのライドがあまりに気持ちよく、試練はもうどうでもよくなりかけていた。

しかし現地のトラック野郎に”えっ、行ってないの??行っとき、行っとき。みんな普通に行ってるよ。”と挑発される。

もうええわ、という気分と、道路の安全性と現地の気温を考えて心はちょっと波風が立った程度だったが、なんと体が勝手に進んでしまっていた。

試練は思ったほどたいしたことがなかったが、死ぬほど寒かった。

なんと現地近くではマイナス1度の表示だった。

しかし達成感と自信を得ることができた。

トラック野郎のおじさん、現地は寒かったけどそれ以上に暖かい後押しのおかげで心から満足できたよ。

ありがとう。

------------

まあこんな感じで旅を満喫しています。

思いっきり非日常につかり、心と体が浄化され、新鮮になっている感じがします。

なのでもう少しこの”非日常”を楽しませてくださいませ。

いただいたコメントにご返事できず申しわけございませんが、そういうわけなのでご容赦のほどを。

いやぁ、本当に旅っていいですね。

皆様も是非、ちょっとでも時間が許せば、旅に出て見てください。

”非日常”をともに味わいましょう。
[PR]
by tac-phen | 2011-03-10 20:48 | 関東