カテゴリ:滋賀( 34 )

余呉湖・奥琵琶湖サイクリング

先週、先々週末の出来事を全然紹介できていないので順々にアップしていく予定。

まずは8月14日(土)、そぼっくるさんのイベント海の日カヤックでお会いした棉花さんにお誘いいただき、余呉湖・奥琵琶湖へサイクリングに行ってきた。

8時に能登川駅で待ち合わせ。

約3週間ぶりのロード、輪行もやはり手間取ったがなんとか時間前に到着。

しばらくして棉花さんと少年さんが到着。

あいさつを交わしてさっそくスタート。

途中のコンビニでTVT92MBさんと合流し湖岸へと向かった。

皆さん乗っておられる自転車は歴史を感じさせられるものばかり。

かなり走り込まれている様子で足を引っ張らないようにさらに気合を入れた。

湖岸道路では自然とトレインが組まれ、先頭が順次変わっていく。

今までトレインの経験がなく、どのタイミングでどうしたらいいのかわからず棉花さんに聞くと、”適当なタイミングでいいですよ。”

なのでとりあえず先頭に立ってみると、後ろの方のチェーンの音やラチェット音がめちゃプレッシャーになる。

”もっと早く行けよ!”

といわれているかのようで、思わずペダリングに力が入る。

それでもしゃらしゃらというペダルを扱ぐのをやめた時に聞こえる音は消えない。

さらに回転数を上げる。

前半からこんなペースで持つのか、とひいひい言いながらこいでいると最初の休憩ポイントへ。

e0138081_4403370.jpg


楽しく自転車談義に花咲く中、”めちゃペース早いなぁ、今日は。”という声。

どうもプレッシャーから逃れようとするために私がペースを乱していたようだ。

休憩後、再びトレインを組みながら走ったが、やはり前に立つとものすごくプレッシャーを感じる。

何か背後から得体のしれないものが襲いかかってくるのから、必死に逃げている感じ。

湖岸道路から離れて旧道へ行くととたんにのんびりムードになり談笑しながらのライドでホッとできた。

でもこの日は時折雨が降り天気自体はよくなかった。

ただ、カンカン照りよりはかなりましで、風はかなり涼しかった。

棉花さんとTVT92MBさんはかつてはレースに参加され、実業団登録もされていたつわもので時折ハンドルから両手を離し、ドリンクを飲みながら進んだりしていた。

そのバランス感覚に驚き!

しかも棉花さんは両手を離しあたかも走っているかのように手を振り、それでもかなりのスピードで走っていたのにはびっくりした。

この正しいフォームを身につければこのバランスはとれるらしいが3本ローラーでの練習が効果的とのこと。

これだけバランスを保てていると力を無駄なくペダリングすることができるのだろう。

そして余呉湖へ。

e0138081_446077.jpg


雨で霧がおりこんな幻想的な余呉湖を見たのは初めて。

e0138081_4464097.jpg


e0138081_446525.jpg


余呉湖からはさらに北へ。

ここから北へ行くのは初めてだ。

少しずつアップダウンになって行き、こういうのが続くのだろうなぁと気合を入れ直したが、雨が激しくなってきて先に行くのを断念。

途中で方向転換し、303号を目指してヒルクライム。

越えようとした山のトンネルがなんとも不気味で怖かった。

そして下り。

雨でぬれた路面で滑らないように慎重に進んだ。

下ってきたところのコンビニで休憩。

この時点でまだ12時過ぎで、走った距離も80キロほど。

予定していた140キロには程遠く、全く物足りないので帰路は米原の奥を経由した。

e0138081_4573495.jpg


e0138081_4574653.jpg


e0138081_4575798.jpg


そしてこの先にある童夢の工場と研究所に立ち寄った。

e0138081_504517.jpg


なんと、警備員もいず門も塀もないオープンさ。

e0138081_512979.jpg


なかなか近くで見れないものがあって記念写真をとった。

e0138081_525737.jpg


そしてここからは旧中山道を通って南下。

この辺りの旧中山道はその面影を残しており、名神沿いの山道を通ったり往時をしのばせる。

是非ブロンプトンで旧道巡りに来たいものだ。

そしてその中山道沿いにある、以前から興味のあった豊郷小学校へ。

e0138081_55852.jpg


木造の校舎だと勝手にイメージしていたが、ヴォーリズ建築の見事な洋風だった。

意外だったのが、若い訪問客がめちゃ多かったこと。

TVT92MBさんによると、ここはアニメの”軽音”の舞台になったらしく、それで若者が訪れるのだとか。

車を見るとアニメのキャラなのかそういうのを張ってあるのが多かった。

今回は中に入らなかったが旧中山道を巡る際に是非もう一度立ち寄ってみたいものだ。

そしてこの先でTVT92MBさんとお別れ。

少年さんが、”本格的な流しソーメン食べませんか?”と誘ってくださったので”本格的な流しそうめん?この辺りが本場なのかな?”と思いながら行ってみると...

e0138081_5103174.jpg


少年さんのご家族と他の知り合いの家族が集まって流しソーメンBBQをやっておられた。

この竹はお子様たちが割って準備したらしく、我々が行くとこのお子様たちがさっと立ちあがってソーメンをながしてくれた。

e0138081_5121015.jpg


この流れている水も井戸水でめちゃ冷たくて気持ちがいい。

流れてくるのはソーメンだけでなく、ウズラの卵やトマト、わらび餅まで。

e0138081_5132040.jpg


終わりかけていたのに再び肉も焼いていただきおいしく楽しく過ごさせていただいた。

e0138081_514680.jpg


こういう遊び心がいい。

ゆっくりお話ししながらくつろがせていただき、思わぬサプライズだった。

ここから棉花さんに能登川まで送っていただき、そこから輪行で帰路に就いた。

歴戦のつわもの方の自転車話、初めてのトレイン、奥琵琶湖ライド、旧中山道ライド、そして最後の流しソーメンBBQとほんとに盛りだくさん、楽しい一日を過ごさせていただいた。

イベントで知り合ったのがきっかけでこんな素晴らしいサイクリングに誘っていただいた棉花さん、そしてコースを考えてくださり、自転車話が興味深かったTVT92MBさん、そして道中いろいろお話させていただき最後には遊び心たっぷりの流しソーメンBBQに参加させてくださった少年さん、ほんとにお世話になりありがとうございました。

雨でいけなかったコースもまたリベンジしたいですし、このような機会があればまた声をかけてください。

これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by tac-phen | 2010-08-17 05:24 | 滋賀

今こそロングライド

気温も湿度も適度で日照時間が長い。

そんな今はロングライドに最適な時期である。

先日の篠山に続き、今日もロングライド。

今日走ったコースは去年、ブロンプトンで走って死にそうになった。

ただ今回はRNC7ということで幾分余裕があり、前回は輪行で帰ったが今回は自走にした。

なので初めて200キロ越えとなった。

実は自走にした部分が一番苦しかった。

今回はロードということで写真もほとんどないがアップしておこう。

e0138081_1942814.jpg


e0138081_1945040.jpg


e0138081_1953588.jpg


e0138081_1955656.jpg


e0138081_1961454.jpg


e0138081_1963862.jpg


e0138081_197217.jpg


e0138081_1974359.jpg


e0138081_1975780.jpg


e0138081_1982116.jpg


というかほとんど全部の写真載せてしまった。

いつもは後に走ったコースを追いながらの詳細をアップするが、今回は違ったアプローチになりそうだ。

それにしても疲れたー。
[PR]
by tac-phen | 2010-05-15 19:10 | 滋賀

東海道五十七次ポタ:草津~水口(本編)

東海道五十七次ポタ:草津~水口(サマリー)で書いたように、4月24日(土)にmaekenさん主催の東海道五十七次ポタに参加した。

自宅から草津まで自走向かっていたときには雨が降っていたが、集合時間の10時30分にはすっかりいい天気になった。

e0138081_12532457.jpg


ロードから小径車まで様々な種類の自転車が集合。

e0138081_12544636.jpg


ブロンプトン3兄弟。

e0138081_12554145.jpg


草津駅からすぐのところに中山道と東海道の分岐があった。

e0138081_1257244.jpg


我々は当然東海道へと進む。

e0138081_12575566.jpg


旧街道らしく車のすくない道をのんびり談笑しながら走った。

e0138081_1302840.jpg


e0138081_1304447.jpg


走りだして1時間ほどで...ランチ!!

e0138081_1313112.jpg


田楽茶屋・ほっこり庵。

ここの田楽と筍、大根などの野菜がとてもおいしかった。

e0138081_135630.jpg


しかもこれでなんと700円!

店のおねぇ様たちも非常に気さくで明るくいい雰囲気だ。

ここでのランチで今回のポタリングは超のんびりスタイルと決定づけられたかも。

店を後にし、引き続き昔ながらの家並みを通る街道を進む。

e0138081_13113771.jpg


この東海道沿いには石標が頻繁に見られ、非常にトレースしやすそう。

e0138081_13124742.jpg


e0138081_13131788.jpg


e0138081_13141172.jpg


道中は常に笑顔が絶えない...

e0138081_13152477.jpg


逢坂の関を越えてからは平坦な道が続き、楽に走ることができる。

e0138081_13162390.jpg


e0138081_13165920.jpg


徳川家康が旅の途中に体調を崩し薬をもらったとされるところ。

e0138081_1318468.jpg


この辺りの街並みは往時をしのばせるものだった。

e0138081_13193850.jpg


石部宿の田楽茶屋。

e0138081_13202656.jpg


お酒のことはよくわからないがここの梅酒は砂糖を使わず日本酒に梅をつけるのでまろやかでおいしいとか。

e0138081_13215656.jpg


maekenさんいわく、ここに来るのが主目的だとか(笑)。

e0138081_1323373.jpg


e0138081_13234490.jpg


参加者のうちの何人かはここでバックパックが急に重たくなったことでしょう。

さあ、引き続き本来の目的の東海道ポタ。

e0138081_13252534.jpg


石造りのトンネル。

e0138081_13263332.jpg


時代が感じられる。

e0138081_13272114.jpg


弘法杉。

e0138081_13295430.jpg


そのそばにある小屋に弘法大師が祀られている。

e0138081_1331916.jpg


その弘法杉から一人の天女が...

e0138081_13331833.jpg


いや、上へと登って行っているようだ。

何のためらいもなく登っていく...何て勇敢な!

横田渡しの常夜灯。

e0138081_13454274.jpg


江戸時代、伊勢神宮や東国へ行くのにすぐ横を流れる野洲川を越えなければならなかったため東海道13渡のうちの一つとして重視され、軍事上的な意味からも幕府の管轄下にあったとのこと。

e0138081_1350214.jpg


他の渡し同様通常は架橋は許されず、三月から九月までは船渡し、他のつきは流路に土橋を作っていたとか。

e0138081_13521525.jpg


e0138081_13523139.jpg


そして水口城跡へ。

e0138081_1354225.jpg


e0138081_13543652.jpg


e0138081_13551333.jpg


なぜかここで足に根が生えたように居座ってかなりの時間のんびりとしゃべっていた。

e0138081_13562784.jpg


e0138081_13564371.jpg


だいぶお腹がすいてきて甘いものを欲してきた参加者が多くなり、カフェ蔵四季へ。

e0138081_13585513.jpg


リンゴのタルトと紅茶をいただいた。

e0138081_140028.jpg


ここでものんびりと談笑。

e0138081_14171131.jpg


停めてあった我々の自転車が訪れる客の注目を浴びていた。

e0138081_1418149.jpg


これでも甘味が足りないということでお店の人に場所を教えていただき、和菓子屋さんへ。

e0138081_1432542.jpg


この商店街を通る道もどうも旧街道ぽく、いい感じだった。

e0138081_1443512.jpg


e0138081_1445375.jpg


しっかり帰りの電車の中でのおやつもゲットして駅へと向かった。

e0138081_1453935.jpg


貴生川駅から輪行。

電車も比較的すいていてこれだけの人数が固まっても問題ないほどだった。

電車の中でも楽しく談笑しながら帰路へと就いた。

いやぁー、ほんとにのんびりと楽しめたポタリングだった。

旧街道の歴史情緒あふれる雰囲気と自転車仲間と気さくに巡れて最高だった。

次回は山場となるであろう鈴鹿越えとのこと。

今回のポタリングを企画・先導して下さったmaekenさんをはじめ、参加者の皆さま、お疲れ様&ありがとうございました。

またご一緒できること楽しみにしております。
[PR]
by tac-phen | 2010-04-27 15:59 | 滋賀

東海道五十七次ポタ:草津~水口(サマリー)

4月24日(土)の昨日、maekenさん主催の東海道五十七次ポタに参加した。

第3回目の今回は、草津~水口までの行程。

午前中はやや肌寒かったものの、昼からは汗ばむ陽気。

風情のある街道筋をのんびりと走り、参加者の皆さんとの談笑を楽しんだ。

企画・先導して下さったmaekenさんをはじめ参加者の皆さま、お疲れ様&ありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。

ポタリングの詳細はまた後日ということで、その時の様子を少しアップしておきます。

e0138081_205947.jpg


e0138081_20594415.jpg


e0138081_2113360.jpg


e0138081_2141487.jpg


e0138081_2172761.jpg


なんせ”ブロガー”ですから!!
[PR]
by tac-phen | 2010-04-25 04:11 | 滋賀