カテゴリ:南大阪( 12 )

今回は"アメ”がたっぷり!!しかし最後は...-第4回関西ブロガー決起集会(後編)

大勢のサイクリスト集結!-第4回関西ブロガー決起集会(前編)の続き)

ヤムヤムを出た後は、食べた直後というのにアップダウンの連続。

これは再びこれまでの過酷な”ふりおとし”ライドの始まりか...

と思われたが最初だけで後は下り貴重でJR和歌山線沿いの雰囲気のいい集落をぬける極楽・快適ライドでした。

美しい山々に囲まれた谷にポツリポツリある集落は日本の原風景そのもの。

ロードで通り過ぎるのはもったいないところでした。

次回はブロでのんびりと写真をとりながら行きたいですね。

そして近鉄飛鳥駅に到着。

e0138081_8574027.jpg


広い駅前広場が大勢のサイクリストと自転車で一気ににぎわいます。

e0138081_8583738.jpg


ここでこの野獣の集いに勇敢にも女性一人での参加者が合流。

今までの決起集会の経緯を見て良く参加する気になったなぁと感心。

ここから飛鳥の里をのんびりと散策。

e0138081_903990.jpg


今まで幾度と着た明日香ですが、オカメさんの名ガイドでいろいろと勉強させていただきました。

そのうち彼はサイクリストボランティアガイドとして常駐することでしょう。

石舞台古墳へ。

e0138081_934981.jpg


皆さん、撮影に余念がありません。

e0138081_945786.jpg


紅葉的にはいまいちですが、それでも良き秋の風景でした。

e0138081_955744.jpg


こちらも良き(?)自転車風景でした。

e0138081_96473.jpg


近くにある明日香の夢市でランチ。

これまたブログやツイッターでよく話題になっていた黒米カレーを注文。

e0138081_99798.jpg


黒米だけでもいい味・食感だったのですがカレーとも相性ばっちり。

あっさり平らげてしまいました。

大盛りも同じ値段だったらしいので大盛りでもよかったなぁ。

この日は明日香サイクリングフェスティバルが開催されていて大勢のサイクリストが集まっていました。

e0138081_9112212.jpg


ブースもたくさんあってちょっと見学。

e0138081_9134928.jpg


アンカーかな、と思ったがよく見てみると...

e0138081_9124426.jpg


"Author"でした。

こんなメーカーあるの??

しばし見学した後、次の"アメ"に向かいます。

おおっ、ここ、ここ!

e0138081_91547.jpg


ラスティックベーカリー。

ここもよく話題に登り評判のいいお店で一度来たかったところです。

パンも非常に個性的で創作的。

e0138081_9172845.jpg


つくづくリュックを忘れてきたことを悔やみます。

ここもまた再訪しないといけないなぁ。

そしてお目当てはこれ。

e0138081_9181025.jpg


飛鳥米コルネ。

e0138081_9185534.jpg


米粉なのでさくさく感がすごくいい。

冷たいクリームとも相性がすごくよくめちゃうまかったし、100円とはまたお得。

この日はすっかりグルメサイクリングと化していました。

この後橿原神宮へ。

e0138081_9204258.jpg


この鳥居の前で記念撮影をしました。

e0138081_9212489.jpg


おそらくめちゃかっこいい写真になっているはず。

たーちゃん、give me, please!!

そしてここから一路西へと向かいます。

どんどん目の前に迫りくる山々。

そうです、当然、最後には"ムチ"が待っていました。

竹之内峠、以前幾度となくきたのですが奈良側から上がるのは初めて。

下るとあっという間だったのですが登るとえらい長い。

ヒイヒイいいながら登りました。

しかーし、これがまた爽快!!

この時思ったのですが、私的にはこういう"ムチ"も必要かと。

"アメ"ばかりだとその甘さもボケるが、こういう”ムチ"あるからこそ"アメ”の甘さが際立つのだと。

今回はいうまでもなく、これまでも過酷だったにもかかわらず決起集会が非常に印象深く、また次への楽しみにつながっているのは過酷な"ムチ”もあったからだと気付きました。

これを見越してプランニングしていたとすれば、主催者であるたーちゃんの洞察力に脱帽です。

それでも根強く残るどS変態説...

とにもかくにもめちゃくちゃ楽しい決起集会でした。

主催・企画して下さったたーちゃんさん、明日香を先導・ガイドして下さったオカメさん、そして参加者の皆さま、どうもありがとうございました。

もうすでに第5回の素案が固まりつつあるとのこと。

すでに今からわくわくです。

どんな"アメ"にどんな"ムチ"が用意されているのか乞うご期待ですね。
[PR]
by tac-phen | 2011-12-08 04:14 | 南大阪

大勢のサイクリスト集結!-第4回関西ブロガー決起集会(前編)

12月4日(日)に第4回関西ブロガー決起集会に参加してきました。

この決起集会はカリスマブロガー&ヒルクライム変態のたーちゃんさんがネット上でつながっているサイクリスト同志に実際に会って一緒に走りましょうと立案・企画したもの。

毎回その苛酷さが浮き彫りとなり参加の二の足を踏ませるという望ましくない状況に陥ったという状況を踏まえ、今回は誰でも気軽に参加できのんびり会話を楽しめるような設定とのこと。

その”のんびり”ムードを察してか今回はかなり多くの方が参加。

集合場所の河内長野駅前にはロードバイクがずらり。

e0138081_825577.jpg


自然と小さなグループごとに談笑が始まったがほとんどがお互い初対面とのこと。

e0138081_84191.jpg


これがサイクリスト気質というものだろうか、最初から打ち解けられる。

集合写真をとって早速長いサイクルトレインがスタート。

まずは金剛山トンネルまでのヒルクライム。

南大阪のサイクリストにとってはヒルクライムの聖地のような場所だが、私にとっては初めてのコース。

いつもブログやツイッターで話題になっているコースを楽しみにしていました。

最初のきつめの坂を越えると後はアップダウンの繰り返し。

多くのサイクリストが走るコースにしては路面も荒れていてそれほど適しているように感じられない。

観心寺で一人合流するのでしばし休憩。

e0138081_89347.jpg


このわずかな時間でもあちこちに談笑の輪ができます。

e0138081_810203.jpg


観心寺はなかなか風情のあるところでした。

e0138081_8112262.jpg


また別の日にゆっくりと中を散策してみたいものです。

e0138081_8115992.jpg


ここから少し登っては平たんな道、というような繰り返し。

狭い何間を登っていくので見上げる山が光のあたっている部分と影の部分がきれいなコントラストを作っています。

斜度はそれほどでなくても距離は結構あったでしょうか。

最後にきつめの斜度の登りをヒイヒイいいながら登ると工事現場のおじさんが”もうちょっと。"と声をかけてくれました。

このおじさんの掛け声がサイクリストに勇気を与えているそうです。

私もそれを実体験。

やっと金剛山トンネルへ。

e0138081_8164383.jpg


e0138081_8174290.jpg


実際登ってみて毎朝通勤前にここでトレーニングをしている方々がいるが真っ暗な中良くそんなことができるものだと改めて驚きました。

確信していえますが、その方々はやはり豪脚変態なのでしょう!

トンネルを抜けると一転、下り。

奈良県側の下りは絶景が臨めました。

e0138081_821714.jpg


e0138081_8212967.jpg


こちらは平たんなところがなく延々と下り。

ブレーキングがきつい。

ヒルクライムコースとしてはこちらの方がきついでしょうね。

この金剛山ヒルクライムも以前からブログやツイッターで多くのサイクリストの話題となっていて是非行ってみたかったのでそれが達成されて大満足。

そしてさらに多くの場で語られていてこれまたよだれたらたらで楽しみにしていた場所へと初めて行くこととなったのです。

それがここ。

e0138081_8272161.jpg


パン工房ヤムヤム。

e0138081_8291428.jpg


人里離れた山の中にあるのかと思っていましたが意外と住宅街の中でした。

e0138081_8295396.jpg


おっと、今日のお奨めの一番上に好物がありまっせ、カレー師匠!

狭い店内は大勢のサイクリストで一気にごった返します。

e0138081_8362341.jpg


これからまだ走ることも考慮したのですが食べたいものはきっちり食べておくというのもパンハンターの使命ですから結局...

e0138081_8374096.jpg


パンハンターの使命、なんて偉そうなことを言いながら用意していたリュックを家の玄関に忘れてくるという大失態。

まだまだ未熟者です。

結局たーちゃんさんお奨めのプリンディニッシュ、カレーパン、胡麻上げあんドーナツを食しました。

お奨めだけあってプリンディニッシュは目から鱗のおいしさ。

まさしく、”うーん、ヤムヤム!"でした。

ヒルクライムで厳しい後の達成感、そしてその後でおいしいもの...

この時点ですでに大満足でした。

が、今回の決起集会は今までからは全く考えられたなかった"アメ”がまだまだ待っていたのです。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2011-12-06 04:00 | 南大阪