カテゴリ:九州( 95 )

激しい雨に加えて再びトラブル発生!やっと3人そろい踏み-集合!宮崎アースライド with ブロンプトン⑤

おはようございます。

いや、時間的にはこんばんはかな(笑)

今日のロングライドに備えて12時に起きました。

最近休日は完全に起きる時間と寝る時間が定まらなくなってきました。

基本自転車の予定に合わせているからです。

そんな生活をしているせいかゴールデンウィーク前から脚の疲れがとれにくくなってきました。

それ以降、足に疲れを感じつつサイクリングやジムに行く日々が続いております。

これはやはりこの不安定な睡眠時間のせいでしょうか?

それとも1日2食も含めてエネルギー摂取不足なんでしょうか?

何かアドバイスがあれば大歓迎です。

よろしくお願いいたします。

さて今日の記事は念願の再会が実現した宮崎アースライドで集合!with ブロンプトンシリーズです。

いよいよスタート!参加者たちと交流を持ちつつも試練が..-集合!宮崎アースライド with ブロンプトン④の続き)

激しい雨に打たれつつも順調に進んできた宮崎アースライド。

しかしちょっとした登りにさしかかった時に異変が起きます。

ちょっと長めの登りだったのでギアを1段下げようとしたのですが、一度車体ががくんとなったかと思うとギアがシフトレバーがすかすになりギアが変わらなくなりました。

えーっ、どうした...

今入っているギアは一番トップです。

坂の途中なのでここでこのギアはきつい...

しかし足もつきたくなかったので我慢して必死にペダリングします。

あまりにスピードが落ちたので後ろの方もびっくりされたでしょう。

異常が発生したことを一緒に走っていたtanさんに伝え、とにかくエードステーションで修理するために先に進みます。

ここからとにかく爆走です。

坂をも一気に勢いで行ってしまおうという作戦です。

まだまだ序盤でしたが、早く次のエードステーションに着きたかったのでどんどん前の人を抜いて行きます。

参加者のほとんどがロードの方でしたが、私が抜いていくたびに...

"えーっ、小径車??”

”こんなかわいい自転車に抜かれるの?”

”速っ!!”


とか驚嘆の声が聞こえます。

普段の私なら勘違いしてしまいそうですが、そんなどころではありません。

こっちは全力を使い、後半のことなど考えていないという無謀をしているだけなのです。

その証拠に坂にさしかかると一気にペースダウン、その驚嘆の声をあげた方々にあっさりと抜かれて行きました(笑)

”坂を勢い”作戦はこうやって無残にも失敗に終わりました(笑)

そしてなんとか次のエードステーション、鵜戸神宮に到着しました。

e0138081_5445075.jpg


まずは屋根のあるところを探してそこで自転車を停めます。

いったい何が起きたんや...

各部をチェックしていくとすぐに原因がわかりました。

内装ギアにつながっているシフトチェーンがねじの部分で外れていたのです。

まさか道に落ちてしまったのでは...とあせりましが、ぶらんと垂れ下がってくっついていました。

ホテルでパンク修理した時、きっちりは締めていなかったのでしょうか?!

これが無くなっていたらえらいことでした。

再びねじでつなぎ、ギア調整します。

そしてしっかりねじを締めて修理完了。

また外れる心配はぬぐえませんでしたが、とにかく一安心です。

かなり飛ばし、心身共に追い込んだのでかなりお腹が空いてきました。

エードステーションで、かりんとう、おちち飴、マンゴージュース、チョコレートと次から次へと食べまくりました。

あまりに食べまくっていたので、スタッフの方が...

"これ袋ごとどーぞ”

とおちち飴を下さりました。

このおちち飴は子供を出産した女性でお乳が出にくい方が食べるとお乳が出るようになるという飴らしいです。

"これで僕もお乳が出るようになるかな?”

というとその女性スタッフは吹き出してました(笑)

鵜戸神宮はそういった出産にまつわる神が祀られているそうですごく魅力的なところらしいのですがあいにくの天候のためしっかりと見れなかったのが残念です。

このエードステーションは屋根になるところが少なくて参加者がごった返していました。

その中からなんとかtanさんを見つけました。

しかし次から次へと参加者が到着してきてちょっとした混乱状態です。

もはやこの場所へと避難しているかのようでした。

するとなんとmoumouさんがやってきました。

なんと我々より20分遅れでスタートしたそうです。

その差をよく詰めまたね!

驚異的な走りだったことでしょう。

ここでやっと110キロ組、moumouさん、tanさん、私がそろったのです。

ここから3人で出発します。

次のエイドステーションで時間足切りが行われます。

ここで足切りに引っ掛かると60キログループとともに列車で強制送還されます。

つまり60キロコース参加のU事工事、いやこーじさん&U太君の親子コンビと一緒に宮崎まで帰ることになるのです。

"また後で”と勢いよくテンション高く先にスタートしたのにそれだけは避けなければなりません。

時計を見ると焦るほどではないですが意外と残り時間が少ないのに驚きました。

順調にいけば問題ないですが、先ほどトラブルがあっただけにちょっと心配です。

しかし雨も少しずつ上がってきて明るくもなってきました。

我々3人を含んだ数人の列ができてその中で流れるように進んで行きました。

そしてなんとか時間内に時間足切りチェックポイントの飫肥城址に到着しました。

e0138081_6173125.jpg


ここで昼食タイムです。

ここでの昼食のシステムはちょっとした工夫が凝らしてありました。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-05-13 00:22 | 九州

いよいよスタート!参加者たちと交流を持ちつつも試練が..-集合!宮崎アースライド with ブロンプトン④

昨日はチーム268We Doさんのパンハンティングライドに参加してきました。

"パンハンティングライド"と銘打つとすごくのんびりサイクリングのイメージがわくと思いますがとんでもない!!

巡航速度40キロ以上のどMな高速ライドでした。

序盤からついていくのに必死...

すぐに脚にきました。

普段こんなハードライドを全くしていなかった私にはすごくいい経験でいろいろ気づくいい機会となりました。

高速での走り込み不足、先頭を曳こうとするとあせって踏んでしまうこと、コンディション作り...

自分の走りを見直し、なんとか必死にこのレベルの走りについていけるようになりたいです。

さて今日の記事は念願の再会が実現した宮崎アースライドで集合!with ブロンプトンシリーズです。

まさかのトラブル..いや、不幸中の幸いや!俺はついてるで!-集合!宮崎アースライド with ブロンプトン③の続き)

いよいよ宮崎アースライド、スタートしました。

予定走行時間ごとに段階的にスタートしていきます。

tanさんと私はかなり前目のスタートです。

会場が河川敷にあるのでそれほど混雑せず安全でした。

河川敷から離れると宮崎市街です。

町の中に突如長蛇の自転車の列が現れて道行く人々は驚いていましたね(笑)

e0138081_43741.jpg


ドライバーも何事かと思われたでしょうね。

e0138081_4374484.jpg


市街地から空港線と呼ばれる道へ進んだのですが、道や路肩が広くとても走りやすかったです。

それにボランティアの方が分岐に必ずいたので安全に間違いなく進めました。

しかしさすがに短時間で走りぬけようとするグループです。

スピードはなかなかのもので最初からこのペースで行って大丈夫かと少々不安に...

そして第一エードステーションに到着です。

e0138081_4411168.jpg


ここで白戸太郎さんに声をかけて記念撮影。

e0138081_442314.jpg


気さくに応じてくださいました。

下半身だけでなく、上半身もよく鍛えておられるのには驚きました。

スタートから注目を浴びていたひよこガールズとも交流♪

e0138081_444213.jpg


tanさんも。

e0138081_4454099.jpg


ここでブロンプトンを発見。

e0138081_448472.jpg


たくさんの人がいたのでオーナーが誰かわからず、”あれっ、ブロンプトンや!どなたのー!”とわざとめちゃでかい声で言ったのですが、反応はありませんでした(悲)

このエードステーションで遅れてスタートのmoumouさんを待ちます。

しかしその間に雨が降り始め、どんどん強くなってきました。

天気予報は雨だったのですが、最初降っていなかったので安心していましたがとうとうやってきました。

それどころか”どーん!”とすごい雷。

これは予想外でえらいことになってきたなぁ、と焦ってました。

moumouさんはまだ来られてませんが、体もかなり冷えてきたので再び出発します。

今度は雨の中のライド。

雨つぶが体にあたりサングラスがぬれ視界が悪くなります。

しかし毎回不思議なのですがしばらくすると慣れてくるんですよね。

普通に走っている分には雨も気にならなくなってきて、それ以上に路面との摩擦が減るのか、はしりはより順調になりました。

ただ滑りやすくなっているので調子に乗らず細心の注意を払いました。

市街を離れ、青島へと向かいます。

昨夏の九州12日間の旅で来た時は宮崎~青島までは列車輪行したのでここを走るのは初めてです。

細くてごちゃごちゃしているのかと思ったのですが意外と走りやすかったです。

少しアップダウンがあるくらいでそれほどきつくはなかったです。

そして次のエードステーション、道の駅フェニックスに到着です。

ここからは絶景が臨めるはずですが...

e0138081_584130.jpg


あいにくの天候でこんな感じ...

鬼の洗濯岩は相変わらず見事な自然の驚異でした。

e0138081_594396.jpg


ここで休憩している時にどんどん雨が強くなってきました。

滝のように道路に打ちうけられたかのような強い雨です。

e0138081_5122226.jpg


皆さん屋根のあるところで雨宿り...

e0138081_5131853.jpg


ここから下りですし、この雨では出発もためらいます。

このエードステーションでもmoumouさんが追いついてくるのを待ちます。

その間にいろいろな方と交流。

ここで先ほどのブルーのチタンのブロンプトン乗りの方と会うことができました。

e0138081_5145217.jpg


静岡から来られていてあのブロンプトンクラッシックで5位になられた豪脚のブロリストです。

大分から来られたトライアスロニストの方にコースのこといろいろ教えていただきました。

e0138081_5165046.jpg


東京から単身乗り込んできた女性ライダー。

e0138081_517399.jpg


いやはや、ヤマトナデシコはたくましい!

待っている間にステーションに並んでいる補給食をいろいろいただきました。

e0138081_519252.jpg


かなり長い時間、このステーションにいたのですがmoumouさんはまだやってきません。

スタート時最後尾におられたのでかなり遅れてスタートしたようです。

時間足切りもあるのであまりゆっくりもしておられません。

体もめちゃ冷えてきたので泣く泣く出発します。

相変わらず雨が強く降ってますが、ちょっと走ると体も暖まってきます。

停まっているより、快適です。

路面はやばいものの車が少なかったことに救われました。

しかし思わぬトラブルにここで見舞われることになるのです。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-05-09 00:32 | 九州

期待を粉々に打ち砕いた激坂。そびえたつ由布岳に驚愕-湯布院・別府・大分:ブロンプトンと九州リベンジ⑰

今日は豪脚サイクリストの集まるチーム268さんのサイクリングに参加させていただきます。

それで昨日自転車をチェックしたらインナートップに入れるとどうもフロントディレイラーがチェーンと接触している模様...

あわててショップに持って行きチェックしていただきました。

するといとも簡単に”ギアを帰るのではなくフラップしてディレイラーの位置をずらす機能が付いていることご存知ですか?!”

と。

そういえば自転車を買った時にそんな説明受けたなぁ、と思い出しました。

フロント2枚でリアが10枚だとどうしてもディレイラーとチェーンがすれるポジションが出てくるのでもともとそういう機能がつけられていたんだそうです。

普段インナートップに入れることなんてほとんどないのですっかり忘れてました。

そしてその時にクリーニング不足を指摘されました。

GW中に雨にあった後、クリーニングしたのですがまたすぐに汚れていたようです。

どうもディグリーザーやチェーンオイルの量が少ないうえに、オイルを刺した後しっかり拭きとれていないので汚れやすくなっているそうです。

さらに普段同じようなギアばかり使っているので磨耗の仕方にすごく偏りがあるそうです。

まだまだ勉強不足、知らないことだらけ...

もっと頻繁にショップに通っていろいろ教えてもらおうかなと思った次第でした。

さて今日の記事は昨秋に行ったブロンプトンと行く九州リベンジシリーズ最終章です。

(広大な草原、まっすぐに延びる道...絵にかいたような草原ー長寿が原・ブロンプトンと行く九州リベンジ⑯の続き)

そしてこのまっすぐに延びる道を進んでいきます。

e0138081_18365621.jpg


ここからは下り貴重だと思っていましたが、結構アップダウンがあります。

e0138081_18375588.jpg


これまでの素晴らしい雄大な絶景の連続のため、予定以上に時間を使っていてちょっと急がなくてはなりません。

小刻みに表れるアップダウンに脚の疲労もたまってきたところでやっと水分峠に出てきました。

e0138081_18401915.jpg


前日地図で確認していてここから大分に向けては下るのみと思っていた私はホッとしました。

車が急に多くなったので注意しつつ下って行きます。

眼下に由布院の町が見えます。

e0138081_18422114.jpg


後はのんびり下って大分で飯にしよう、などとのんきに考えていました。

町まで下りてくると正面に高い山がそびえ立っているのに気がつきます。

あれ???

こんな山あったっけ??

いやいや、違う方向やろ。


しかし、どんどん山に近付いて行って、その分山も巨大に見えてきます。

すると山の横を見ると九十九折れの道があるのに気がつきました。


いやいや、まさか...


コンビニの近くを通ったのでとりあえずまさかの事態に備えて軽くエネルギー補給をします。

その時にコンビニのおばちゃんに聞くと衝撃的な答えが!

”そうですよ、あの道を越えると別府に抜けますよ。 自転車ですか?!結構きついと思いますよ”

ええーっ、やっぱり。

超計算外でした。

しかもこのコンビニを過ぎたらすぐにカーブで曲がるとそこから急坂が始まりました。

最初な森林の中を通るのですが、斜度がめちゃきつい。

そして森林を抜けると斜度は緩やかになるものの、ものすごい風です。

風に翻弄されて、もともと気を緩めていたのでえらい厳しいライドとなりました。

それでも我慢しペダルをこぎます。

厳しくてもちょっとずつでの自転車は進むんですねー。

ふっと道が平らになったかと思えばあの前にぞ冷え立っていた山の中腹まで来てました。

e0138081_18532458.jpg


由布岳です。

まさかこんな高い山を見落とすなんてー。

e0138081_18541858.jpg


ちゃんとルートマップを引いてれば気づいていたんでしょうか?!

そして先は下りになってました。

今度は逆にここからの下りが強烈でした。

森林の中をずっと下って行きます。

ほとんど平坦部分はなくずっと下りです。

それを抜けるとやっと海が見えてきました。

e0138081_18563136.jpg


海が見えてからの斜度がもう一段強烈なものとなりました。

ブロンプトンではブレーキングがめちゃ大変です。

それほど広い道でもないので車にも気を配りながら精神的にもきつかったです。

かなり延々下ってやっと町が見えてきました。

e0138081_18582411.jpg


手前が別府、向こうが大分の町です。

この写真を撮るのに停まるのも相当苦労しました。

そして町に入ってもずっと坂です。

別府公園。

e0138081_1902047.jpg


バックに見えるのは由布岳です。

ここから先もまだ下りです。

結局海に出るまで切れ目のない下り、しかも相当きつい斜度です。

この時点で九重の絶景を見て思い浮かんだプラン、次回は大分~やななみハイウェイ~阿蘇の絶景を正面に眺めながらの極楽プランは消滅したのです。

そして別府から海沿いの自転車道を走り大分へ。

e0138081_193267.jpg


e0138081_1934692.jpg


大分からフェリーで関西に戻ってきました。

いやぁ、今回のリベンジの旅、感動的でした。

阿蘇のリベンジだけでなくやまなみハイウェイの周りの高原、山は自然の美しさと規模を存分に体で感じられました。

そしてこの世のものと思えないほど美しく、雄大で、透明感あふれる絶景...

リベンジどころかまだまだ全然その魅力に気付いていなかったことを知らされました。

そしておそらく、まだまだ沢山のまだ見ぬ素晴らしいところがたくさんあるのでしょう。

この地にはこれからも頻繁に、季節を変えて行くことにします。

もはや旅に終わりはないですね。

(了)
[PR]
by tac-phen | 2012-05-08 02:09 | 九州

広大な草原、まっすぐに延びる道...絵にかいたような草原ー長寿が原・ブロンプトンと行く九州リベンジ⑯

ゴールデンウィークの後半がスタートです。

雨の予報もだいぶ改善され幸先のいいスタートとなりそうですね。

後半に備えて昨日は愛車のRNC7とブロンプトンを徹底クリーニングしました。

事故やけがに遭わないよう細心の注意を払いながら思う存分楽しみたいものです。

さて今日の記事は昨秋に行ったブロンプトンと行く九州リベンジシリーズです。

(周りを見渡せば九重連山、そして遠景には阿蘇も!ー牧の戸峠・ブロンプトンと行く九州リベンジ⑮の続き)

さあここから下りです。

下りはもちろん、景色のいいところでは自転車を停めます。

e0138081_1831521.jpg


下りは風を切る気持ちよさもありますが、これだけ絶景の宝庫を逃す手はないでしょう。

e0138081_1845963.jpg


e0138081_1852283.jpg


空は真っ青の快晴♪

天気にも大いに恵まれてました♪

e0138081_1865416.jpg


e0138081_1873475.jpg


これは何山何でしょう??

三俣山??

普段あまり山の名前をチェックしないのですが、地図で見ても山が連なっていてわかりにくいです。

こういう場所に来たときはハイカーの方に効くなどしてチェックしておくことにしましょう。

e0138081_18144862.jpg


下ってくるとまたも高原が開けています。

e0138081_18112117.jpg


長寿原にやってきました。

e0138081_1813978.jpg


山の中腹から煙が上がっています。

e0138081_18135411.jpg


これは噴煙なんでしょうか??

やまなみハイウェイに沿うように小さな小川が流れていました。

e0138081_18165171.jpg


この川はなんと筑後川の源流なんだそうです。

e0138081_18173258.jpg


筑後川って有明海に流れていますよねー??

なんか全然想像がつきません。

e0138081_18184929.jpg


143キロも流れて河口までたどり着くんですね。

この長寿原からは一直線の道がはるかかなたまで延びてました。

e0138081_1820596.jpg


後ろを振り返るとこれまた絶景です。

e0138081_18214746.jpg


この時思ったのですが大分からやまなみハイウェイを走ってくるとこの風景や通り過ぎて来た絶景を正面に見つつ阿蘇へ、という素晴らしいコースとなるんやなぁ、なんて考えてました。

次回はこのパターンで行こかな♪

なんてわくわくしておりました。

この時点では...

e0138081_1825202.jpg


こうやって写真を撮っていると一人のご婦人が...

"写真、撮りましょうか?”

と声をかけてくださいました。

"いや、私は結構です。それよりも私が撮りましょうか?”

と聞くと、

”いや、私は今ちょっと...主人が来るの待ってるんです。”

”ここで待ち合わせなんですか?”

”ええ。というより主人も同じなんですよ。”

とブロンプトンを指していいます。

どういうことやろ??

”今自転車でこっちに向かっているんです。先に行って待っていてくれって...”

と話しているとはるか道のかなたに小さい姿が見えてきました。

なんと湯布院のほうから自転車でずっと登ってきておられるそうです。

e0138081_18311517.jpg


この先大観峯まで行かれるとか。

"この先素晴らしい絶景の連続ですよ♪これからです!!”

とこれまでの感動を興奮気味に話しました。

やっぱりやまなみハイウェイを別府側から来るのはベストコースになるやろなとさらに次回へと期待が高まりました。

e0138081_1835859.jpg


あくまでこの時点では...

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-05-03 01:26 | 九州

まさかのトラブル..いや、不幸中の幸いや!俺はついてるで!-集合!宮崎アースライド with ブロンプトン③

ゴールデンウィークも前半がすでに終わりつつありますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は昨日このGW最大のチャレンジ・フルビワイチ+片道自走を完遂しました。

300キロには届いていないのかな...しかし自己最長です。

ここ1週間ほどずっと体を動かしているのでそろそろ疲れが出てくるころ...

無理して怪我などしないように継続的に楽しく過ごしたいものです。

今日はこれから崩れる天気を考えると貴重な一日になりそうです。

思う存分楽しみたいと思います。

今日の記事は念願の再会が実現した宮崎アースライドで集合!with ブロンプトンシリーズです。

こーじU太親子のコンビに感服!宴会でより一層の親睦を形成-集合!宮崎アースライド with ブロンプトン②の続き)

宴会からホテルに帰った後、速攻で就寝しました。

なんせ18日の当日は6時~7時に会場に行っていなければなりません。

しかし眠りながらもどこか興奮していたのか3時30分ごろ自然と目が覚めました。

トイレから出て来た時にちょこんと置いてあるブロンプトンに目がいきました。

愛おしいものをいたわるかのようにブロンプトンに触ると後輪に手が触れました。

その時衝撃が走りました!

なんかプニョプニョしています。

まさか...

もう一度後輪のタイヤを押すと抵抗なくふにゃ...

なんとパンクしているではありませんか!

ちょっと目覚めただけなので眠気眼だったのですが一気に目が覚めます。

ご存知かもしれませんがブロンプトンの前後輪はクイックリリースではありません

なので、特に後輪はパンク修理に思わぬ手間と時間がかかるのです。

チェックアウトを考えると5時には万全に準備していたいところです。

1時間30分あるのでパンク修理するには十分時間はあります。

まずそのことを確認すると少しホッとしました。

しかしもし予定の時間に起きて、しかも部屋を出るまでそれに気付かなかったらえらいことでした。

そう考えると自分はついているのかも、不幸中の幸いでした。

一瞬肝を冷やしましたが冷静になることができ、きっちりパンク修理に取り掛かることができました。

チューブを調べてみると鋭利なものを踏んでタイヤを突き抜けチューブまでしっかりと刺さっていたようです。

なのでスローパンクではなく、ホテルに着くほんのちょっと前にパンクした可能性が高いです。

そしてあわててパッキングをして部屋を出る準備にかかりました。

朝シャワーを浴びようと思ってましたがそんな時間は到底ありませんでした(悲)

ロビーに降りてチェックアウトするとフロントのカウンターに私の名前が入った包み紙が置いてありました。

特別に作っていただいた朝食です。

e0138081_1554063.jpg


実はこのホテルは朝食付きなんですが朝6時30分からなんです。

なので宮崎アースライドに参加する方も多く宿泊していたので時間を早めるようにお願いしました。

するとお弁当のような形になら出来ますが、と提案下さったのです。

まだ時間があったのでロビーでいただくことにしました。

すると朝食の準備をしていたスタッフさんが”スープいかがでしょうか。”

と声をかけてくださり、スープを運んできてくださいました。

見事なサービス精神に感動しました!

実はこのホテルのスタッフの気遣い、サービスに感動したのはこれだけではありません。

アースライドに向けていろいろ準備していく中でいろいろ相談に乗っていただくことがあったのですがすべて前向きになんとかしてくれようと対処して下さる姿勢に感銘の連続だったのです。

しかもリッツカールトンなどのような高級ホテルではなく、単なるビジネスホテルで楽天とラベルで申し込むと1泊朝食付きで3000円のところです。

やっぱりこういうのは箱ではなくその中で働く人次第なんだなぁとしみじみ感じました。

宮崎に行かれる時は是非このホテルにお泊まりください。

おっとホテルの名前を言ってませんでしたね。

宮崎ファイブシーズホテルです。

自信を持ってお勧めします。

いろいろあったものの時間前には会場に到着しました。

すでに駐車場には多くの車があって皆さん準備を始めています。

e0138081_16152461.jpg


天気予報では雨でしたが雨は降っていません。

いろいろ準備しないといけないので雨だと厄介ですが、やはり我々はついてます。

moumouさんとtanさんも自転車を組みます。

e0138081_1616834.jpg


そしてスタート地点へ。

e0138081_16181741.jpg


続々と参加者が集まってきました。

e0138081_16185156.jpg


たくさんのサイクリストに自転車、この雰囲気いいですね。

イベントならではの光景です。

我々110キロコースエントリーも気合が入ります。

e0138081_16204362.jpg


そして60キロコースエントリーのこーじさん、U太くんコンビも合流。

e0138081_1623610.jpg


どうですか、やる気満々でしょう(笑)

そして集合がかかり、スタートゲート前で予定走行時間ごとに別れて集まります。

110キロ組は当然...

e0138081_1626168.jpg


最速のグループ、4時間以内で走りきるグループです!

e0138081_16271139.jpg


tanさんも余裕の笑顔です。

e0138081_16265037.jpg


しかし実際の作戦は途中のチェックポイントでの足切りを避けたいのでスタートの一番早いグループに混ざろう、というものでした。

なんせこれだけの参加者がいるのですから後になればなるほどスタートは遅くなるわけです。

e0138081_16324842.jpg


しかしブロンプトンでこのグループにいることで目立ってしまい、幸か不幸かいろいろな人に声をかけてもらいました。

"これで4時間以内で走るの!すごいねぇ!”

"いやぁ、まあ...とにかくチャレンジです!”

なんて風に答えてました(笑)

e0138081_16362793.jpg


まあ驚かれるでしょうね、ブロンプトンでこのグループは。

4時間以内で走り気はさらさらなかったですから(笑)

なんせこのグループこんな方もいるんですよ。

e0138081_16383530.jpg


ついていけるわけはありません。

せめて記念撮影でもとお願しました。

e0138081_16392953.jpg


いよいよ開会式が始まりました。

e0138081_16402085.jpg


コース設定をされた白戸太郎さんがあいさつされました。

続いて市長??知事??

e0138081_16412557.jpg


タレントの田中律子さんもゲスト参加されるようです。

e0138081_1642730.jpg


110キロ組の我々もいやがうえにもテンションが上がります。

e0138081_16432221.jpg


110キロ組の我々...あれっ、1人おらへんぞ!?

moumouさんがいない...

この写真を撮ってくれたこーじさんの話だとこんなグループで走れないと一番最後尾に移動したんだそうです。

ええーっ!?

結局110キロ組はこんな感じで別れてスタートしたのです。

しかし和気あいあいとしたイベントのはずですが、この後ものすごい試練が待っていたのです。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-05-01 03:19 | 九州

こーじU太親子のコンビに感服!宴会でより一層の親睦を形成-集合!宮崎アースライド with ブロンプトン②

昨日は久々に日曜日にジムに行ってきました。

平日と違って日曜日にジムに来ているメンバーは違うので数カ月ぶりに会いました。

以前から知り合いだった女の子が近づいてきて

"お久しぶりです。どうしてたんですか?”

"いやぁ、週末はいろいろ忙しくて...”

"実は私今度結婚して引越しするのでここのジムは今日が最後なんです。最後にお会いできてよかったです。”

以前ジムに入り浸りだった5年ほど前からよく話していて、仕事や人間関係などの悩みもよく聞いていた娘だったので結婚すると聞いて感激。

そのほかにも久々にお会いした方々といろいろ歓談。

トレーニングよりもほどんどしゃべっていたかなぁ。

ちょっと顔を出さない間に周囲の方々もそれぞれの人生を歩んでいるんだなぁと思った次第でした。

今日の記事は念願の再会が実現した宮崎アースライドで集合!with ブロンプトンシリーズです。

昨秋より念願の集合が実現!!-宮崎アースライドで集合!with ブロンプトン①の続き)

さあ、待ちに待った5人でのライドがアースライドの前に行われるわけでわくわくします。

宮崎は3回目ですが宮崎市内を案内していただくのは実質初めてです。

まずは夜の宴会場所を確認。

e0138081_117565.jpg


そして平和記念公園へ。

e0138081_119861.jpg


なんとU太くんが流暢にガイドしてくれます。

e0138081_1110880.jpg


その見事なガイドぶりに父親であるこーじさんもご満悦、を越えて驚いておられました。

e0138081_11113277.jpg


この塔はいろいろなところからの石が使われていてそれが刻印されています。

e0138081_11122693.jpg


天気がよければここからの眺めもいいそうです。

e0138081_11132032.jpg


それにしてもこーじさんとU太くん、親子というより親友同士のような仲のよさです。

理想の親子像を見たようで感服しました。

そして近くのはにわ園へ。

e0138081_11141928.jpg


宮崎県内で発掘された埴輪のレプリカが園内に飾られているそうです。

e0138081_11152378.jpg


東京オリンピックの聖火リレーの起点がこの平和公園で、これは聖火台だそうです。

資料館にも入りました。

あの平和の塔にはこんな意味があったんですね。

e0138081_11174127.jpg


ここでもU太くんが館のスタッフに負けないほどのガイドぶりを発揮。

この若さで末恐ろしい...

はにわ園の周りには3月中旬というのに桜が咲いていました。

e0138081_1120319.jpg


陽光桜という桜だそうです。

e0138081_11203990.jpg


さすが南国・宮崎ですね。

こちらではやっと今桜が満開になったころだというのに...

駐車場でお互いの自転車の乗り比べ。

e0138081_1122872.jpg


e0138081_11224346.jpg


こういうのもならではですよね。

私も試乗させてもらいました。

e0138081_11234210.jpg


お互いの自転車に乗って再び談笑。

いやぁ、楽しいですね。

そして交通公園へ。

e0138081_11255140.jpg


ここでもど鉄のU太君の説明に聞き入る大人達。

e0138081_15343521.jpg


これは播磨の豪脚漫才コンビにも曳きあわせねばなりません!!

一度ホテルに戻って自転車をおいてから宴会会場へと向かいます。

今回の集合を祝して...

e0138081_1129015.jpg


カンパーイ!!!

宮崎の地の料理に舌鼓を打ちつつ談笑の花が咲きます。

e0138081_11303649.jpg


こーじさんが所属しているランニングクラブの方も来て差し入れもして下さりました。

e0138081_11313539.jpg


このいも焼酎にmoumouさんがえらく感激。

バーとかで飲むとものすごく高いものだそうです。

私も好奇心で少しいただきました。

アルコールも入りさらに皆饒舌に!

料理も次から次へと出てきます。

e0138081_1133284.jpg


e0138081_1133536.jpg


e0138081_11342547.jpg


もちろん楽しみにしていた宮崎地鶏も♪

e0138081_11353284.jpg


e0138081_1136244.jpg


宮崎・延岡が発祥の地とされる鶏南蛮。

e0138081_11365164.jpg


e0138081_11372384.jpg


どれもめちゃくちゃうまかったです。

1日2食が続いていていが小さくなった私もどんどん食べてしまいました。

これで食べ放題、飲み放題でなんと3000円!

驚くべき安さ、おいしさです。

このお店はこーじさんが所属されているランニングチームおなじみの店で特別かなと思ったのですが宮崎ではこれが普通なんだそうです。

宮崎、なんて住みやすい場所なんだ!

思いっきり話し、笑い、食べて大盛り上がりの前夜祭でした。

昨秋よりこの日を楽しみにしていただけにめちゃうれしかったです。

夢心地のまま眠りに着きました。

さて次の日は宮崎アースライドです。

しかしいきなりトラブルが待ちかまえていたのです。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-04-23 02:42 | 九州

周りを見渡せば九重連山、そして遠景には阿蘇も!ー牧の戸峠・ブロンプトンと行く九州リベンジ⑮

昨日は直前までの天気予報ががらりと一転、雨は全く降らずいい天気でしたね。

今日は走れなさそうなので200キロほど走ってきました。

週末のうちの一日でも走れて大満足です。

久々に京都の北山に行ってきましたが適度に峠、思わぬところにある集落、そして牧歌的な風景、走りやすい道と素晴らしいところでした。

旅に出ても思うことですが、ほんと日本は国土は小さいものの素晴らしいところがたくさんあって恵まれてますね。

今日は雨ですね。

どうやって過ごそうかな...

ちょっと体は動かしに行く予定...

そうすれば食べ物もおいしく食べれるしね♪

さて今日の記事は昨秋に行ったブロンプトンと行く九州リベンジシリーズです。

(この世のものと思えぬ、美しく、雄大で、透明感あふれる絶景に感動・驚愕!ーブロンプトンと九州リベンジ⑭の続き)

今まで見たことのない感動的な絶景に後ろ髪を引かれつつも再び登り始めます。

e0138081_17452725.jpg


この辺りでは紅葉が始まりかけてました。

e0138081_17461373.jpg


e0138081_17463833.jpg


しばらくすると牧の戸峠に到着。

e0138081_17474055.jpg


なんとここの駐車場は車でいっぱいでした。

e0138081_17483784.jpg


どうもここまで来るまできてそこから近隣の山々に登る人が多いようです。

この辺りまで来るとところどころ紅葉しています。

e0138081_17501126.jpg


よくわからないままとりあえずここまできましたが、こんなところにいるようです。

e0138081_17512694.jpg


トレッキングとまではいきませんがちょっとその辺を歩いてみました。

e0138081_17531065.jpg


これから進む予定の北側の山々がきれいに見渡せます。

e0138081_1755210.jpg


e0138081_17553319.jpg


牧の戸展望台からは阿蘇山系も見渡せます。

e0138081_17563940.jpg


先ほど見た絶景を思い出します。

e0138081_17573638.jpg


阿蘇五岳がここまできれいに見えるとは驚きです。

駐車場の南側にもトレッキングコースですが、この高さからだと確かに歩きやすそうです。

e0138081_1759912.jpg


e0138081_180927.jpg


平日なのにこれほど多くの人がきているのもうなずけますねー。

ところどころで絶景が拝めるのでしょうね。

今度来る時は阿蘇だけに重点を置かず九重にも日にちを割いてトレッキングなんてのもよさそうです♪

e0138081_1821261.jpg


またまたじっくり来てみたくなった場所が増えました♪

リベンジどころかますます知らなかった魅力に取りつかれてきてます。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-04-22 03:29 | 九州

この世のものと思えぬ、美しく、雄大で、透明感あふれる絶景に感動・驚愕!ーブロンプトンと九州リベンジ⑭

昨日は愛知からの来客を迎えてのサイクリングでした。

迎えて、と言っても播磨豪脚すかし漫才兄貴達が素敵な企画をして下さり私は単なる参加者でした(笑)

愛知からこられた方々とは今回初めてお会いしたのですが、普段サイクリングではあまりしない話題で大盛り上がりでした。

いやはや、話題も今やグローバルになったものだと皆で感心してました。

今回も初めて会った方々とは思えぬほど打ち解けて自転車+ブログの威力を再認識しました。

いや、ほんと楽しくて仕方がありません。

こんなふうにどんどん自転車やブログでコミュニケーションをとっている方々とどんどん会って行きたいです!

さて今日の記事は最高の天気に恵まれリベンジ遂行中のブロンプトンと行く九州リベンジシリーズです。

(広大な高原と遠景の阿蘇の山々を眺めてーやまなみハイウェイ・瀬の本高原:ブロンプトンと九州リベンジ⑬の続き)

展望所にはたくさんの車やバスが停まっていて、大勢の方がガードレールにわきにかたまってました。

時に歓声ともため息ともとれる声をあげてました。

私もそこに近付いてガードレールのところまで行きました。

そして今までに見たことのない美しく、雄大で、透明感あふれる絶景を目にしたのです。

e0138081_6525382.jpg


!!!!!!!

この世のものかと思えるほどの絶景です。

”すごい、めちゃすごい..."と思わず声を出しました。

e0138081_654598.jpg


雲の上に阿蘇山が顔をのぞかせ、その雲もやや透き通っていて下界の町や田園風景が臨めます。

あまりに非現実的な光景で模型のようにも見えます。

e0138081_657031.jpg


バックにそびえ立つ山とは対照的に光を浴びて輝く雲...

こんな壮観な景色今まで見たことがありません!

e0138081_713932.jpg


e0138081_72876.jpg


e0138081_724444.jpg


阿蘇山系のよりさらに遠くの山々まで浮かび上がってます。

e0138081_74031.jpg


思わず魅入ってしまいます...

e0138081_76558.jpg


改めて写真で見ても感動しますが、実際に見た風景はこれどころではありません。

風景の透明度、ワイド感、奥行き、色の鮮やかさ、どれをとっても写真では納まりきらないすごさでした。

観光客を載せて来たタクシーの運ちゃんが”こんなにすごい景色なかなか見れないよ。いい時に来たねー”と言ってました。

1年に1,2回見れるかどうか、見れてもこれだけすごいのはそうは見れないともいってました。

e0138081_7123278.jpg


なんとか見た目に近い、感動を受けた風景を納めたかったのですが何回とってもこの程度です。

是非この幻想的で感動的な風景を皆さまにも実際見ていただきたいです。

あまりの感動に心を奪われました。

やっぱり自然てすごい!!

これは人工ではできない壮観さでしょう。

e0138081_7165599.jpg


e0138081_7172569.jpg


もっといいカメラならもっと見たままに撮れたのでしょうか?

それとも腕前の問題なんでしょうか?

いや私はやっぱり写真ではこの風景と感動を収めるのは無理ではないかと思います。

今ブログ記事を書きながら写真を見て思わずあの風景を思い出していました。

またあの感動的な風景を生で見てみたいという衝動がどんどん強くなってきてます。

しかし先に進まなければなりません。

いつまでも眺めていたい気持ちを断ち切り先へと進みます。

しかし先を行こうとしたのですがもう2度と見れないかもと思うともったいなくて、もう一度この場所に戻りました。

言葉でも写真でもこの感動をそのままにお伝えできないのが非常に歯がゆいです。

今度こそ思いを断ち切って先に進みました。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-04-15 00:59 | 九州

昨秋より念願の集合が実現!!-宮崎アースライドで集合!with ブロンプトン①

おはようございます。

昨日はものすごい雨でしたね。

これで満開だった桜は散ってしまったのでしょうか?!

雨がやんだ後に外に出ると近所の桜はしぶとく残ってまだまだきれいに咲き誇っていました。

開花が遅れている分まだまだ楽しめるようですね。

さてブログですが、やっと重い腰を上げ再び書きはじめました。

3月からの2回の旅以降は全然書いておらず、今まで書き溜めていたものをアップしてきましたがやっと時間ができたのとやる気が復活してきたのでその3月からのネタに着手します。

大分去年のものは終わりつつありますが、再び時系列的にごちゃ混ぜになるのでその辺は引き続きご了承くださいませ(笑)

さて今日の記事は3月18日に行われた宮崎アースライドを機に集合した自転車+ブログ仲間との再会話です。

3月17日(土)は宮崎アースライドに参加するために宮崎にいました。

アースライドに参加することも楽しみですが、私の本来の目的はそこにはなかったのです。

そしてその本来の目的はこの日にかなえられる予定でした。

なので朝からどこかそわそわしていました。

ホテルの部屋にいると携帯が鳴りました。

待ち人はすでに到着しているとのこと。

アースライドの会場で待ち合わせをします。

前日受付をするのに必要なものをチェックしてホテルを離れます。

そして会場に行くと...

私の姿を見つけて近づいてくる紳士達。

"いやぁ、やっと来ましたね、この日が!”

と感動の握手。

そして記念撮影です。

e0138081_10311242.jpg


鹿児島の赤牛ことmoumouさんと垂水魂があついtanさんです。

ブログでいつもお付き合いいただいているmoumouさんとはご一緒するのは今回3回目。

昨夏の鹿児島市街、桜島サイクリング、そして昨秋の鹿児島Visitともはや鹿児島と関西の距離を全く感じさせないようなお付き合いをさせていただきました。

そして前回お会いした時にこの宮崎アースライドでご一緒しようと約束していたのです。

こうやって会ってみるともはや3回目どころか日ごろから常に気軽にサイクリング言っているかのような身近さを感じました。

これもブログでほぼ毎日、コミュニケーションをとっているからでしょう。

ブログをやっていてよかったと思える瞬間です。

お2人はすでに受付を済ませているということでまずは受付をします。

そしてメカニックを受けることができるので私のブロンプトンをチェックしてもらいます。

e0138081_10463068.jpg


10日間旅をして宮崎入りしたので不具合がないかどうか心配でしたが問題ありませんでした。

各部のねじの緩みを締めていただきます。

そうしているとさらに待ち人がやってきました。

U字工事のお2人、いやこーじさん、U太君親子です。

こーじさんは昨秋の鹿児島Visitの際に宮崎港まで見送りに来て下さりこの時初対面を果たしました。

しかしほんの数十分お話しただけ...

こうやってライドをご一緒するのは初めてでした。

そしてU太くんとは初対面。

いつもこーじさんのブログに登場して親子で中睦まじく活動されているのですごくお会いしたかったのです。

熱い握手、抱擁を交わした後、早速近くの人を捕まえて5人で記念撮影。

e0138081_10563239.jpg


この方々にお会いすることが今回の私のメインの目的でした。

無事果たすことができいきなりテンションはヒートアップ。

あちこちのオフィシャルのカメラマンを捕まえては写真を撮ってもらいました♪

moumouさんとこーじさんも以前からブログでお付き合いしている仲、今回が念願の初対面ということで感激もひとしおでしょう。

前日ですが会場には参加者が集まってきていてすでに雰囲気を作っていました。

e0138081_113618.jpg


ゼッケンにニックネームを入れる欄があったので早速用意されていたペンを使って記入。

e0138081_114554.jpg


U字工事、いやこーじ、U太親子と揃ってパチリ。

e0138081_1151789.jpg


こうなってくるといやがうえにも気分が盛り上がってきますね。

そしてこの後宮崎在住のこーじさん、U太君に宮崎を案内していただきます。

アースライドの前に5人でのライドが実現しようとしているわけです♪

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-04-12 03:50 | 九州

広大な高原と遠景の阿蘇の山々を眺めてーやまなみハイウェイ・瀬の本高原:ブロンプトンと九州リベンジ⑬

おはようございます。

昨日は以前からブログで交流させていただいているタイガーさん、そして268WeDoの監督・りきさん、チームメンバーのズランさん、TRSさんとサイクリングでした。

雨で何度か流した後のサイクリングでしかも全員初対面でお会いしたかった方ばかり...

いやがうえにもテンションはあがりました。

そして初対面といえども最初から気さくに接していただきまたも楽しく過ごさせていただきました。

いやほんと自転車という共通の楽しみを持ち、ブログやツイッターなのでお互いを知り合っての対面はあまりに楽しくほんとやめられません。

そんな素敵な出会いをこれまでもしてきてブログでご紹介してきましたが、3月上旬の九州の旅以降、直近のネタをまだ記事にできずにいます。

この九州の旅以降、絶え間なく活動してきたので記事にする時間がほとんどありませんでした。

去年のネタを必死にキャッチアップしようとしてきましたがやっと記事自体は書きあげ出口が見えてきました。

もともと直近ネタを優先に、そしてその合間に去年のネタをアップという方針で今後もそれを続けて行こうと思っています。

なのでそろそろ直近ネタを書いて行って早急にアップしていこうと思っています。

シリーズ化しているものもあって、相変わらず時系列的にはめちゃくちゃな更新となりますがそれはご了承くださいませ。

さて今日の記事は最高の天気に恵まれリベンジ遂行中のブロンプトンと行く九州リベンジシリーズです。

(歩みを進める度に移り変わる景色。平野部でも絶景を求めてーラピュタの道③:ブロンプトンと九州リベンジ⑫の続き)

さて、いよいよ阿蘇を離れる日がやってきました。

おかげさまですっかりリベンジを完遂し大満足の阿蘇滞在でしたが、そうなるとやっぱり離れるのがつらいですねー。

しかし前夜に決断した"自走でやまなみハイウェイを走って大分まで”を実行するために朝早くにホテルをチェックアウトしスタート。

この日も雲ひとつない快晴で朝の阿蘇の景色も見事でした。

前日登った大観峯への道を再びヒルクライム。

ところどころから見える阿蘇の景色に後ろ髪を引かれます。

外輪山の上にきましたが今回は大観峯には寄らずミルクロードで東へ進みます。

大観峯からの景色を見てしまうとまた動けなくなるので...

広大な草原の中を走るミルクロードは爽快でした。

そしてやまなみハイウェイへ。

ここから先は未知の世界です。

実は中学の時の修学旅行でバスで通ったはずなんですが、すっかり忘れてしまってます。

アップダウンの多い道をひたすら北上。

しかし延々広がる素晴らしい景色に圧倒、感動しぱなっしで疲れは全然感じません。

途中で面白い場所を通りました。

e0138081_6272550.jpg


樹木アートです。

遠くにもそのアートがずらりと並んでいます。

e0138081_6283237.jpg


動物や建物などいろいろなものをかたどったものが果てしなく並んでいます。

e0138081_6293889.jpg


ここから阿蘇も見渡せます。

e0138081_6301129.jpg


九重の山もきれいに見えてます。

e0138081_6311975.jpg


やまなみハイウェイはこんな感じで草原の中を走り、はるか遠景に山がそびえるという素晴らしく壮観な景色を眺めることができます。

e0138081_6324179.jpg


e0138081_6331170.jpg


e0138081_6332917.jpg


地図上で見るといろいろな名前の高原がたくさんあるように思えますが、実際に行くと一つの広大な高原が延々広がっているのがわかります。

瀬の本高原にやってきました。

e0138081_6354439.jpg


ここからも遠くに阿蘇を臨むことができます。

e0138081_6435434.jpg


根子岳は形に特徴があるからわかりやすいですね。

ここから阿蘇が見えるなんていかに高原が広いかということです。

e0138081_6455653.jpg


さあここから九十九折れの激坂を登って行きます。

途切れることのない坂の連続にへこたれそうになります。

が、時折景色を眺めると力がわいてきます。

そのせいか思っていたよりきつくありませんでした。

そして、展望所まで上がっていくとそこからは今まで見たこともないような素晴らしい風景が広がっていたのです。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-04-11 02:33 | 九州