しまなみ海道早春記①

3月30日(月)、31日(火)と”こだま指定席往復切符”を利用してやまちゃんとしまなみ海道に行ってきた。

e0138081_8513397.jpg


ぬけるような青い空、海面に反射する日光はもうすでに春を過ぎて初夏といったようなまぶしさ。

e0138081_8531555.jpg


気温も先週の寒さをふきとばし、春の暖かさを取り戻していた。

今回で3回目だが、天気には一番恵まれた。

まずは少し尾道の海沿いを散策。

住吉神社。

e0138081_8543917.jpg


何回も尾道には来ているが初めて。

e0138081_8551075.jpg


浜の仲仕連中がこの石を持ち上げて力比べをしたらしい。

ということで...

e0138081_8561744.jpg


重かった!!

そして向島への渡船へ。

e0138081_8573039.jpg


この渡船は映画”さみしんぼう”でヒロインの女子高生の通学シーンで使われた。

e0138081_8585669.jpg


その気分(?)にひたる。

e0138081_8593222.jpg


向島に渡ると新興住宅や学校などを通るので人もいたが、しばらくするとまったく人を見かけない状態に。

e0138081_922047.jpg


ひたすらきらきら光る海とのどかな果樹園の風景。

この島に人はいるのだろうか、と疑問に思う。

e0138081_95687.jpg


それでもぽつりぽつり、デートかな?!

e0138081_945372.jpg


不思議なキャラクターのロケ。

e0138081_954692.jpg


桜の木はそれほど多くはなかったがつぼみ~五分咲きくらい。。

e0138081_985291.jpg


e0138081_99739.jpg


恐竜とモアイの像にもご挨拶。

e0138081_910044.jpg


e0138081_9101391.jpg


果実もたわわになっていた。

e0138081_911860.jpg


これははっさくで夏のものと思っていたが、春の甲子園場が始まるころのものらしい。

そしてはっさくといえば定番の...

e0138081_9124018.jpg


e0138081_9125643.jpg


はっさく屋のはっさく大福。

e0138081_9132945.jpg


看板娘のお二人も満面の笑みをくれた。

ご主人と話していると作業場を案内してくれた。

e0138081_852821.jpg


e0138081_9155725.jpg


これが白あん。

e0138081_916164.jpg


これだけ食べさせてもらったが、抑え気味の甘さでおいしくこれがはっさくの渋みでより甘さを引き立てられるのだろう。

e0138081_919187.jpg


ご主人は一見凄みのあるこわもてな感じがするが、とても気さくで優しい方ですごく丁寧に教えてくれた。

また前回も長期休業中のときに行ってしまって、閉まったシャッターの前で呆然としているとそれに気付いてくださって中に入れていただき特別に販売してくださった。

帰りにまた寄るのでお土産分をとりおきしていただいた。

こういう人とのふれあいもしまなみ海道ポタの大きな魅力だ。

e0138081_9245580.jpg


再び出発。

e0138081_9252191.jpg


e0138081_9275114.jpg


やはり春は心躍る。

e0138081_9283933.jpg


そしてお昼の定番、しま一へ。

e0138081_931892.jpg


おじさん、おばさんも相変わらずお元気だ。

e0138081_931508.jpg


e0138081_932993.jpg


先日来られた青摩呂さんや、今週末来られる予定のozunuさん率いる神戸ポタリングクラブの話で盛り上がった。

多くのサイクリストも訪れていてテレビの取材もあったらしく大繁盛のご様子。

ここでは穴子丼。

e0138081_9393558.jpg


コリコリした歯ごたえの穴子とわさびがあう。

巨大な安政柑と”レモンはちょうど今が収穫なんですか?”と質問したのが図らずも催促してしまったでレモンをたくさんいただいた。

食後のデザートも定番のドルチェのジェラート。

e0138081_941447.jpg


瀬戸田レモンと伯方の塩のバランスがグッド!

毎回気になるのが店員さんのやる気のなさだが、いい気分だしさらっと流しておこう。

しっかりグルメを楽しんで出発。

e0138081_9424195.jpg


爽快感あふれる海と島の景色を眺めながらのポタはやはりしまなみならではだ。

e0138081_9453190.jpg


e0138081_9462181.jpg


青い空と雲と多々羅大橋。

e0138081_9473055.jpg


e0138081_9474629.jpg


絵に描いたよう。

やはり景色を最大限映えさせるにはぬけるような青空は欠かせない。

e0138081_949246.jpg


大三島を通り伯方島へ。

e0138081_9502659.jpg


鶏小島で1時間強のんびり過ごす。

e0138081_9502495.jpg


e0138081_9511326.jpg


夕日もきれいだった。

船折瀬戸の潮の流れも相変わらず激しい。

e0138081_952997.jpg


そして3回目にして初めてうわさの光藤旅館(詳細別途)に泊まる。

e0138081_954939.jpg


料理も部屋もサービスも大満足でした。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2009-04-01 18:56
<< "南大阪ルートで奈良... 南大阪ルートで奈良へ②-JET... >>