南大阪ルートで奈良へ②-JET BOILで水も笑いも大沸騰!!

南大阪ルートで奈良へ①-JET BOILで水も笑いも大沸騰!!の続き)

今井町を後にし、165号線を東へ。

手長海老さんで紹介されていた...

e0138081_17544381.jpg


かしわて姫(紹介後日)。

e0138081_17563346.jpg


8個お土産に買った。

e0138081_17584651.jpg


そして飛鳥を目指して南下、天香久山へ。

最初は舗装道で緩やかな登りだか一番上近くで山道が分かれていて”天香久山”の矢印。

そこに進むと...

e0138081_183733.jpg


ここを抜けると下りになり...

e0138081_1825583.jpg


とたんに前が開け雰囲気が変わり飛鳥の世界が広がる。

e0138081_184176.jpg


e0138081_1842927.jpg


こんな風に読むんや、というような交差点を通り過ぎ....

e0138081_1865874.jpg


甘樫丘。

e0138081_1871617.jpg


前回はここを行かずじまいだった。

上まで上がると...

e0138081_189345.jpg


e0138081_1893178.jpg


飛鳥の里もきれいに開ける。

e0138081_18101118.jpg


e0138081_18104769.jpg


桜もきれいに咲いている。

ここで....

e0138081_18132914.jpg


サイクリストの間で話題沸騰(!?)のJET BOIL。

”ほしいものは即ぽちり”がモットーのkimotoshiさんが滑らかなセールストークを繰り広げる。

”こんなにコンパクト。 かばんのポケットにも入りますよ。”

”1リットルの水なら90秒で沸きますよ”

”カップめんの用意をしている間にも沸いちゃう!!”

”コーヒーだけでなくスープやヌードルもできます!!”

”使い終わった後もほら、熱も外に漏れずにすぐかばんに入れても大丈夫!!”

と次々に繰り出す。

”ほー”、”へー”と41才の春さんと私。

”そういっているまに沸きました。 さあどーぞ!!”

ということで...

e0138081_1824792.jpg


そして...

e0138081_18255611.jpg


かしわて姫のよもぎだんご。

ちょっとしたお花見になった。

しかしそこで話は止まらず意外な方向に。

”その辺で通行人集めて売れるんちゃう。”

”ブロで家1件1件回って売ろか。”

とJET BOILの販売戦略、マーケティング戦略にまで話しがひろがる。

持論(思いつき?)を力説しては大笑い。

酒を飲んでもいないのにほんとの宴会のような雰囲気。

こういうときは周りが見えないもんで後で考えるとどう思われていたんだろうと気になる。。

しかしこの話(議論?戦略会議?)は石舞台古墳にまで続き、話題は発売元のモンベル批判や新製品開発にまで及んだ。

サブタイトルにもつけたがこのJET BOILは水だけでなく笑いも大沸騰させた。

もしかしたらJET BOIL愛も!

ようやく一区切りがつき、明日香をめぐる。

e0138081_18385340.jpg


聖徳太子生誕の地、橘寺。

e0138081_18394183.jpg


亀石。

e0138081_18402983.jpg


e0138081_18411466.jpg


そして石舞台古墳へ。

e0138081_18441085.jpg


中に入ってみるとこの岩の造形物の偉大さがよくわかる。

e0138081_1843569.jpg


e0138081_18444252.jpg


京都の蛇塚古墳も岩で組まれていたが1個1個の岩の大きさが全然違う。

どうやって組んだんだろう?!

e0138081_18455831.jpg


理屈はわかるが実際にこれをやってしまうところがすごい。

人間の知恵と行動力はすばらしい。

石舞台古墳の周りはもはや春のようなのんびりとした雰囲気。

e0138081_18492461.jpg


e0138081_18495346.jpg


e0138081_18501581.jpg


皆さん古墳に来たというより春の野原を楽しんでいるよう。

しかーし、我々にとってはまだそんな平和な気分の訪れはなかった。

石舞台古墳は単に第二のJET BOIL戦略会議の舞台でしかない。

熱い議論は続いた...

”モンベルもポタ会みたいなのを開いてその時に実際に商品をデモして宣伝すればいいのに...”

”やってるけど、参加費を取ってるらしいで。”

”あほな!何でもっと長い目で考えられへんのや。”

とか...

”ジェットアイスも開発したらええねん!”

とか。

社員以外でもこんなに熱くまじめ(?)に考えてくれる人たちがいるなんてなんとモンベルは幸せなんだろう。

日が西に傾きかけた頃、議論は終わり近鉄飛鳥駅へ。

お土産をさらに買って帰路に着いた。

e0138081_18592662.jpg


また再会を約束、そのときは一段と熱い議論と爆笑が大沸騰するだろう。

e0138081_191215.jpg


kimotoshiさん41才の春さん、どうもありがとうございました。

おかげであごと腹が痛いです。
[PR]
by tac-phen | 2009-03-31 21:58
<< しまなみ海道早春記① 行くで!! >>