南大阪ルートで奈良へ①-JET BOILで水も笑いも大沸騰!!

南大阪ルートで奈良への詳細版。

一緒に行ったkimotoshiさん41才の春さんがこのポタリングのレポートに面白いタイトルをつけていたのでサブタイトルをつけてみました。

さて、今回のポタは奈良に行くときはいつもなにわ~淀川~木津川の各自転車道をつないでいっていたので別ルートはないものかと探っていたところ南大阪から回るルートをkimotoshiさんにお付き合い願った。

そして共通のブログ仲間の41才の春さんとも初対面というわくわくどきどきのポタリング。

朝6時に出発し梅田まで走り、そこから輪行。

8時にkimotoshiさんと北花田で待ち合わせ。

コンビニでカップコーヒー、水を購入。

なにやら巷で話題沸騰のJET BOILでアウトドアコーヒー+スイーツとしゃれ込む予定。

初めて走る大和川自転車道を東へ。

前半は車と併走だったが途中から専用道に。

e0138081_1537343.jpg


やはり自転車道はのどかでいい。

e0138081_15373714.jpg


よくブログで目にする南河内サイクリングロードの北の起点。

e0138081_15383724.jpg


富田林のほうまで行けるらしいがここも走ってみたいものだ。

国豊橋まで大和川自転車道を走り、そこから県道183号へ。

e0138081_1543214.jpg


大和川の南を走る25号を避け、川の北側を走る。

e0138081_1546574.jpg


ここから河内堅上駅方面への農道を走る。

裏道も裏道、こんなところを走る。

e0138081_15463591.jpg


河内堅上駅。

e0138081_1549178.jpg


雰囲気のある駅だが自動改札になっているのが残念。

亀の瀬出張所から峠のほうへ。

e0138081_15524356.jpg


e0138081_15525943.jpg


この写真の峠八幡の横の道を登っていくと信貴山のどか村のほうへ行くが、そちらへは登らずにここから東へ下る。

三郷の住宅街を通り、再び大和川沿いを行き明治橋を渡る。

e0138081_15591241.jpg


e0138081_15593120.jpg


昭和橋から再び大和川の北側へ、斑鳩町に入る。

支流の竜田川沿いを北上、竜田大橋で25号とぶつかり200メートルほど25号を走り旧奈良街道へ。

e0138081_1662384.jpg


旧街道は国道から1本おくには行っているだけで車はほとんどいないので走りやすい。

e0138081_1673418.jpg


e0138081_1610610.jpg


龍田は郡山に次ぐ宿場町で、奈良、浪花、伊勢、当麻への分岐点であり商業地として栄えたらしい。

斑鳩町役場から北へ上がって...

e0138081_16121019.jpg


そして程なく法隆寺へ到着。

北花田から1時間30分ほど。

少し上り下りはあったものの車の少ない25号を全然通らなくていい裏道であった。

利用価値は高い。

41才の春さんが来られるまで法隆寺見学。

1年振りである。

e0138081_16165573.jpg


e0138081_16174552.jpg


e0138081_1618165.jpg


e0138081_16183310.jpg


e0138081_16185061.jpg


e0138081_16191078.jpg


1年前は修学旅行生でいっぱいだったが今回は比較的人は少なかった。

再び南大門に戻ってくると41才の春さんが来られていた。

自己紹介を交わし、早速ブロ談義で盛り上がる。

ブログでお互いのことをそれなりに理解していた上に、41才の春さんも非常に気さくな方で最初から打ち解けることができた。

南大門前で記念撮影、もちろんブロの。

e0138081_16251746.jpg


前回間違っていけなかった大和自転車道を談笑しながらのんびりと南下。

e0138081_16274463.jpg


奈良の自転車道は道路が緑色なので非常にわかりやすい。

不思議と奈良の桜はよく咲いていた。

e0138081_1630081.jpg


ところどころで夜桜祭り用の提灯があり今週末で早くもピークを迎えそう。

奈良のほうが寒いはずなのになぜだろう?

蘇武橋のエノキ。

e0138081_16342235.jpg


推定樹齢420年とはすごい。

e0138081_16345896.jpg


この大エノキが今回の目的地の1つ、今井町の目印である。

e0138081_1639530.jpg


なんと41才の春さんはここ今井町出身とのこと。

今井町は江戸時代に、商業都市に様相を変え大阪の堺と共に「海の堺、陸の今井」と言われるほどに栄えていたらしい。

e0138081_16424784.jpg


元々、軍事目的に作られた町で江戸時代中期には裕福な商人の生命・財産を守るようになったとのこと。

大きな屋敷が所々に見られる。

e0138081_16452070.jpg


e0138081_16454918.jpg


e0138081_16461024.jpg


ここはその屋敷を改築してギャラリーにしている。

e0138081_16464881.jpg


e0138081_16471093.jpg


e0138081_16472762.jpg


e0138081_1648366.jpg


そしてところどころに...

e0138081_1652894.jpg


建物の周りを柵で囲っている家を見かける。

これはセキュリティを高める目的で、玄関に槍や鉄砲がおいてあったり、天井は刀が振り回せないように低く作られていたりする家もあるらしい。

京都とは違って人通りも少なく昔の雰囲気をじっくり味わえる。

e0138081_16554435.jpg


e0138081_16555118.jpg


こんな店を見つけたので...

e0138081_16573511.jpg


e0138081_1656303.jpg


早速購入。

またここでは...

e0138081_1658331.jpg


e0138081_171175.jpg


喫茶まとや(詳細後日)で初茶粥。

e0138081_1721149.jpg


今井町ではノスタルジックな時間をゆっくり過ごすことができた。

e0138081_1734331.jpg


e0138081_174160.jpg


今井町出身の41才の春さんもこんなところ知らんかったわ、を連発していた。

自分もそうやけど地元のことって意外と知らないことも多い。

ここはまた来ようと思う。

e0138081_17113265.jpg


さあ次の目的に向かって出発だ。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2009-03-29 17:12
<< 行くで!! 南大阪ルートで奈良へ。 >>