京都和菓子ポタ

今日はポタ仲間のkimotoshiさんと京都和菓子ポタに行ってきた。

行った所と店をさらっと簡単に紹介。

店と和菓子の詳細は順次記事にしていきます。

10:00にJR京都駅で待ち合わせ。

あじき路地に行くつもりが通り過ぎて恵比須神社。

e0138081_2237356.jpg


戻ってあじき路地。

e0138081_22384861.jpg


平日なのでほとんどのお店が閉まってましたが、逆に路地らしさが出ていた。

手摺木版画の市村一房堂。

e0138081_22415970.jpg


市村守氏が新聞を自転車で捨てに行こうとしていたが我々が来たので部屋の中で版画の説明をしてくださった。

e0138081_2243557.jpg


自宅を作業場兼博物館のようにしている。

e0138081_2247083.jpg


e0138081_22471730.jpg


今日は平日だったせいかよくお話してくださった。

外国人客がよく訪れていて、なぜ日本人は興味を持たないのか、と嘆いておられた。

こういう人がいるから伝統が守られていくのだろう。

我々の相手をしてくださったので、結局ゴミを捨てる時間に間に合わず申し訳ないことをしてしまった。

出町柳へ向かう途中、きれいな梅。

e0138081_22513690.jpg


出町柳で柳月堂(詳細別途)。

e0138081_22544481.jpg


e0138081_22555351.jpg


そして豆餅のふたば。

e0138081_2355052.jpg


平日というのに大混雑。

e0138081_2365437.jpg


北へ上がってわらびもちの宝泉(詳細別途)。

e0138081_239412.jpg


本物のわらびもちの味と色を知った。

e0138081_23105225.jpg


西陣紋屋町の路地奥にあるドラート

e0138081_23412285.jpg


ハチミツ専門店で国産、外国産合わせて多種のハチミツがずらりと並ぶ。

e0138081_2316868.jpg


朝食のトースト用のハチミツを選ぶkimotoshiさん。

e0138081_23165910.jpg


この店でポタならではの出会いが!!!

いろいろなハチミツを試食させてもらっていると、別の客が”ブロンプトンですね!”

ぱっと見てブロンプトンとわかるなんて同じようなサイクリストに違いないと聞いてみるとプジョーをのっておられて大阪のLOROで購入されたとのこと。

Bici Terminiにもよく行かれているという。

しかもその方の両手には袋がたくさん!中身はパンとかふたばの豆餅も!

なんと奇遇な!ということで自転車談義に花が咲く。

さらに...

e0138081_232402.jpg


トラードはLORO発祥の地でドラートのオーナーもLOROのオーナーの奥様とのこと。

いっそう話が盛り上がる。

また近々どこかでお会いしそうな予感だ。

店を出ると、路地で陶芸をしている方がいたのでお話と写真を撮らせていただいた。

e0138081_2336855.jpg


”ナチュラルな感じでお願いします。”とおちゃらけた感じでいうとこの方なんと報道カメラウーマンとのこと。

”私も同じようなことをいいます。”と。

e0138081_23383590.jpg


気さくに付き合っていただいてありがとうございました。

ポタリングの醍醐味を満喫、これこそポタリングならではのハプニングだと興奮気味に西陣を北上。

さらさ西陣(詳細別途)でランチ。

e0138081_23411265.jpg


ランチで先日それぞれ行ったポタの話で盛り上がる。

これからのポタプランなどでも花が咲いた。

隠れ家カフェはちはちの場所だけ案内したあと...

e0138081_2343349.jpg


出し巻き屋の西尾。

e0138081_23443585.jpg


北野天満宮でいただいた。

e0138081_23445965.jpg


ただただうまい、のひとこと。

あったかいご飯と食べたい。

平野神社から住宅街をくねくね進み...

e0138081_23464640.jpg


京福電鉄御室仁和寺駅。

e0138081_23474160.jpg


映画やドラマでよく使われる雰囲気のある駅。

再び北野白梅町に戻り...

e0138081_2349512.jpg


TO-FU CAFE FUJINO

京とうふ藤野の系列カフェ。

お目当ては...

e0138081_23564660.jpg


おはぎケーキ。

ここで今まで蓄積したエネルギーを爆発させるように話が弾み、日が傾くのも気付かないくらい盛り上がる。

それでも、JR京都駅に向かうまでにまたお腹が空いてくるという異常現象!?

おみやげいっぱいのかばんを抱えて輪行で帰ってきた。

電車の中でも笑いが止まらず。

次回のプランを確認して新大阪でお別れした。

それにしてもよく食べ、よく笑い、よくしゃべった一日でした。

また次が楽しみだ。

kimotoshiさん、どうもありがとうございました。
[PR]
by tac-phen | 2009-03-17 00:03
<< 京都文学散歩Ⅱ 京都文学散歩Ⅰ >>