TUYAさんと初ポタリング

今日は3:30に起床。

朝ごはんを食べ、ストレッチをし、荷物をリュックに詰める。

なかなか明るくならないのでブログを書いたりMixiミュージックを聴いたりゆっくり過ごす。

最近急激に気温が下がったが、今日はちょっと持ち直しそうだ。

ただ先日買っておいた冬仕様のウェアで身を包む。

窓の外が少し明るくなってきたので即出発。

6時半ころ家を出る。

吐く息は白いが完全防備なので寒さは感じない。

それどころか心地いいくらい。

なにわ自転車道を走るころには体も温まり、足が軽い。

雲がほとんどない見事な天気。

淀川でふと気付いたので...

e0138081_21131134.jpg


自分の走る姿がきれいに刈られた斜面に映っていた。

淀川沿いも順調にすすむ、それにしても草がきれいに刈られているのが気持ちよかった。

朝日がきれいに川面に反射している。

御幸橋から木津川自転車道へ。

多くのロードとすれ違いざまに挨拶。

心が軽やかになる習慣だ。

直ぐに待ち合わせ場所の流れ橋へ。

8時半到着。

e0138081_21173133.jpg


10数人のサイクリストが集まっていた。

ロードからママチャリ、いろいろな人がいた。

この流れ橋、木津川自転車道を走る人たちの休憩場所となっていていつもにぎわっている。

全然知らない人でも自然と話ができるのでいつも立ち寄る。

そこで観月橋からこられたローディの方と自転車談義。

メタボ対策で自転車を始められたらしいが、それまではママチャリで木津川を走っておられたそう。

自分もママチャリでいろいろ走り回っていたので親近感がわく。

これからどんどん楽しみ知り、行動範囲もどんどん広がっていくんだろうな。

今の私と同じように。

いろいろ話をしていると見慣れた白のブルーノ登場。

TUYAさんだ!!

スポーツマンらしく精悍な顔立ちに引き締まった体。

さすが京都の峠という峠をアタックされているだけある。

軽く挨拶を交わし、3人でしばらく談笑。

それにしても不思議なもので自転車という共通の話題がひとつあるだけで初対面の方とすでに知り合いだったかのように話ができる。

加速度的に自転車にはまっていっている理由のひとつだ。

さあ行きましょうか、ということで...

e0138081_2133391.jpg


愛車のペアフォト。

天気は最高、風もなく暖かい。

最高の条件の中、出発です。

(疲れているため続く)
[PR]
by tac-phen | 2008-11-23 07:47
<< ブルーノに乗る 真っ暗 >>