角屋・京都

JR丹波口付近の界隈に昔遊郭だった建物が残っている。

e0138081_22193987.jpg


その中でも有名で中が観覧できる”角屋”へ行った。

e0138081_22201895.jpg


e0138081_22203860.jpg


よく知らなかったのですが、角屋の建物は揚屋建築の唯一の遺構として、国の重要文化財の指定を受けているらしい。

揚屋とは今で言う料亭にあたるらしく、遊郭とは違うらしい。

角屋のすばらしいところは、その座敷、調度、庭のすべてが社寺の書院、客殿と同等のしつらいがなされ、江戸時代、京都において民間最大規模の饗宴の場であったとのこと。

e0138081_22211585.jpg


e0138081_22213311.jpg


e0138081_22215335.jpg


確かに時代劇などで見る遊郭とは違って上品な趣がある。

e0138081_22222017.jpg


e0138081_22224035.jpg


部屋の中も有名な寺のようだ。

e0138081_222342.jpg


玄関も料亭のような雰囲気で高級感がある。

e0138081_22232498.jpg


e0138081_22234061.jpg


時代劇などでよく見る、女の人が道行く人に格子の窓越しに声をかけるような感じとは全然違った。

それなりの区画で保存されていればよかったのだが、ここを含め数件とは残念だ。

自転車でぶらりとよっていくのにはいいだろう。
[PR]
by tac-phen | 2008-11-08 21:08
<< 京都町屋ツアー 渉成園 : 京都・東本願寺 >>