落ち着いてくると...(続き)

しばらく休憩して落ち着いてくると、橘島の木々がきれいに紅葉しているのに気がついた。

e0138081_15303171.jpg


e0138081_15305183.jpg


まだ完全ではないが”ほんのり”といった感じだった。

山中ではそれほどでなかったのに、宇治のほうが進んでいるのは不思議だった。

e0138081_15321921.jpg


e0138081_1532352.jpg


この日は他地域同様イベントがあったらしく人がすごく多かった。

川沿いに腰を下ろしゆっくり景色を楽しんでいた。

e0138081_15341344.jpg


e0138081_15343594.jpg


屋形船もひっきりなしに通っていく。

まだまだ赤色が主流でイチョウの黄色はそれほど見られなかった。

e0138081_15354036.jpg


e0138081_15355338.jpg


紅葉に染まりかけの木々の間から見える朱色の橋がより鮮やかに見える。

e0138081_15375498.jpg


e0138081_15381187.jpg


ブロンプトンも佇んでいるかのよう。

いつも鴨のあとを追うアヒル。

e0138081_15232186.jpg


珍しい光景だ。

1本だけイチョウがきれいに色づいていた。

e0138081_15464345.jpg


赤もいいが黄色も映える。

昼食を含め小一時間ほど宇治で紅葉を堪能したあと、帰路につく。

大久保駅を通過し流れ橋へ。

流れ橋付近も秋を感じさせる。

e0138081_15242786.jpg


木津川の中にポツンといす、ちょっと芸術的だ。

e0138081_15432146.jpg


淀川、なにわ自転車道は激しい向かい風。

でも不思議と扱ぎ脚は元気だ。

何とか暗くなる前に到着。

予想外の悲劇にも耐えこの日はよく走った。

あらためてこのコースはゆっくりポタにふさわしいと確信した。
[PR]
by tac-phen | 2008-11-06 06:21
<< 渉成園 : 京都・東本願寺 ゆるゆるポタのはずが...(続き) >>