走り続けるべきか写真を撮るべきか!?

まだまだ岐阜でのことや、昨日走ったことなど記事にしたいことは山ほどある。

e0138081_152456.jpg


しかしここであえて以前からよく悩むことを書いておきたい。

それは、気持ちよく走れているときにいい景色など写真にとっておきたいと思うような場面に出くわしたときだ。

こういうことがおきるのは目的地でのポタリングを予定していて、その途中までの道でよく起こる。

今回の郡上八幡までや、郡上八幡から美濃までなど何回もあった。

体の調子もよく、足もよくまわり、風も追い風、道も安全で信号や柵もない、どんどん飛ばしてどこまでも走れそう。

このまま空も飛べるんじゃないか、と思えるような快適ラン。

ふと景色を見るとめちゃめちゃきれいだ。

きれいな川面に対岸の山が写ってきれいだ、鳥が列を成して飛んでいる、きれいな花が一面咲いている、などこの場面を逃すともう撮影チャンスは無いかもしれない。

例えば...

e0138081_15164942.jpg


e0138081_15205885.jpg


この快適な走りをとめたくない、しかしこのシャッターチャンスを逃したくない....

結果的にどうしているかというといつも走りを優先させている。

そして写真を見直したり、ブログを書くときに”ああ、やはりあそこで止まって写真を撮っておけばよかった...”と後悔する。

今回岐阜に行ったときも一番この後悔があるのは郡上八幡~美濃への道中だ。

長良川沿いに走ったが太陽が傾いていくに従い川の色が変わり、反射の光がきれいだった。

また、田んぼの稲穂や、鉄道の駅、昔話のような集落などもったいなかったような気がする。

皆さんはこういうこと無いですか?

どういう風に解決してますか?
[PR]
by tac-phen | 2008-09-21 15:26 | 雑感
<< すばらしい天気 すばらしいサイクリングコース >>