水の都・郡上八幡までの道

9月13日~15日まで岐阜に行ってきたが、初日の13日は1人で前から行きたかった郡上八幡を目指した。

午前2時起床、3時半に家を出発して大阪駅からの始発に乗った。

乗換えが大変で米原ではわずか3分の間にホームを移らなければならなかったのでブロンプトンを片手にダッシュした。

米原、醒ヶ井、柏原、垂井...前回来たとき走った中山道の宿場町。

電車で走っても結構間隔がある、昔の人は大変だったんだなあ。

岐阜7時47分着。

しかし小雨が降っている、天気予報では晴だったのに...

岐阜駅に向かう途中の電車の中で高校生に、岐阜駅でOLと掃除のおじさんに聞いて、晴れていくだろうと判断、早速8時7分、256号線を北へ向かう。

山県市役所までの道はいわゆる”町の国道”で車も多く神経の使うライドだった。

小雨の中だったが、そこから先は信号も車の量もぐっと減り登りながらも気楽に走れた。

トンネルも...

e0138081_17404352.jpg


こんな感じで歩道部分が広く安心だ。

雨が激しくなってきたので洞戸の道の駅で休憩。

e0138081_174352100.jpg


キウイで有名らしく...

e0138081_1744159.jpg


自販機もキウイ。

ここで大脇(?)から来られたサイクリストのグループと談笑。

e0138081_17475892.jpg


最近MTBからロードへ活動を広げられ同じく郡上八幡を目指されていた。

それにしてもこの道、この洞戸から板取川を眺めながらの道がすばらしい。

e0138081_17515344.jpg


e0138081_17523088.jpg


透明度あふれる板取川。

e0138081_17543850.jpg


時期になると紫陽花が咲き誇り”あじさい街道”と呼ばれている。

タラガトンネルまで来て、東に向かうがタラガ峠を行く予定だったが地元の方の話だとここは旧国道でトンネルができてから誰も使わなくなり、がけ崩れや荒れているかもしれないのでやめたほうがいいということで断念、いやなトンネルを通ることにする。

どうも通れたみたいだけど...

タラガトンネルは5キロ弱で中は歩道が無くこんな感じ。

e0138081_1804452.jpg


作業員通路を通った。

トンネルを出て高畑~長良川までの道は大型車通行禁止で2車線あるきれいな道で緩やかな下りだったので気持ちよく時折スピードに乗りつつ快調に走った。

e0138081_1854563.jpg


この道沿いの川もきれいで思わず写真を撮ってしまう。

長良川に出て156号線に合流。

e0138081_1872015.jpg


鮎つりをしている人が大勢いてそれを眺めながら北上。

e0138081_1884287.jpg


e0138081_1894732.jpg


郡上八幡に到着!

いよいよ、”水の都”散策だ。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2008-09-16 21:30
<< 清水がつくる町・郡上八幡 マサヒさんと再会(岐阜・美濃2... >>