たこ珍

昨日淡路島ライドの帰り、高校時代からよく行っていた玉子焼き(明石焼き)の店に行った。

e0138081_19494098.jpg


たこ珍。

高校時代、連れと明石の玉子焼きを食べ歩いて一番だった店だ。

それからしばらく通い続けたが今回は10数年ぶりだ。

店外の感じも周りの雰囲気も当時とそんなに変わらない。

店内に入ってみると...

e0138081_19581673.jpg


すごく愛想のいい夫婦。

ちょっとびっくり。

実はここは昔ながらの頑固親父がやっていた。

その独特の緊張感から一度もしゃべったことなかったが、ある時カウンターに物を置いていて、親父が玉子焼きの板を置こうとして置けなかったとき、”これ邪魔!!”といって怒られたことがある。

そのとき気づいたのが親父からはカウンターの上が見えないが、カウンターの幅がちょうど玉子焼きの板のサイズに合わせていたため見ずにきちんとおけるようにしてあったのだ。

こんな思い出話をこの夫婦にすると、

”私の兄なんです。”

と奥さんが。

頑固親父は3年前に体を悪くして引退し、妹夫婦が継いだとのこと。

e0138081_2034267.jpg


e0138081_204119.jpg


店内もつくりは一緒、ちょっと内装が変わったか...

そして...

e0138081_2071243.jpg


e0138081_2073220.jpg


うーん、おいしそう!!

食べてみると、昔はどんな味やったかな、すでに忘れてしまってる。

でもやはりおいしい。

他の地域で食べる明石焼きとは全然違う本場の味。

秘伝の味を引継ぎ、独自の工夫を加えたとのこと。

関東のほうではたこ焼きをだしにつけているらしい。

それは偽物だ。

いろいろ話してくれた。

玉子焼きの店がすごく増えたこと、明石の魚棚をはじめ商店街がどんどん寂れてきているが何とかしようとする雰囲気が欠けていること、漁獲量が激減していること、家族に人数が減り地元の人でも魚をスーパーで買うようになっていることなど。

明石も大変らしい。

1時間くらい話し、覚えていないやろうけど頑固親父にこんな客来たで、って伝えといてくださいといって店を出た。

懐かしい思いをして”たこ珍”によってよかった。

話に出た魚棚にちょっと寄ってみた。

e0138081_20171287.jpg


この写真の入り口付近に玉子焼きの店が5件あった。

増えすぎやろ。

魚棚もシャッターが降りている店が結構あった。

是非再興してほしいものだ。

”たこ珍”も永遠に...

また行きます。
[PR]
by tac-phen | 2008-05-07 20:22
<< そろそろ収穫! 行けるところまで行ってみよう!... >>