行けるところまで行ってみよう!!第7弾(淡路島一周)

天気は完璧、朝の空気は冷たい感じ。

両親の田舎で、私自身も1年住んでいた淡路島へ。

休日なのに車が少なく、道も路肩が広く走りやすい。

水仙郷も思ったほどきつくなかった。

最高だったのが南あわじ水仙ライン。

アップダウンの厳しい阿万~ホテルニューアワジ~道の駅うずしお。

アイスを食べた後、サンセットラインはほとんど一気に北上。

道の駅あわじによって岩屋港に到着。

きついことを覚悟して出発したが、まったく逆で終始気持ちよく走れた。

爽快さ、安全性、道のバリエーション、景色のよさ、自然の満喫度、すべて最高。

157キロ、6時間46分。

---------------------------------------------

超久しぶりにたこフェリーにて淡路島に渡る。

e0138081_2035290.jpg


天気もよく景色がきれい。

e0138081_20354570.jpg


e0138081_20362392.jpg


早速出発。

道の路肩が広く飛ばしても安心。

海を眺めながらもどんどん飛ばす。

洲本まで1時間くらいで行き、由良を越え一気に水仙郷への登りの入り口まで行く。

e0138081_20394726.jpg


かなり気合を入れて登ったが最初きつかっただけで意外と楽に登れた。

e0138081_20405622.jpg


e0138081_20412432.jpg


ここから海岸までくだり、蜂に何回もぶつかり、とんびと平行しながら下った。

ここからの南淡路水仙ラインが最高。

e0138081_20452373.jpg


e0138081_20454639.jpg


大して負荷がないのにどんどん進む。

サイコンをみると、30半ばの時速で走ったいた。

水仙ラインから阿万へ、この道が結構きつかった。

ここからアップダウンが頻繁に続く。

そして吹上浜へ。

e0138081_2048146.jpg


e0138081_2049515.jpg


ここは淡路に住んでいたときよく来たところだ。

ホテルニューアワジへの坂を上ると...

e0138081_20504857.jpg


e0138081_20511435.jpg


e0138081_20513160.jpg


e0138081_20514654.jpg


絶景!!!

福良からもアップダウンが頻繁に続き、道の駅うずしおへ。

e0138081_20535738.jpg


e0138081_20541853.jpg


e0138081_2054334.jpg


エネルギー補給に...

e0138081_20564334.jpg


鳴門金時アイス。

結局ほとんど座らず出発。

なおもアップダウンが続きサンセットラインへ。

少し車、特にトラックの量が多くなってきた。

が、走りを楽しむため写真を極力抑えて一気に北上。

e0138081_20594943.jpg


慶野松原。

海のすぐそばを走るので水の透明度がよくわかる。

富島を過ぎたあたりから景色が変わらずテンションが下がり気味だったが、順調に走り道の駅あわじへ。

e0138081_2134028.jpg


すぐに岩屋港に到着。

かなり時間を要することを覚悟していたが、まだ3時半ころ。

4時のフェリーで明石へ。

夕方の景色もまた良い。

e0138081_2154997.jpg


e0138081_2161182.jpg


e0138081_2162594.jpg


明石に到着後、高校時代からよく行っていた明石焼きを食べに行きました。

このことはまた後日。

-------------------------------------

淡路島、非常に走りを楽しむのに最適です。

アップダウンも結構ありましたが、コースのバリエーションを楽しめます。

よく行ってるし、自分も住んでいるのにこんなに自転車で走るのに適していて楽しめるところだと気づきませんでした。

また行こうかな。
[PR]
by tac-phen | 2008-05-06 21:14
<< たこ珍 行けるところまで行ってみよう!... >>