しまなみ海道2

しまなみ海道1の続きです。

-------------------------------------

ドルチェを後にし耕三寺へ。

e0138081_17355167.jpg


なんともいんちきそうな建物。

この日の宿泊先である一休はこの生口島にあるのだが、温泉に入りに行くため大三島へと向かう。

途中、廃校になった小学校で撮影。

e0138081_17392560.jpg


e0138081_17395077.jpg


e0138081_17401347.jpg


e0138081_17403156.jpg


夏だと、肝試しにぴったりの場所だ。

レモン畑を通り、

e0138081_17482163.jpg


多々羅大橋。

e0138081_17425278.jpg


e0138081_17433111.jpg


この多々羅大橋の主塔部の真下の部分に拍子木がおいてありたたくと、反射でとても高い音で鳴り響く。

”鳴き龍”と呼ばれている。

e0138081_17461023.jpg


大三島の海水を沸かした風呂に入って、再び帰路で多々羅大橋へ。

すると...

e0138081_17492683.jpg


行きとまったく違い、夕日を浴びて幻想的。

夕日に光る海を眺めつつサンセットビーチへ。

e0138081_17514456.jpg


e0138081_1752087.jpg


e0138081_17521877.jpg


きれいな夕暮れシーン。

そして、宿泊宿一休へ。

結構いろいろ食べたのにこのときにはお腹がすいていた。

この宿旅館というより民宿で、通された男性陣の部屋は戸は開け閉めのたびガラガラなり、だだっ広い部屋に布団がしかれており、壊れた壁時計が合ったり、廊下にはもう何年も使われていないような食器やガラクタがつまれていた。

(今この記事を書きながら写真を撮っておくべきだったと後悔している...)

学生時代、学校で柔道場を夏合宿で使ったような感じでちょっとやられたかと一同ではなしていたら、食事の用意が出来たとのこと。

テーブルを見ると...

e0138081_18332100.jpg


e0138081_1835357.jpg


ひらめ、たこの刺身。

なんと、絶品!!

歯ごたえが非常にいい。

そして...

e0138081_1861595.jpg


たこしゃぶ。

刺身と違ってやわらかい食感が楽しめた。

最後に...

e0138081_188398.jpg


この雑炊もだしが良く効いてて結構食べた後だったのにペロリ。

さすが評判のたこ料理でした。

話も弾み、旅行に来てるというのを実感し大満足でした。

そして、風呂も湯船にレモンを20個も浮かべたレモン風呂。

蓋を上げるとレモンの香りが...

湯船もホットレモンのようになってました。

そして10時くらいに就寝。

最初はびっくりしましたがよくよく考えてみれば部屋も6人では十分すぎるほど広い部屋でゆったりと使えてよかったです。

メインの食事が最高級だとすべてがよく思えてくる!!

そして翌朝の朝食はたこめしに昨晩のひらめのあらの味噌汁(空腹だったため写真を撮らずに食べてしまいました)。

味噌汁にレモンが入れてあり、味を引き立ててました。

しまなみの料理はかんきつ類を効果よくいかしていい味に仕上げてます。

生活に密着してますね。

それにしてもこの旅館はよかったです。

良くぞ探してくださったと感謝しています。

ありがとうございました。

------------------------------

まだまだ続きます。

しまなみ海道3で。
[PR]
by tac-phen | 2008-03-24 18:28
<< しまなみ海道3 しまなみ海道1 >>