蓼科高原の新鮮な空気を吸って快適ヒルクライム-信州高原サイクリング・美ヶ原ビーナスライン編②

乗鞍・上高地の感動が冷めやらぬ間に再び!!・諏訪湖-信州高原サイクリング・美ヶ原ビーナスライン編①の続きです。

8月26日(月)は午前1時に起床。

買っておいた朝食を食べます。

高原に入るので多めにとっておきます。

しばらく休憩し、荷物を準備し、ストレッチ。

そして午前4時ころスタートです。

外はまだ真っ暗。

しかしせまい国道を車が少ない間に通り抜けることができるのでこれがベストです。

この日はこんなルートで進みます。



諏訪市街を抜けてしばらくすると茅野市街へ。

ビーナスラインがどこから始まっているのかわからず、とりあえず茅野駅へ。

e0138081_4555424.jpg


ここからしばらく152号線を北上します。

そして192号線へ。

この道がビーナスラインのようです。

だんだん明るくなってきて、青空も見えるようになってきました。

e0138081_4574778.jpg


ビーナスラインの看板を発見。

e0138081_4582550.jpg


この道で合っているようです。

ここまで緩やかな登りでしたが、ここからは少しずつ険しくなってきます。

そして蓼科高原へ。

e0138081_4592563.jpg


今までの風景と違ってとたんに高原のリゾート地になりました。

e0138081_502783.jpg


e0138081_505250.jpg


このホテルやペンション、そして緑の広場のエリアを抜けるととたんに森の中の険しい登りになります。

e0138081_515427.jpg


それほど走っていないのですが、一気に高度があがったことが景色からわかります。

木漏れ日が柔らかくて気持ちいいです。

e0138081_531963.jpg


森の中を走っているので景色は見えませんが、時折絶景が臨めます。

e0138081_542231.jpg


走っていく方向の空は雲がほとんどない青空。

e0138081_551755.jpg


ずっと登りですが、空気は新鮮でとても気持ちがよく、空は青空で時折見える景色は素晴らしい。

テンションもふつふつとアップしていっていました。

そして、そのテンションを一気に噴火させる大パノラマをこの後目の当たりにするのです。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2013-12-19 05:38 | 信州
<< 夢のような大パノラマ!八ヶ岳・... 乗鞍・上高地の感動が冷めやらぬ... >>