青空の日本海を臨みつつ名所を巡る-羽咋・七尾臨海サイクリング③

朝の散歩ですがすがしい気分に・千里浜なぎさドライブウェイ-羽咋・七尾臨海サイクリング②の続きです。

8月7日(水)はこのようなルートを進みました。



羽咋市街は車が多かったのですが、高浜町から北へ向かうと車も減り、快適なライドとなりました。

左手に海を臨みながら北上します。

e0138081_44539100.jpg


弓なりに伸びるきれいな海岸です。

e0138081_446246.jpg


e0138081_4464774.jpg


e0138081_447189.jpg


しばらくすると海岸沿いから離れます。

人や車が全くいない、それでもきれいに舗装された道を進んでいると、福浦燈台の案内がありました。

なのでその灯台を目指します。

いきなりダートになり、その後は人一人くらいしか通れない道幅になり、ちょっと不安になりましたがつき進むと燈台が出現。

e0138081_4495266.jpg


現存する日本で一番古い木造燈台だそうです。

e0138081_4504297.jpg


周りの景観とコラボしてとても美しいです。

e0138081_4513049.jpg


再び普通の車道に戻り、北上します。

鷹の巣岩です。

e0138081_4525446.jpg


高さが27メートルで頭頂部に松がありそこに鷹が巣をつくったことからこの名前が付けられたとのこと。

e0138081_4532719.jpg


さすが日本海、激しい波に削られて多種多彩な岩がたくさん見受けられます。

e0138081_4551982.jpg


e0138081_4555310.jpg


国定公園に指定されるだけのことはあります。

この先も芸術的な岩がたくさん見られました。

e0138081_457714.jpg


機具岩です。

e0138081_457265.jpg


能登二見と言われるだけあって夫婦岩があります。

e0138081_4581532.jpg


最近知ったのですが、同じような夫婦岩があり二見と呼ばれる地域は各地にありますね。

e0138081_459124.jpg


e0138081_4594652.jpg


汗と体温でレンズが曇ってしまっていて画像がかすんでいるのが残念です。

増穂浦海岸にきました。

世界一長いベンチ、というものがあるようです。

e0138081_512442.jpg


どれどれ...

e0138081_515467.jpg


なるほど、海岸にそって延々ベンチが続いています。

e0138081_524471.jpg


ただあまりの暑さのせいか、だれも座っていませんでした。

ベンチの途中に...

e0138081_535682.jpg


岸壁の母は有名な歌ですが、この辺りが舞台なんでしょうか?

e0138081_544449.jpg


朝方はどんよりしていましたが、もうすっかり青空で、とても気持ちのいい海の眺めです。

e0138081_56681.jpg


ベンチからの景色もよさそうですが、太陽を遮るものが欲しいですね。

e0138081_563887.jpg


増穂浦海岸からさらに北へ、引き続き海岸沿いを走ります。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2013-12-04 04:20 | 北陸
<< 映画のロケや歴史の舞台になった... 朝の散歩ですがすがしい気分に・... >>