「ほっ」と。キャンペーン

色々なアングルから穂高と梓川の美と迫力のコラボを体感・上高地-信州高原サイクリング・高山・乗鞍編⑩

穂高連邦と梓川の雄大な風景と、静かな森の中の世界が相互に強調・上高地-信州高原サイクリング・乗鞍編⑨の続きです。

上高地の雄大な景色に圧倒されながら、立ち止まっては写真をとりということを繰り返し、のろのろ河童橋を目指して梓川沿いを進みます。

ところどころから臨む穂高連峰は少しずつ角度を替えながらより迫力を増してきます。

e0138081_4285235.jpg


e0138081_4282376.jpg


e0138081_4294250.jpg


e0138081_43061.jpg


これだけゆっくりじっくり確実に景色を臨めるのはトレッキングの利点で、自転車ではつい見逃して通り過ぎてしまうこともあるでしょう。

こういうコースをデジカメを持ってじっくり写真をとりながらトレッキングというのにも最近めちゃ興味を曳かれています。

e0138081_432357.jpg


e0138081_433202.jpg


自分のみた景色の素晴らしさやダイナミックさを写真に残したくて色々な角度から撮ります。

e0138081_4342468.jpg


e0138081_4344777.jpg


e0138081_4351051.jpg


e0138081_4355043.jpg


e0138081_4361481.jpg


それでも見たままの風景を写真に収めるのはどうも無理なようです。

やはり現地でその雄大さ、ダイナミックさを風や鳥の鳴き声、川のせせらぎなどを聞きながら見るのとは大違いです。

e0138081_4375453.jpg


森の中から覗く穂高連峰や木々の間から垣間見れるキラキラ光った川はまたひときわ違った美しさがあります。

e0138081_439994.jpg


e0138081_4392893.jpg


e0138081_4394950.jpg


万年雪も臨めます。

e0138081_4403154.jpg


e0138081_4405674.jpg


ほんと自然の美しさというのは何物にも代えがたい貴重なものですね。

そしてやっと河童橋に到着です。

予定より大分時間をかけて散策したようです。(笑)

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2013-10-29 03:42 | 信州
<< 冷たい水を浴びて川遊び!よく食... 気持ちにいい風を受けて風情ある... >>