昔の乗鞍への道は命がけ!?平湯峠を越えて平湯温泉へ-信州高原サイクリング・高山・乗鞍編⑥

戻ってくると全く違った風景に様変わり!標高2700メートルの世界に感動!-信州高原サイクリング・乗鞍編⑤の続きです。

8月3日(土)は午前1時起床。

準備&朝食をとり、ストレッチをして出発に備えます。

そしてまだ暗いうちの4時過ぎに出発しました。

この日はこんなルートで進みました。



この日は乗鞍には行きませんが、とりあえずほおのき平スキー場を目指します。

この後の滞在でまた乗鞍を目指すので、いろいろと情報を得るためです。

一度走っている道なので気が楽です。

2時間弱でバスターミナルに到着です。

e0138081_655165.jpg


この日も高山やその周辺は晴れの予報でしたが、空はどんよりしています。

e0138081_665246.jpg


バスターミナル内でスタッフの方と談笑していると昔の写真が展示されているのに気がつきました。

なかなか衝撃的なものでした。

e0138081_675630.jpg


舗装されていない、というか本当にこれは道なのか、と思えるようながれきの中をバスが登って行ってます。

e0138081_683492.jpg


畳平の雰囲気も全く別物。

しかしにぎわいは当時のほうが感じられます。

e0138081_693053.jpg


風景は上、横と見渡せますが...

e0138081_6102314.jpg


ガードレールもないバス1台分の幅しかない道を...すごすぎます!!

当時のバスの運転手の方がおられましたが、

"ガードレールがないから、カーブが曲がれるんよ。 頭を外に出してな。”

みたいなことを言っていました。(驚)

e0138081_6133148.jpg


しばし休憩して再び出発です。

斜度がきつめの坂を登って、平湯トンネルを抜けようとしましたが、トンネル内の路面ががたがたで濡れており、狭いうえにトラックの通行が多かったので引き返し、平湯峠を越えました。

e0138081_615820.jpg


e0138081_6152676.jpg


ここから一転下りです。

この日は同じコースの往復なので、下るということは復路は登りということです。

複雑な気分でした。

かなり下って平湯温泉に出ました。

e0138081_617484.jpg


平湯神社の風情がよかったです。

e0138081_6173679.jpg


e0138081_6175896.jpg


ここから安房峠を目指します。

宿泊先の方から、

"安房峠を自転車で!?めちゃくちゃきついよ!大丈夫?”

と心配されましたが、前日に乗鞍をクリアしているので、それに比べたら楽やろうと楽観していました。

それが...

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2013-10-17 05:06 | 信州
<< 酷暑に負けず食べまくり!-淡路... 灼熱地獄の中でも気分が高まる爽... >>