自転車で登れる日本最高峰・乗鞍畳平へ到達!!-信州高原サイクリング・高山・乗鞍編②

Road to 乗鞍!!-信州高原サイクリング・乗鞍編①の続きです。

8月2日はこういうルートを進んでいます。



ほうのき平スキー場を出発して再び8%くらいの坂が続きます。

時折斜度は緩めになるものの、坂はずっと続きました。

e0138081_5171574.jpg


平湯温泉との分岐から平湯峠へ向かう道が一番斜度がきつい坂が続いていたので苦労しました。

e0138081_5181230.jpg


ここにある駐車場で車載で来られたサイクリストが準備していたので、しばし談笑。

e0138081_5191052.jpg


すでに何度も乗鞍を登られているベテランの方で色々アドバイスをいただきました。

さて、いよいよ乗鞍スカイラインを登って行きます。

e0138081_520936.jpg


入り口のところに監視員の方がおられて、私を見かけて小屋から出てこられ...

”上は霧がかかっているから気をつけてな。熊も出るから注意して。”

ええーっ、く、熊!!

実際クマが出てきたらどうしたらええねん、と思いましたが走り始めた勢いでそのまま突き進みました。

坂は続きますが、緩急があるのでそれほどきつく感じず進めました。

景色は青空は見えるものの霧が多く、いい景観は臨めませんでした。

e0138081_5251724.jpg


e0138081_5254561.jpg


e0138081_5274447.jpg


e0138081_5273520.jpg


斜度はそれほどきつくないものの、高山から30キロ以上登ってきたうえに、このスカイラインの登り...

徐々に疲労がたまってきます。

しかも上に行くにつれ霧がかぶってくるようになりました。

e0138081_528717.jpg


どこが頂上かもわからず、ひたすら文字通り暗中模索、我慢&奮闘します。

e0138081_529456.jpg


一体いつなったらつくねん!!

と何度も叫びました。

しばらくして目の前が少し開けたかと思うと、池が見えてきました。

e0138081_531956.jpg


おおっ、こ、これは...

期待して進むとだんだん平坦になってきて建物が見えてきました。

やっと到着です!!

e0138081_5312821.jpg


ボードを見れば標高2700メートルとよく登って来たなぁと思うのですが、霧が深くいまいち実感がわきません。

しかしところどころ真夏であるにもかかわらず雪が残っています。

e0138081_5331232.jpg


しかもしばらくするとものすごい寒気に襲われ、高所にいることを瞬時に理解しました。

e0138081_535893.jpg


こんなところに神社もあります。

しばしお土産物屋さんで暖をとり、景観は臨めないものの、近くにあるお花畑を散策することにします。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2013-10-04 07:02 | 信州
<< 秋のあわじ花さじきと見事な朝景色 ゆっくりまったりだが蒸し暑い!... >>