浜名湖の風景をいろいろな角度から。よく走りスカッと宴会!-中部ウォータービューサイクリング④

暑いが風はさわやか。クリアな景色を臨み、そしてうなぎ!・浜名湖-中部ウォータービューサイクリング③の続きです。



おいしい浜名湖名物のうなぎを堪能した後、舘山寺温泉周辺を散策します。

愛宕神社。

e0138081_3515798.jpg


舘山寺から大草山へロープウエーがつながっています。

e0138081_3543072.jpg


ちょうどゴンゴラが両方から来たタイミングを見計らってパチリ。

e0138081_3553126.jpg


e0138081_3554831.jpg


"誘われて浜松"という歌の歌碑がドーンと飾られていました。

e0138081_3564367.jpg


私は知りませんが有名な歌なのでしょうか?

しばらくこの内湖を回った後、この浜名湖で唯一といっていいヒルクラムです。

標高100メートルもないですが、ずっと登りが続き意外ときつかったです。

食事をした後のまったりムードだったのでなおさらでしょう。

しかし苦しんだ後のご褒美は素晴らしいものでした。

庄内湖から浜松市街を臨みます。

e0138081_359421.jpg


そして浜名湖南部。

e0138081_3595923.jpg


浜名湖SAが対岸に見えます。

e0138081_404563.jpg


浜名湖北部、対岸に気賀が見えます。

e0138081_413952.jpg


頂上の展望所に鉄道模型がありました。

e0138081_423798.jpg


100メートル弱登ってこの眺望、多少しんどくても登っておいてよかったです。

大草山を下って再び湖岸沿いを北上します。

車道から離れた自転車道は安心して湖を臨みながら走れるので快適です。

そして気賀界隈へ。

澪つくしのモニュメントがありました。

e0138081_45689.jpg


気賀関所です。

e0138081_453956.jpg


入り鉄砲、出女を厳しく取り締まった日本三大関所の一つなんだそうです。

e0138081_462998.jpg


湖岸を今度は南下。

e0138081_471610.jpg


すると今度はリアルな澪つくしがあります。

e0138081_47536.jpg


"澪つくし"という言葉は以前NHKのドラマであった記憶があり、またその言葉のイメージからこのようなものだとは思いませんでした。

本来澪つくしとは船に水深を知らせるものなんだそうです。

NHKのドラマはこの本来の澪つくしとどういう関連があったのでしょう。

2時を過ぎますます暑さは増してきます。

ここで冷たいものでも、と浜名湖SAに寄ります。

かき氷!

e0138081_4105692.jpg


このSAからも浜名湖が一望できます。

e0138081_4112864.jpg


e0138081_4115344.jpg


ここからホテルまでの道が意外とアップダウンがあり、我々の脚力を削っていきます。

しばらくは湖が見渡せたので気も晴れますが、その後は湖岸からも離れひたすらアップダウンをこなします。

そして鷲津市街地へ入りホテルに到着です。

この日は結局朝4時過ぎに走りだし、渥美半島、浜名湖と午後5時前まで走りました。

シャワーを浴びてすっきりとした後、お楽しみの宴会です。

このホテルではウエルカムドリンクとしてアルコール類も提供してくれるのでそこで先ず一杯。

e0138081_4153251.jpg


そして焼き鳥屋に移動して、存分に飲み食いしました。

e0138081_4164845.jpg


e0138081_4161758.jpg


もともとお酒をあまり呑まないうえに自転車での行動が多い私にとってこういう泊まりではちょっとトライができていいですね。

アクティブに楽しんだ一日でした。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2013-09-27 04:39 | 中部
<< 相変わらず苦しむ六甲山ヒルクラ... 風雨にもてあそばれた六甲山ヒル... >>