帰路はドライブがてら寄り道。行きたかった祖谷の秘境へ-高知・自然満喫の自転車旅行⑧ sanpo

のんびりのはずが...激しいアップダウンに揺さぶられた朝食前ライド-高知・自然満喫の自転車旅行⑦の続きです。

ホテルに戻って早速朝食をとります。

そして部屋の荷物を片づけてチェックアウト。

3日間楽しんだ高知を後に帰路につきます。

帰路途中車でいろいろなところに立ち寄りました。

大歩危。

e0138081_40222.jpg


カヤックやラフティングのメッカなのでものすごい激流地点かと思っていましたが意外と流れはゆるやかでした。

e0138081_41171.jpg


e0138081_412465.jpg


ここでこの先のルートを検討し、最初は見送る予定だった野猿に行くことにしました。

ちょっと距離があるので小歩危はパスして、そちら方面に向かうことにしました。

かずら橋。

e0138081_425484.jpg


もっと古びた感じをイメージしていたのですが、意外としっかりしていました。

e0138081_434934.jpg


かずら橋は渡りませんでした。

怖かったわけではないですよ(笑)

これから行く予定の野猿の場所に2重かずら橋があるのでそちらに楽しみは残しておいたのです。

決して怖かったわけではありません!

e0138081_453274.jpg


ここから剣山を登っていくことになります。

それまでもものすごい斜度でしたがここから一層道は細く、秘境へと進んでいきます。

時折集落が現れますが、この辺の人はどういう生活をしているのか全く想像がつきません。

延々山道を進み、山間を抜けて、以前から来たかった場所へとやってきました。

東祖谷にある落合集落です。

e0138081_475667.jpg


以前偶然見たNHKの特集で日本にこんな場所があるのかと驚かされました。

実際来てみるとなるほどものすごいところです。

深い山間の斜面に住居が段々で並んでいます。

今にも滑り落ちそうな斜面に立っています。

e0138081_492743.jpg


近くに店のようなものもなく、どのように日用品や食料を調達しているのか不思議でなりません。

人一人見かけることもなく、本当に人はいるのかといった神秘さもありました。

e0138081_4103886.jpg


この景色を見ながら、もっと楽に生活できる場所もありそうなのになぜここに住み続けているのか、それ以上の魅力がここにあるのかな、と思いを巡らせていました。

民宿もあるみたいなので一度宿泊でじっくり歩いてみたい場所です。

さて、まだまだ登って行きます。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2013-07-26 04:28 | 四国
<< 気さくなご主人の気遣いとおいし... 江戸時代へタイムスリップ!渋滞... >>