風に翻弄されるも、笑いの絶えないまったり淡路島サイクリング sanpo

6月12日(水)はケチャップさん主催の水曜会サイクリングです。

今回も集合が9時ですが、早めに家を出ます。

初めてうわさのジェノバの豪華(?)フェリーに乗りました。

e0138081_5532230.jpg


客室に自転車を載せることができて、テーブル付きの座席は座り心地がいいです。

そして淡路花さじきへ。

e0138081_5541781.jpg


この日は空気が澄んでいて遠方までくっきりみえる好コンディションでした。

e0138081_5555645.jpg


e0138081_5562876.jpg


海を挟んだ対岸の大阪や神戸の町まで見渡せます。

e0138081_5565572.jpg


e0138081_5573285.jpg


e0138081_55804.jpg


西側の瀬戸内海も絶景でした。

e0138081_5582582.jpg


花は相変わらず少ししか咲いていませんでした。

e0138081_559015.jpg


バーベナの紫はとてもきれいでした。

そして下ってハイウエイオアシスへ。

e0138081_5593437.jpg


車で来ることはないのですが、今度機会があるかもしれないので下見です。

e0138081_5595635.jpg


岩屋港に戻って今回の参加者と合流。

今回の参加者はケチャップさん、ぶっちーさん、夫婦(?)漫才コンビのSさんとrokkinblackさん、りこちゃりさん、gogoさん、なぁこさんです。

rokkinblackさんとりこちゃりさんは走る気満々。

e0138081_602511.jpg


と思いきやスイーツ談義に花が咲いていたようです。

e0138081_605384.jpg


洲本まで追い風に乗って快調に進みます。

それほど必死ではなかったのに結構なスピードが出ていました。

この時皆が考えていたことは...

帰りはどうなるんやろ?!

ということでした。(笑)

洲本からはケチャップ峠と命名された謎のヒルクライムに臨みます。

終わりそうでいつまでも先が登りといういやな感じの坂が続きます。

酷暑の中、汗だくになりながらなんとかクリア。

e0138081_613251.jpg


島の内陸部を北上してコンビニで休憩。

e0138081_621970.jpg


ここでケチャップさんがひそかに皆のボトルに氷を入れてくださるというサンタクロースのようなサービスを。

さすがリーダー、さりげない優しさがしぶいです。

そしてここから間もなくしてお昼の場所へ。

e0138081_624271.jpg


ぜん丸です。

e0138081_63589.jpg


このうどんにアナゴ天と、半熟玉子のかきあげを載せます。

e0138081_632555.jpg


e0138081_634097.jpg


こんな感じに。

e0138081_635929.jpg


だしがおいしく、腰のあるうどんで美味でした。

ここから岩屋までは西海岸を北上。

しかし皆の不安が的中しました。

ものすごい向かい風でしかも舞っているのでしんどいうえに自転車が流されてとても大変でした。

淡路島は風向きによって天国にも地獄にもなりうるのを再認識しました。

帰りのジェノバは再び豪華フェリー。

もう少し乗っていたいと思うほどくつろげました。

e0138081_642266.jpg


まったりした雰囲気で皆で和気あいあいと楽しいサイクリングでした。

企画・先導して下さったケチャップさん、そして参加者の皆さま、ありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。
[PR]
by tac-phen | 2013-07-06 01:33 | 兵庫
<< Birthday Celebr... 生活感あふれる合掌集落・菅沼合... >>