かつて国鉄が走っていた町の栄枯盛衰を見た・薩摩川内①-大義を胸にブロンプトンと四国・九州の旅へ⑮

今日は久々の私のお気に入りの場所を走りに行きます。

今月は数回ここを走るかもしれません。

ブログやツイッターを見ていると今月同じような予定を立てている方々をちらほら見かけます。

まだ見ぬ人と思わぬ対面があることも期待できます。

自転車をはじめて4年目、楽しみが加速度的に広がっていくのを感じます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキングで交流を広げようとしています。

それぞれポチリよろしくです。

日本ブログ村 :  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング : 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日の記事は...

3月8日~19日にブロンプトンで四国、そして九州を縦断した"大義を胸にブロンプトンと旅へ”シリーズです。

悲しい歴史の遺物と対照的な平和の象徴の飛来地・出水③-大義を胸にブロンプトンと四国・九州の旅へ⑭の続き)

3月15日は薩摩川内市内を散策しました。

ホテルの女性スタッフにお奨めの場所を聞いてそこを訪れることにしました。

薩摩川内市街から離れるとすぐに自然豊かな素晴らしい景色が待っていました。

e0138081_1583426.jpg


川内川沿いに進みましたが川面がきらきらととてもきれいでした。

e0138081_1592825.jpg


e0138081_1594580.jpg


小一時間ほど走ったでしょうか、さつま町にやってきました。

e0138081_21157.jpg


これはかぐや姫でしょうねぇ。

この辺りは昔の国鉄が走っていたようです。

e0138081_215817.jpg


ここは昔駅舎だったようです。

e0138081_223697.jpg


少しだけ往時をしのばせるような鉄道関連の展示がありました。

e0138081_232647.jpg


e0138081_235198.jpg


汽車は頭の部分だけでした。(笑)

e0138081_243341.jpg


先ほどの旧駅舎の中に往時の鉄道関連の博物館がありました。

e0138081_253511.jpg


切符もめちゃ懐かしい堅いものですね。

e0138081_262098.jpg


これは何なんでしょうね。

e0138081_2651100.jpg


鉄道が走っていた時代の写真がありました。

e0138081_273983.jpg


このころは家がこんなに密集してたくさんあったんですね。

鉄道の廃止とともに衰退していったのがよくわかります。

e0138081_283372.jpg


e0138081_29367.jpg


昔の駅の入り口はこんな感じだったんですね。

e0138081_29507.jpg


先ほどのかぐや姫といい竹の産地なんでしょうね。

竹で作られた入り口、是非生で見たかったです。

さつま町から今度は南西方面に移動します。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-10-13 00:21 | 九州
<< 集合前にかつて船着き場として栄... 播州ののどかな田園風景の中をの... >>