満開、そして散り桜。桃源郷のような光景!佐々里峠-春の緑に魅せられて花脊~美山・京北サイクリング③

今日も雨のようですね。

予定していたサイクリングも中止となりました。

再び梅雨本番の天気が戻ってきたようです。

先週は雨の予報にもかかわらず雨が降らず走りに行けたのに、と地団駄を踏んでいました。

そんな中一日だけ走りにいけました。

ただその日は最高気温が30度を超える夏日。

その暑さのせいか走りだしてすぐのヒルクライムでお腹が変になるわ、強烈にのどが渇くわでへとへと。

100キロも走っていないのに結構疲れました。

最近、気温的にはそれほど高くなかったので暑さに体が慣れていなかったのでしょう。

これからは少しずつ暑さに慣らしていかないと大変なことになりそうです。

また酷暑の時間帯は避けることも必要かもしれないですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキングで交流を広げようとしています。

それぞれポチリよろしくです。

日本ブログ村 :  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング : 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日の記事は...

5月13日に行った春の緑に魅せられて花脊~美山・京北サイクリングシリーズです。

キラキラ透明感あふれる緑に心酔!美山荘&峰定寺-春の緑に魅せられて花脊~美山・京北サイクリング②の続き)

美山荘を出て素晴らしい景色に後ろ髪をひかれつつ再びスタートします。

e0138081_624519.jpg


ちょっと走ると桜が綺麗に咲いているではありませんか?!

e0138081_634085.jpg


この日は5月13日、桜のシーズンはとっくに過ぎているはずですが...

e0138081_652049.jpg


ちょうど盛りのように咲いています。

それだけ気候が違うということなんでしょう。

e0138081_663753.jpg


美山荘からほんのちょっと行ったところですが今後に備えてエネルギー補給しておきます。

e0138081_673519.jpg


美山荘では無理ですが、この辺りならなんとか庶民の私でも食事ができそうです。

e0138081_682331.jpg


十分趣もありますね。

本当に魅力たっぷりのいいコースです。

e0138081_692819.jpg


ここから再び元の道に戻って北上します。

ここからもサイクリングには最適の道が続きます。

京都市街は非常に走りにくいですが、一つ山を越えると別世界が広がっています。

広河原の集落に入ってきました。

少しずつ道が登り基調になってきます。

そしてスキー場から本格的な登りへ。

ここでもアウターでゆっくりまわしながら登ります。

しかしもともとの疲れの上に花脊で脚をかなり使ったので登り始めてすぐに脚にきました。

Cacaoさんと話しながら登ったのですが、脚に負荷をかけずに登っているCacaoさんがうらやましくて仕方がなかったです。

一度登ったことがありそれほど長い距離ではなかった印象だったのですが、同じようなカーブが続き気持ち的にも疲れてきます。

ところがここでも再び満開の桜並木が現れてきました。

風に吹かれての散り桜が見事でした。

桜が舞い散る中、それをくぐりぬけるように走ります。

まるで何かのプロモーションビデオのようです。

その桜並木を抜けると佐々里峠のピークにやってきました。

e0138081_6172559.jpg


しばらくすると再び怒涛のラストスパートで疾風のように馬之助さんがやってきました。

e0138081_6182996.jpg


ここでしばし休憩。

e0138081_6193243.jpg


相変わらず寒く、一向に気温が上がりませんが、そこでの光景は暖かく不思議なくらいきらきらしておりました。

e0138081_6204121.jpg


この佐々里峠から先は南丹市に入ります。

e0138081_6214573.jpg


ここからは下りです。

本来は天国のように快適に進めるはずですが、この日は寒さに凍える拷問に近い下りでした。

それでも斜度が緩やかになるとペダリングで少し暖がもどってくて快適になりました。

下り基調の道が続き快適なライドが続きます。

時折ぽつりぽつりと茅葺き屋根の家が見られるようになってきました。

それにしても馬之助さん、Cacaoさんの両名は元気です。

下り基調とはいえものすごいスピードで飛ばしていきます。

それに付いていくのに必死です。

すると気がつくとCacaoさんがいません。

目線を先にやるとカーブのずっと先にいます。

どうやらダッシュ&スピードアップで駆けていったようです。

マイペースを守るので必死、そしてお腹もすいてきました。

結構限界に近い状態の時に集落に入って行きました。

そうです、やっと美山にたどり着いたのです。

(続く)

~~~~~~~~~~~~~ ご協力のお願い ~~~~~~~~~~~~~~

交流を広げるため各種ランキングに参加しました。

それぞれのバナーをポチリいただければ幸いです。

日本ブログ村 : にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング : 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by tac-phen | 2012-07-01 02:14 | 京都
<< 梅雨の天気予報に振り回されても... ますます拡大!いまはまっている... >>