おもしろ処を発見!!新たな魅力にますます...ー魅力のとりこになった三木をブロンプトンでポタリング②

週間天気予報を見るとすべて雨マークがついてました。

いよいよ梅雨らしくなってきましたね。

せっかくの週末のプランもすべて台無しになりそうです。(悲)

普段時間があれば外に飛び出す生活をしている私にとっては雨をどう過ごしていいのかよくわかりません。

2日間家にいると心身共におかしくなりそうです。(笑)

皆さまは雨の日をどうお過ごしになるのでしょう?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキングで交流を広げようとしています。

それぞれポチリよろしくです。

日本ブログ村 :  にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング : 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日の記事は...

5月1日(火)に行った三木ポタリングシリーズです。

古い町並みが数多く残る湯の山街道へー魅力のとりこになった三木をブロンプトンでポタリング①の続き)

湯の山街道を市街地のほうへ進んでいくと、情緒あふれる建物の前のベンチに1人のお年寄りが座っていました。

"見て行ったら。2階もあるよ。”

どうも資料館のようなので立ち寄ってみることにします。

e0138081_1758676.jpg


ギャラリー湯の山みち。

公共の施設かと思ったらこのおじいさん個人の家だとか。

e0138081_17572933.jpg


表にアンモナイトの化石がどーんと展示されています。

1階には染物が飾ってありました。

e0138081_1814146.jpg


歴史を感じさせる建物内部です。

e0138081_182268.jpg


昔の湯の山街道沿いの地図です。

e0138081_1831348.jpg


三木は昔天領として指定されていて多くの商人が集まってきたそうです。

戦が起きてもいいように道もかぎ型に作られていたり兵を配置するのに広くなっている部分があったそうでそれがこの地図を見るとよくわかります。

伊能忠敬が作った播磨地方の地図です。

e0138081_185338.jpg


この播磨地方でほとんどが"村"なのに対し、唯一三木だけが"町”として記されています。

e0138081_1861558.jpg


かつていかに三木が繁栄していたかがわかるでしょう。

e0138081_1871452.jpg


e0138081_18739100.jpg


2階へ行くとそこはには想像絶する空間になってました。

e0138081_1893779.jpg


化石の資料館でした。

昔から息子さんがモロッコに行って集めて来た化石をおじいさんが展示したんだそうです。

e0138081_18101597.jpg


今は検閲が厳しくて持って帰ってこれないものまであるそうです。

e0138081_181281.jpg


砂漠で採石された壁画。

e0138081_1812555.jpg


動物の絵が書いてあります。

今は砂漠ですが昔は動物も水もあってそれを見て描いたものだろうとおっしゃってました。

三葉虫の化石がいっぱい。

e0138081_18142347.jpg


e0138081_1814565.jpg


こんなにたくさんのものを個人で集めたっていうんだから驚きです。

e0138081_18154311.jpg


奥の部屋に行くとそこには...

e0138081_1816277.jpg


そろばんがずらりと並んでました。

そろばんと言えばお隣の小野市が有名ですが、おじいさん曰く三木がもともとそろばんの町だったんだそうです。

その根拠となる堺の商人が三木のそろばんを独占購入するという契約書を見せてくれました。

e0138081_1819566.jpg


播州算盤。

五つだまであるばかりか上も二つ玉があります。

飲み屋でよく使われていたそろばんとやらもありました。

e0138081_1821522.jpg


お銚子そろばんです。

飲み屋で客が注文したお銚子の数を勘定するために使われたそろばんだそうです。

そろばんって日本だけのものではなかったんですね。

e0138081_1823231.jpg


中国、メソポタミヤ、ローマ、インド...世界各地で存在していたとは。

これでそろばんと読むのも初めて知りました。

e0138081_18243020.jpg


”算盤"と書いて”そろばん"です。

さらに奥の部屋は染物、織物でした。

e0138081_18261665.jpg


e0138081_18264157.jpg


この織物の一つがこれ。

e0138081_18272455.jpg


これを外国人が持ち帰りこの中の一つのデザインが今のヴィトンのマークになったそうです。

いやぁ、とても不思議で面白い空間でした。

前回の2月のサイクリングでは訪れなかったところでまた三木に魅力を発見しました。

ますます三木のファンになりそうです(笑)

(続く)

~~~~~~~~~~~~~ ご協力のお願い ~~~~~~~~~~~~~~

交流を広げるため各種ランキングに参加しました。

それぞれのバナーをポチリいただければ幸いです。

日本ブログ村 : にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング : 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by tac-phen | 2012-06-16 03:11 | 兵庫
<< 畳にあふれる懐かしさ!イエーイ... グループとはぐれて不安な山道単... >>