強い体を作るためには炭水化物も重要!

最近参加しているブログランキングを見ていると、まだまだ知らないサイクリストブロガーがたくさんいるんだなぁとつくづく思います。

今のところ時間が無くて全然訪問できてませんが、皆さんどんな活動されているのかすごく興味があります。

少しずつでも訪問してお互い刺激を与えあえればいいですね。

さて、今日の記事は...

ダイエットをしている人にとっては糖分、そして炭水化物というのはできるだけ摂取しないようにしなければならないもののようです。

ただ自転車やジムに行っている私にとっては欠かすことのできない重要な栄養素なのです。

実は私はこの認識が欠落していたようです。

疲れがたまりやすくなった時にジムのスタッフと話したのですが、トレーニングをやる人には陥りやすい傾向があるのだそうです。

筋トレをやりたんぱく質を摂取することによって筋肉を増やます。

と同時にできるだけ脂肪を減らしたいと思うのが自然で、たんぱく質を取るために肉や乳製品を食べるとどうしても脂肪も摂取してしまいます。

そこでそのジレンマを解消するためにプロティンを飲むことが多いです。

では基本プロティンを飲んでいれば筋肉がつくのか、と言えば単純にそういうことではないようです。

持久力のある強い筋肉をつけるためには炭水化物もしっかりととらないといけないようです。

私の場合1日2食生活となり、それに乗じて体質改善をしようとしたのですが、その時にプロティンでタンパク質は補えても炭水化物の摂取は不足していた可能性があります。

なので疲れがなかなか抜けない体になり、また筋肉もエネルギーとして使われてしまって筋肉量が増えないということになったのでしょう。

体重、体脂肪率が減り喜んでいましたが、一方でそういう犠牲も払っていたようで反省しなくてはなりませんね。

さて,InBodyを測定ました。

e0138081_6325250.jpg


やはり安定期に入ってきたようです。

筋肉と脂肪の割合です。

e0138081_6331740.jpg


前回に比べて体重、筋肉量、脂肪とすべて増加しています。

体型です。

e0138081_6334664.jpg


体脂肪率も増加(13.1→13.6%)。

まあ誤差の範囲でほとんど変化なしと言っていいでしょう。

内臓脂肪指数も増加してます。

e0138081_6341223.jpg


自転車、ジムとまあ継続的にこなせてきた期間なのでちょっと意外でした。

e0138081_6344048.jpg


アスリート型よりの筋肉型ですが肥満にも近いのがちょっと不服です(笑)

部位別筋肉のバランスです。

e0138081_635547.jpg


やはり脚が弱いですね。

冒頭で述べたことを考えると炭水化物不足で筋肉がエネルギー源として使われているのかもしれません。

ここは次回からも留意しなければならないポイントです。

基礎代謝量です。

e0138081_6353049.jpg


ここは毎回変化ないですね。

今後は炭水化物を意識的にコントロールしようと思っています。

それがどう体にそして数値に出てくるのか注目です。

~~~~~~~~~~~~~ ご協力のお願い ~~~~~~~~~~~~~~

交流を広げるため各種ランキングに参加しました。

それぞれのバナーをポチリいただければ幸いです。

日本ブログ村 : にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング : 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by tac-phen | 2012-05-19 03:08 | 健康
<< 時間制限突破!ちょっと面白いシ... いろいろな時代の趣を残す北条-... >>