奥琵琶湖の隠れた静寂の地へー木之本・余呉湖:ブロンプトンでのんびり琵琶湖周辺散策③

いよいよゴールデンウィーク突入ですね♪

とりあえず前半は天気がいいようで楽しめそうです。

10連休なんて人もいるらしいですね。

それぞれ皆さんがどんなGWを計画し実行するのか今から楽しみです。

私は旅には出ませんが、自転車三昧となりそうです。

お互い怪我の無いように思う存分楽しみましょう!

今日の記事昨秋に行ったブロンプトンで行くのんびり琵琶湖周辺散策シリーズです。

(ビワイチでは気付かなかった湖周の魅力を発見ー長浜・彦根:ブロンプトンでのんびり琵琶湖周辺散策②
の続き)

2日目は車で余呉湖まで移動。

そこから自転車です♪

余呉湖をまわらずにまずは木之本へ。

当然のごとくつるやにサラダパンを求めて行ったのですができ上がりが11時ということであきらめました。

北国街道の宿場町だった木之本の町を散策。

e0138081_7125494.jpg


e0138081_7132251.jpg


往時の雰囲気がそのまま、といった感じの建物が多いです。

e0138081_7141546.jpg


馬宿 平四郎。

e0138081_7152760.jpg


山内一豊が名馬を購入したところ。

織田信長に仕えたころの一豊はまだ貧しかったため、商人が売りに来た名馬を買うことができなかった。

が、妻の千代が鏡箱の中から差し出した黄金十両でこの名馬を購入。

この馬が馬揃いの場で信長の眼に停まり、”貧しくとも武士のたしなみを忘れない心構えは素晴らしい”とほめられ出世のきっかけとなった。

その場所が木之本にあったんですね。

e0138081_7205817.jpg


どこか昭和チックな薬屋さん。

e0138081_722149.jpg


ここは本陣跡でその後に薬屋になったところ。

e0138081_7224545.jpg


モダンな建物も見受けらえます。

e0138081_7232795.jpg


商家の大きさから昔はすごく繁栄していた宿場町だったことがうかがえます。

e0138081_7242189.jpg


e0138081_7244293.jpg


e0138081_725823.jpg


明楽寺へ。

おおっ、ここの鐘は鳴らしてもいいそうだ!!

e0138081_7275871.jpg


町じゅうに響かせました♪

このお寺は目にご利益があるそうで...

e0138081_7285349.jpg


このカエルが病の身代わりになってくれるそうです。

さあ余呉湖へと再び戻っていきます。

余呉湖の周りをゆっくりと回りました。

e0138081_7304182.jpg


天女が羽衣をかけたという大樹。

この時期の余呉湖も穏やかです。

e0138081_7314417.jpg


e0138081_732988.jpg


ここの路線バスは少々変わってます。

e0138081_7325651.jpg


なんと事前予約が必要なようです。

e0138081_733262.jpg


天気にも恵まれ伊吹山まできれいに見渡せます。

e0138081_7342663.jpg


e0138081_7345132.jpg


いつ来ても静かで、町の喧騒から逃れるのには最高の場所ですね。

e0138081_7353843.jpg


e0138081_7355871.jpg


ここから再び自転車を積んで車で移動です。

車載輪行のメリットを存分に活かしています♪

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-04-28 02:06 | 滋賀
<< 三木は郊外も魅力的!神出山田自... 延々続く登りの先には...春真... >>