歩みを進める度に移り変わる景色。平野部でも絶景を求めてーラピュタの道③:ブロンプトンと九州リベンジ⑫

おはようございます。

昨日は寒かったですね。

兵庫県の中部にサイクリングに行ってきましたが、途中でなんと雪が降りました。

日差しが出れば暖かいのに未だに厳寒期のウエアでも寒いとはどんな気候なんでしょう。

サイクリング自体は二人の兄たちとわいわい楽しかったですが早く本格的な春が来てほしいものです。

ところで最近ふと思うのですが...

家にはほとんど寝に帰っているだけのような気がしています(笑)

しかも何日も家をあけた後、ちょっとだけとか...

本当にジプシー生活になりそうで自分でもビビっています(笑)

さて今日の記事は最高の天気に恵まれリベンジ遂行中のブロンプトンと行く九州リベンジシリーズです。

(好奇心からの寄り道が醍醐味。絶景プライベートスペースへーラピュタの道②:ブロンプトンと九州リベンジ⑪
の続き)

ちょっとした冒険心で行った小山からラピュタの道に戻ってきて下って行きます。

e0138081_5544749.jpg


相変わらずワインディングがきついので景色が目まぐるしく変わります。

e0138081_55643.jpg


それにしてもすごいですね、まるでアートのようです。

e0138081_5565749.jpg


e0138081_557225.jpg


"ラピュタ"ではなく"ナウシカ”を思い起こさせる景色...

e0138081_5585269.jpg


光を浴びたススキがキラキラ...

e0138081_5592296.jpg


一面輝いてます♪

大分下ってきました。

e0138081_614490.jpg


e0138081_62846.jpg


e0138081_623964.jpg


このわずかな区間にどれほど多くの絶景がちりばめられているのでしょう!!

e0138081_63328.jpg


e0138081_635912.jpg


e0138081_642290.jpg


風景画を描く人なら絶対阿蘇に住みたくなるでしょうね。

e0138081_661313.jpg


毎日絵を描いても描き飽きないでしょう。

e0138081_664890.jpg


さてすそ野まで下りてきました。

e0138081_675662.jpg


149号からの入り口の目印を撮っておきましょう。

e0138081_682159.jpg


ちょっとわかりにくいですが、この看板が目印になるでしょう。

そして今度はすそ野からの絶景を探してうろちょろ。

e0138081_693757.jpg


e0138081_6103235.jpg


雲ひとつない快晴で大観峯もくっきり。

e0138081_6111570.jpg


カレーパンマンさんからのミッション、いやお奨めの二つ目に行きます。

e0138081_6122675.jpg


この赤牛丼がめちゃうまとか。

しかし...

e0138081_6132545.jpg


がっくし。

気を取り直してまたまた絶景を探るポタリングへ。

e0138081_6142426.jpg


e0138081_6145868.jpg


山筋までくっきり見えて最高のコンディション♪

e0138081_6154952.jpg


前日は見えなかった根子岳も。

e0138081_6162468.jpg


e0138081_6165594.jpg


コスモス、秋ですねー。

e0138081_619787.jpg


雄大な山をバックにあざやかです。

e0138081_619514.jpg


稲刈りも終わってました。

e0138081_6203396.jpg


e0138081_6211997.jpg


e0138081_6214854.jpg


あまりの絶景にため息が出そうです。

e0138081_6224498.jpg


e0138081_6232396.jpg


私の拙い写真ではこの程度ですが、実際の風景はこの数十倍いいですから。

e0138081_6243369.jpg


この日移動した距離はそれほど無いでしょう。

それでもどれだけの絶景に遭遇したか。

本当に1年でいいから阿蘇に住んでみたいですねー。

四季折々の阿蘇の景色を見てみたい。

感動冷めやらぬままホテルに戻ってきました。

ホテルの部屋からも絶景です♪

e0138081_6264899.jpg


8月に来た前回のリベンジは完ぺきまでに果たしたと言えるでしょう。

次の日勢いに乗って旅の醍醐味である思いつきのプラン変更を行います。

この思いつきのおかげでまたこのリベンジを越える、感動的な風景に遭遇することになるのです。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-04-08 04:17 | 九州
<< 湯の山街道は造り酒屋の商家・三... ブロンプトンとの旅から帰還。春... >>