総勢33名!ショップカンザキのイベントに参加-イェーイで乗り切った雨の自走淡路島ライド①

3月8日(木)から12日間、そしてその後2日間の旅を終えて再び日常生活に戻ります。

毎回しばらく腑抜けになるのですが、今回は同じ轍を踏むわけにはいきません。

仕事はもちろんですが、ブログの方も早速普段通りアップしていきます!(気合)

先日の記事で少し書きましたが、3月1周目の週末は2日連続でライド、しかもその1日は200キロ越えの自走アワイチを計画しておりました。

そして2日(金)は時間があっても運動はせず休養に充てる予定をしていました。

しかし週間天気予報で3月3日(土)以外雨マークだったので土日のうちどちらかは流れるだろう...

そんなふうに予測して2日(金)ジムへ。

そして2日~3日にかけて同じく参加するもりさわさんと連絡を取り合ってほぼ参加見合わせを決めてました。

ところが3月3日(土)に行われた第3回パンプキンライドに出発する前に天気予報を見ると改善方向に向かっております。

まさかなぁ...

ライド中も時折気にはなっていたのですが、携帯でチェックするのもめんどくさいので何もしませんでした。

そしてライドから帰宅してPCを開くとメッセージが...

"決行との連絡。夕方からはずぶぬれの覚悟...”

おおっ、まじか!

確かに天気予報をチェックすると兵庫県南部18時までは降水確率30%、18時以降は70%になってました。

しかし徳島県北部をチェックすると12時~18時の降水確率は50%...

これは淡路島南部で雨に遭う可能性もあるなぁ...

個人的にDNSにするかどうか迷いましたが、早朝スタートでもあるし雨にあっても少しだけやろう...

ということで3月4日(日)は自転車ショップカンザキのイベントに参加、自走アワイチを決断したのでした。

第3回パンプキンライドの余韻に浸る間もなく、すぐに就寝。

そして0時に起床したのでした。

3日はのんびりサイクリングとはいえ140キロ走ってるし、2日は予定外の筋トレを入れてしまったため体が心配だったのですがストレッチをしていると問題なさそう...

ハンガーノックは避けたかったので朝ご飯をしっかり取り、雨用の準備をして3時前にスタート。

後戻りしないように事前にもりさわさんに出発のメールを送っておきました。

外は真っ暗ですが、気温は3℃。

思ったより寒いですが、あの恐怖体験・路面凍結ライドに比べれば断然走りやすいです。

追い風にも乗って終始快適なライド...

あっという間に明石に着きました。

なんと5時前に到着です(汗)

もちろんジェノバの乗り場はまだ開いておらず1時間ほどコンビニで過ごしました。

その間に最近ハマっているこれをしておきます。

e0138081_8564744.jpg


明石市のマンホールです。

e0138081_8572430.jpg


そして6時前にジェノバの乗り場へ行くとまだ開いてなかったのですが自動ドアを開けると勝手にあいたので中に入るとおじさんが準備をしてました。

6時にオープンだったようです。

そこでしばらく待っているとサイクリストがポツリポツリとやってきました。

お互いあいさつします。

そしてしばらくするともりさわさんがやってきました。

"まさか、決行とはなぁ"なんて言いながらお互いテンションアップ。

もりさわさんがトイレに行っている間に...

”もしかしてtac-phenさんですか?!”

と先ほど挨拶交わした方が声をかけてくれました。

"ええ、そうです。もしかしてリーサンですか?”

と握手。

今回のアワイチはリーサンのお付き合いのあるショップのクラブの走行会でそれにもりさわさんを通じて参加させてもらっていたのです。

なのでリーサンとの初対面も非常に楽しみでだからこそ雨の心配があっても参加したのです。

すると今まで挨拶をした方はすべて今回の参加者とのこと。

談笑していると豊中から自走できた高校生達もやってきました。

さまざまな年齢層の方が参加されるようでさらに期待が高まります。

淡路島について集合場所へ。

するとすでに自転車がずらり...

e0138081_8585850.jpg


e0138081_859246.jpg


こんなお茶目な自転車もありました。

e0138081_90363.jpg


なんと参加者総勢33名!!

e0138081_924643.jpg


この3人は終始ハイテンション♪

e0138081_933984.jpg


入念に打ち合わせ、グループ分けをします。

e0138081_91835.jpg


さあ、雨が来ないうちにゴールするためにもさっそくスタートです。

東浦の海岸沿いを順調に南下します。

風もなく快適なライドです。

ただほとんど初めての方同士でお互いのペースがわからずどんどんペースアップしていきます。

お互い気遣いながら先頭を交代で走っていたのですが、だんだんきつくなってきます。

こんなんで最後まで持つんかな...

そんな不安がよぎりながらも必死にペダリング。

すると洲本前にすでにポツリポツリと顔にあたります。

まさか...

いやなことは振り払うことにしました(笑)

そして洲本市街を抜け南のアップダウン前の最後のコンビニで休憩しているとだんだん雨が降り始めてきました。

e0138081_9133065.jpg


参加者のテンションはまだまだ高いのですが...

わずかな雨でも路面はぬれてきます。

平地はまだましなんですがやはり下りは怖いですね。

しかしこの先にはアワイチの難関、南淡路のアップダウンが待っているのです。

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-03-22 00:11 | 兵庫
<< 阿蘇で初のパンハンティング!左... 旅の魅力は思わぬ人々との触れ合... >>