自然の偉大さに脱帽!雄大な山肌に描かれたアートに感激!-阿蘇火口・ブロンプトンと行く九州リベンジ⑤

昨日は久々にぽかぽか陽気でしたね。

日陰、もしくは風が吹くとまだまだ寒かったですが、日を浴びて風が弱まるとかなり暖かかったです。

週末までは極寒でしたが、走ってみると意外といい気持ち♪

氷点下の中も走りましたが動きだすと寒く感じなかったです。

今まで寒いのが苦手でしたが、もしかしたら耐性ができて来たのかも...

でもまだまだ油断は禁物です。

さて、今日の記事は最高の天気に恵まれリベンジ遂行中のブロンプトンと行く九州リベンジシリーズです。

(見事にリベンジ遂行!!思い出の大パノラマに心酔ー阿蘇草千里・ブロンプトンと行く九州リベンジ④続き)

草千里から阿蘇火口までの光景も8月に来た前回とは全く違った雄大な大パノラマが広がっていました。

e0138081_620630.jpg


e0138081_6204054.jpg


急坂を上って火口まで行くロープウェー乗り場まできました。

e0138081_621573.jpg


ここで標高1142メートルあるんですね。

ここから火口まで自転車で自走で行くことができます。

自動車は有料ですが自転車は無料です。

しかし見た目それほどには見えないのですが、ものすごい激坂です。

火口手前では立ちこぎでワインディングしふらふらになります。

e0138081_6245849.jpg


e0138081_6253114.jpg


今度は逆に草千里を臨みます。

e0138081_6261826.jpg


e0138081_6264244.jpg


どうもこの時ロープウェイが一台、故障していたようです。

e0138081_6272978.jpg


そして火口へ。

e0138081_628348.jpg


芸術的な岩肌のすり鉢状の火口にエメラルドグリーンの火山湖が見えます。

e0138081_6302882.jpg


煮えたぎっている様子がよくわかりますね。

煙が激しく上がっております。

この火口周りの山肌がアートのようで毎回驚かされます。

e0138081_6321418.jpg


e0138081_6323828.jpg


e0138081_633234.jpg


中央のエメラルドグリーンが鏡のように輝いています。

e0138081_6342951.jpg


e0138081_6361537.jpg


e0138081_6364964.jpg


やっぱり自然の力は偉大ですね。

e0138081_6375259.jpg


この阿蘇火口も素晴らしいところで風景に魅惑され動けなくなりました。

本当日本は奥深いですね。

小さな島国ですがたくさんの素晴らしいものがちりばめられてますね。

名残惜しいですが下山へ。

e0138081_6401968.jpg


また違った次元の雄大な風景が広がります。

e0138081_6412267.jpg


e0138081_64206.jpg


季節が変わるとまた風景もがらりと変わります。

e0138081_6424568.jpg


e0138081_6433760.jpg


ああーっ、阿蘇に住んで季節の移り変わり、四季を眺めてみたいです。

余韻に浸りつつ、自転車をのんびり走らせホテルへ。

かけ流しの天然温泉に入りすっきり。

そして夕食です。

e0138081_6454338.jpg


牛ステーキに馬刺し、数々の郷土料理....

ああーっ、阿蘇に住みたい!!

(続く)
[PR]
by tac-phen | 2012-02-21 03:59 | 九州
<< 何歳になっても... 走るモチベーションを奪われる心... >>