近年なぜかいいなあと思うようになってきた...年賀状という日本の風習

私はあまりしきたりとか風習とかにはこだわらないというかあまり気にならないのですが、4,5年くらい前からこれはいいなぁ、大事にしたいなぁと思うものがあります。

それは年賀状です。

年賀状は新しい年を迎えるにあたっての挨拶状ですが、今やメールで簡単にできることです。

ツイッターみたいなものもあり全員に向けて一斉に簡単に挨拶を済ますなんてことも今や普通になってきているのではないでしょうか。

そんな中究極のめんどくさがりの私がなぜか年賀状ってええなぁと思うようになってきました。

実際私はPCは持っているもののプリンターが無いので年賀状は手書きです。

しかもしゃれた絵ごころもなく、郵便局で売られている挿絵の入った年賀状に乱筆であいさつを述べるというかわいげのないものであります。

しかし年に一回だしこういうのもいいのではないかと。

それで去年くらいからなかなかお会いできないお世話になったサイクリストの方々を中心に年賀状を出すようにしました。

そんな私にご丁寧に挨拶がえしをして下さる方もいてうれしい限りです。

e0138081_8535198.jpg


どの方の年賀状も私のものの比べて格段にきれいでおしゃれなのですが、サイクリストの方々の年賀状はどれも個性的で、時に"自転車"色が出ていて面白いです。

ちょっといくらかここでご紹介を。

この方のおかげで鹿児島初上陸、今や鹿児島が身近に感じております。

e0138081_8572175.jpg


また近々お会いできそうで楽しみです。

この方は説明の必要ありませんね(笑)

e0138081_8581054.jpg


黄色いものを見ると反応してしまうようになりました。

そしてこの方長らくお会いしていませんがユニークな切り口のブログでいつも楽しませていただいてます。

e0138081_8595635.jpg


私も蒜山、行ってみたーい。

ブログやツイッターで画像や文章を普段から交わしているのになぜか年賀状はまた一味違うんですよね。

クリスマスカードとも違う...

何故かわからないけど私の中では誇れる日本の風習となっております。

説明できないけどなぜかいいと感じるもの、そんなのが一つくらいあってもいいですよね。
[PR]
by tac-phen | 2012-01-12 04:05 | 季節
<< 新旧の日本の癒しが凝縮ー古き良... ”今度是非ご一緒しましょう”は... >>