私、実は...サプリメント中毒者です!

私がサプリメントを飲み始めたきっかけはジムでトレーニングをするようになってから。

初めた当時は筋力アップ重点を置いていたから、プロティンを飲んでいた。

プロティンを飲むと徐々に筋肉がつきはじめてその効果に驚き。

それ以降サプリメントは馬鹿にできないと認識。

アミノ酸やクレアチンを飲んだりもした。

ただそこそこ筋力も付いてきてサプリメントを飲んでまでつける必要がないか、と思い始めどちらかというと食事の栄養補給としてサプリメントをとるようになってきた。

私はご存じ甘いもの好き、そしてかなり偏食。

今もそうだが、朝は毎日ミートスパ、チョコレートが食事代わりになる日もある。

こんな食生活に日々不安を感じつつもそれを改善できずにサプリメントに頼ることになった。

最初はビタミン類を数種のんでいただけだったが、昨今の健康ブームで氾濫した情報に影響され、あれやこれやを試しているうちに...

e0138081_19355910.jpg


こんなに多種類にも及んでしまった。

しかしまだこれでも絞ったほう。

最大で15種類くらいは飲んでいた。

完全にDHCのお得意様、というよりかもになり下がってしまった感があるが、何故こんなふうになったかというと最初にのんだサプリメントに効果があったからだ。

ビタミンCとEは自覚できる程効果があった。

普段から全然気にしていないが肌はつるつるになりますよ!

それでいろいろ試しているのだがこれだけ飲むとそれぞれの効果がわかりにくい。

でもまあ多かれ少なかれ効いているやろと思って飲んでます。

ところで少し話がそれるが先日体操の世界選手権個人総合3連覇を果たした内村航平選手が大のチョコレート好きで栄養士がついているにもかかわらず食事代わりにブラックサンダーを食べているという記事を見てちょっと安心した。

が冷静に考えてみると体操世界一ではあるが健康世界一というわけではない。

なのでそれで安心してはいけないのだ。

サプリメントはあくまでも補助。

なので主食をおろそかにしては本末転倒だ。

本当に健康に留意するなら主食を見直すべきだろう。

そうしよう!

....と今日の記事は自分に言い聞かせるためのものでした。
[PR]
by tac-phen | 2011-10-19 04:05 | 健康
<< 状況悪化...さらに1カ月遅れ... 稲穂が実る田んぼにナスカの地上... >>