大切なミッションの前にはやる気持ちを抑えて(後編):下関・門司港-ブロンプトンと行く九州12日間③

(中編の続き)

長府を後にし西へ走り関門橋をくぐって赤間神宮へ。

e0138081_8241032.jpg


異国の雰囲気を漂わせる見事な建築物。

e0138081_8245879.jpg


e0138081_8252378.jpg


e0138081_825495.jpg


この前に訪れた長府が質素な町だっただけにこの赤色がより鮮やかに目にうつる。

e0138081_8261892.jpg


e0138081_8264261.jpg


神宮内のあちこちに句碑がみられる。

e0138081_828488.jpg


耳なし芳一が祀られている。

e0138081_830842.jpg


壇ノ浦の戦いで敗れ滅びた平家一門の墓も祀られている。

e0138081_8305961.jpg


e0138081_8312517.jpg


e0138081_8315591.jpg


赤間神宮の前にある碇。

e0138081_833699.jpg


平知盛が体に怒りを巻きつけて入水自殺した話が謡曲になっているらしい。

下関市街に近付くとレトロな洋風の建築物を見かけた。

e0138081_8355335.jpg


e0138081_8361810.jpg


下関は高杉晋作のゆかりの地。

e0138081_8374491.jpg


それを思わせるものがちらほら。

e0138081_8382514.jpg


隣の神社は厳島神社。

e0138081_8401768.jpg


宮島の厳島神社と関係があるのだろうか??

e0138081_841585.jpg


e0138081_8413216.jpg


この後彦島へと向かったが道がわからなくなり引き返してきた。

そして再び関門トンネルを渡って門司港へ。

e0138081_8431173.jpg


e0138081_8433981.jpg


これまた一転して雰囲気が変わりおしゃれなレトロ感あふれる街並み。

e0138081_8443320.jpg


e0138081_8445680.jpg


紙芝居をやってました、なつかしい!

e0138081_8455741.jpg


e0138081_8462915.jpg


素敵な町なのだがあまりに切れすぎるのでレンガとかもっとすすけた感じの方がレトロ感が強くなっていいのに。

ずっと動きっぱなしだったのでちょっと休憩。

e0138081_8475632.jpg


人気のはちみつ専門店のようだった。

e0138081_8483740.jpg


レモンジンジャーのかき氷。

e0138081_8493778.jpg


火照ったからだとからからののどを潤してすっかりくつろぎモード。

すると店の前に止めてあったブロを見て子供が"変な自転車ー!”

e0138081_851041.jpg


"どうなってんのー"と言いながらペダルをぐるぐる。

まあ変なことにはならないやろ、とほほえましくその姿を眺めていた。

e0138081_8522681.jpg


この門司港には次の日も来る予定だがたぶん違った感じのポタになりそうなのでこの日のうちに写真撮影。

e0138081_854071.jpg


e0138081_8543832.jpg


e0138081_855213.jpg


そして宿泊地の小倉へと向かった。

いよいよ次の日北九州の黄色い風・カレーパンマンさんとの初対面である。

どんな変態、いや人なのだろうか楽しみだ。
[PR]
by tac-phen | 2011-09-06 04:26 | 九州
<< 北九州の黄色い風と共に(1日目... 台風直撃だというので... >>