阪神地区のおいしい処を席巻!怒涛のグルメポタ(前編)

"歩く食べログ”と称される黄金コンビのお2人に阪神地区のおいしい処を案内していただいた。

京都在住のお2人に対して阪神地区は私のおひざ元。

それでも知らないところばかり、名店ばかりでさすが。

まだまだ自分が力不足であることを思い知らされた。

いきなり集合場所でいただいたMatsugayaさんのシフォンケーキで度肝を抜かれる。

e0138081_17322330.jpg


まずは桔梗堂

e0138081_17312270.jpg


自転車でよく走る2号線のすぐそばにあるお店だが今までその存在に気がつかなかった。

サービスでいただいたわらび餅がおいしかった。

e0138081_17334363.jpg


このお店での一押しはこれ。

e0138081_17344670.jpg


白玉知故。

甘みを抑えたあんにプニプニで弾力のある白玉が入っている。

e0138081_17364228.jpg


めちゃくちゃうまいうえに一口で食べれてしまうのであればどんどんいってしまいそう。

危険な和菓子だ。

それに以前からよく食べていた和菓子もここのものと判明。

e0138081_1738130.jpg


ここから住吉まで移動してランチ。

e0138081_17414253.jpg


茶芸館 甜

珍しく台湾茶を扱っているお店らしい。

e0138081_17441575.jpg


e0138081_17445718.jpg


これだけの茶葉から7杯くらいのお茶がおいしくいただけるという。

この湯のみのセットがかわいい。

それと点心のセット。

e0138081_17463830.jpg


このひじきの入ったしゅうまいが個性的。

皮に透明感があって見た目から食欲をそそられる。

e0138081_17474983.jpg


麺類もスープがすごく繊細。

e0138081_17483157.jpg


味に深みがある。

e0138081_17491590.jpg


お茶のゼリーも想像以上にさわやかだった。

e0138081_17502496.jpg


オーナーは元体操選手で怪我がきっかけでこの道に入ることになったという。

そんなことを気軽に話してくれる。

また台湾茶を直接現地から買い付けているらしいが、目利きができる人でないと相手にされないそうだ。

なかなか聞ける話で無いので非常に興味深かった。

オーナー夫妻がこれだけオープンで気さくなのもこのお店の魅力だろう。

また是非伺いたいものだ。

怒涛のハンティングはこれからだ...
[PR]
by tac-phen | 2011-05-12 05:36 | 兵庫
<< 朝から晩までなんと優雅な!-目... GW終了。さあたまった宿題に取... >>