京都南のおいしい処をご案内

東日本大震災以降、3週間ほどブログを休止していた間にやったことを記事にしていってますが全然追いつきません(悲)。

今日の記事は3月27日(日)の分。

最近よくご一緒させていただいているイヨッキュさん、友人Kさんと京都おいしいものポタ。

私のお気に入りのコースとお気に入りの店を案内した。

まずはえびす神社で金運を願って鳥居にあるえびす様の熊手のところにお賽銭を投げ入れる。

e0138081_16155624.jpg


中央のヒッピーのような髪型の人物が今や髪をバッサリ、好青年に。

うーん、時の流れを感じさせる。

東の方はあまり行かないというお2人、京都も今まであまり来たことがなかったらしい。

祇園界隈を散策。

そして定番の手摺木版画の工房。

e0138081_1620065.jpg


版画ならではの美しい作品が並ぶ。

e0138081_16211235.jpg


そして伏水街道を南下。

いつも立ち寄るおいもやさん。

e0138081_16221138.jpg


ここのおばあさんとのトークも楽しみの一つ。

e0138081_16225463.jpg


震災のおかげで芋もなかなか入ってこないと嘆いておられた。

ここの一押しは焼き芋。

私は大学芋にした。

e0138081_162459.jpg


揚げたてはより甘さが出ておいしい。

そして伏見稲荷へ。

e0138081_16251085.jpg


千本鳥居は見てもらわないとねー。

e0138081_16254464.jpg


途中まで行っておもかる石に挑戦。

願い事をして石を持ちあげた時に、軽く感じれば願いがかない、重く感じればかなわないという。

お2人とも"重かったー”

イヨッキュさんは宝くじ1等を願ったらしい。

そしてお2人を是非お連れしたかったのがここ。

e0138081_1644623.jpg


Lunch Boxさん

お2人にもこの扉をあけていただいた。

e0138081_16443994.jpg


なんとこの日はこんなサプライズがあった。

e0138081_16452711.jpg


おおっ、パンではないか!

Lunch Boxさんはケーキはもちろんのこと、パンも絶品、パンも食べないとLunch Boxを語れないと、ずっと言われ続けていきた。

京都にうつってからあまりに忙しすぎてパンを作る時間がないとおっしゃっていたが、ちょうど2日前から作り始めたそうだ。

なんという偶然!

これもパンハンターとしての嗅覚が働いたのだろう。

これでLunch Boxの伝道師(自称ではない)、angirasさんに1歩近づけただろう。

家に帰ってから早速食べたが、めちゃくちゃおいしかった。

ぶどうパンはそのままでもどんどん食べてしまう。

桜あんパンもあんの甘さが適度で食感がいい。

これからどんなパンが出てくるのか楽しみだ。

そしてケーキ。

一押しのフランスより取り寄せたチーズ・ルガールを使ったチーズケーキ。

e0138081_16512091.jpg


久々に食べたが他を圧倒するほどの独特のおいしさ。

お2人も絶賛されていた。

そして新製品、あまおうが1個入ったチョコロール。

e0138081_16524449.jpg


チョコをやや苦めにして苺の甘さを消さないように工夫している。

トレビアーン!

おいしいケーキをいただきながら、いつものようにスタッフの方々と楽しいトーク。

いつ来ても明るく、楽しく過ごさせてくれるスタッフの皆さまに感謝だ。

そのまま南下して次のお店はご存じたま木亭。

しっかりパンハンティング。

e0138081_1658334.jpg


震災の影響でパンの種類が大幅に減っていたのは残念だった。

しかし相変わらず後で食べてもどれもおいしい。

そして宇治にあるベーカリータマキでも同じ状況だった。

e0138081_170280.jpg


パンがほとんど残っていなかった。

この震災がパン業界にまで悪影響を及ぼしているとは...パンハンターとしても非常に悲しいことだ。

e0138081_1713718.jpg


流れ橋から木津川自転車道を北上して最後のおいしい処へ。

e0138081_17373.jpg


たこ焼き・いっちゃん。

この日はイベントをやっていたらしく、パンも売られていたとか。

我々が行った時にはすでに売り切れだった。

もともとバイカーの集まる場所だが、この日はものすごい数。

e0138081_1752733.jpg


道中もそうだったが、このお2人といろいろディープなお話ができて楽しかった。

そのせいかいつもと比べて断然写真が少なかった。

今後いろいろな企画もあり、どうなっていくのか展開も非常にわくわくするものがある。

イヨッキュさん、友人Kさん、この日はお疲れ様&ありがとうございました。

これからも我々にふさわしいハイソな世界を築き上げていきましょう。
[PR]
by tac-phen | 2011-04-25 04:27 | 京都
<< ロードで定番の場所をブロンプト... 心地よい風をきって走れ!桜から新緑へ >>