苦渋の決断...というより次の1歩のために-ブログを一時休止

東北地方太平洋沖地震が起きて数日がたった。

神奈川県戸塚で震災にあい、逃げるようになんとか家に戻ってきたのが3日前。

改めてその被害の尋常でない大きさを知り、ただただ茫然とするだけだった。

しかしこれではいけないと被害にあわれた方々に対して自分でできることはして、後は今まで通り日々を楽しく暮らしていこうと心に決めた。

ただ唯一、今後どうするか意志を固められずにいたのがブログのことだ。

私にとってブログは今や欠かせない生活習慣であり、自分の行動記録にとどまらず、貴重なコミュニケーションの場となっている。
 
なので今までもそうであったように、これからも必要不可欠なものだ。

ただ、今のように多くの方が苦しみ、不安に陥り、未来に希望が持てない状態でいるときに、あえて今までと同じように"楽しんできました、感動しました、おいしいものをたくさん食べました"的な浮かれ気分の記事を描いてアップしてもいいのだろうか?

数は多くないものの、被災地からのアクセスもある。

ブログはだれでもアクセス可能だし、検索すれば意図せず引っ掛かることもある。

被災された方をはじめ、そのご家族・親戚・友人の方々が目にした場合、どう思われるだろうか?

たとえ頭の中で被害地以外では普通の生活をするのが当然と思っていても実際こうやってピックアップされると不快感を持たれるのではないだろうか?

実際に記事を少し書いたが、どんどん自己嫌悪に陥った。

ならば実際経験したことは消えないのだし、この混乱期だけでもブログにアップすることはやめてもいいのではないだろうか。

しかしブログは私にとって歩みでありコミュニケーションの根幹をなすもの...できれば続けたいしその記事の内容は今まで通り素直に感じたこと、見たものをそのまま載せたい。

....とこういうジレンマに陥っていた。

結局今でも考えはまとまっていなし、どれが自分にとっていい選択なのかもわからない。

しかしこのままでは気持ち悪いので、とりあえず試しに...

3月いっぱい、ブログを休止する

ことにした。

生活習慣と化したブログ更新を休止して、自分がどう感じるか...

その間に震災の状況も変わるだろうし、違った認識を持つかもしれない。

とにかく無理はしないつもりなのですぐに"休止"を"休止”するかも。

もしかしたらブログの存在意義を改めて見直すいい機会になるかも、とも期待している。

というわけなので、訪問者の皆さま、ご理解のほどよろしくおねがいいたします。

そして再開した暁にはまたご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

皆さまのブログには引き続き訪問させていただきますね。
[PR]
by tac-phen | 2011-03-15 16:21 | 雑感
<< 日本人は素晴らしい!! 波乱万丈!!素晴らしい旅を一瞬... >>