思う存分に牡蠣料理を堪能!!牡蠣三昧ポタ(後編・相生~坂越~赤穂)

さあ、病気から復活し今日から通常の記事も復活。

ここ数日は病気日記みたいになっていたので早く脱却したいからねー。

まずはこの記事から。

牡蠣三昧ポタ(前編・竜野~室津)の続き)

相生に入るとしばらく入り組んだ湾沿いに快適なライド。

e0138081_14375589.jpg


しかし相生の中心に近付くにつれ、人も車も急に多くなってきた。

この日行われている相生牡蠣祭りの影響だろう。

そして相生白龍城の道の駅は去年とは比べ物にならないほどの混雑。

e0138081_14402596.jpg


e0138081_14412219.jpg


ここにはペーロン船の艇庫がある。

e0138081_14443044.jpg


e0138081_14445655.jpg


とりあえず揚げかまぼこの牡蠣巻きを食す。

e0138081_1446063.jpg


e0138081_14462846.jpg


揚げたて、熱々でおいしい。

e0138081_1447197.jpg


流れ出てくる牡蠣汁も最高。

e0138081_14483489.jpg


そして相生牡蠣祭りのメイン会場は...

e0138081_14504492.jpg


各ブースとも長蛇の列。

すいているところと言えば牡蠣と関係ないところばかり。

e0138081_14514398.jpg


列の横から物ほしそうに眺めることしかできない。

e0138081_1453981.jpg


めちゃうまそう。

うーん、たまらん。

なので列の短いところを見つけてなんとかゲットしたのは...

e0138081_1454538.jpg


牡蠣の味噌汁。

なんでここだけ列が少ないのだろう、と思ったが、納得。

ここにいても何も食べることができないので再び道の駅へ引き返すことに。

並んでいてもこんなことになるだろうから。

e0138081_14565158.jpg


あとで知ったのだが、この牡蠣ピロ、牡蠣が入ったピロシキだが地元の主婦たちが考えた新たな人気商品らしい。

道の駅では牡蠣の回転焼きの列に並んでいたが全然進まなかったので、ユッキンさんがカキフライバーガーのほうへ行ってゲットしてきてくれた。

e0138081_1503122.jpg


カキフライが揚げたてておいしかった。

牡蠣の回転焼きのほうはあきらめることに。

そして相生を離れて海沿いを走り、坂越へ。

再び店に戻ったがまだ順番が来ていなかったので魚市場を見学。

e0138081_15215585.jpg


きれいに丸裸にされたハギ。

e0138081_15222412.jpg


妙にかわいい。

そうやっているうちに順番が回ってきて牡蠣尽くしタイム突入。

酢牡蠣。

e0138081_15234968.jpg


蒸し牡蠣。

e0138081_1524429.jpg


牡蠣の土手鍋。

e0138081_15242395.jpg


焼き牡蠣。

e0138081_1525338.jpg


しっかり堪能し大満足。

照明のせいで写真が黄色くなってしまっているのが残念。

e0138081_15261648.jpg


最後に赤穂の町を散策。

大石神社。

e0138081_15294083.jpg


e0138081_1530174.jpg


忠臣蔵で有名な赤穂浪士47士の像が壮観。

e0138081_15304851.jpg


e0138081_15311154.jpg


この大石神社は昔から初詣に来ていたなじみの場所。

e0138081_15331230.jpg


e0138081_15332792.jpg


寺の人がお賽銭を集めまわっていた。

e0138081_15341144.jpg


見たくなかった姿だ。

e0138081_15344118.jpg


e0138081_15345534.jpg


大石家の長屋門。

e0138081_15353658.jpg


赤穂にあるちょっと面白い店。

e0138081_15362779.jpg


e0138081_1537188.jpg


e0138081_15371517.jpg


今まで気づかなかったがここは博物館のようなところらしい。

e0138081_1538348.jpg


それにしても幼児47円って...

幼児からも取るのかとか、47円ってとかいろいろ突っ込みどころがある。

それを狙っているのか?!

牡蠣も散策もしっかり堪能して播州赤穂から輪行で帰路についた。

いやぁ、毎年のことながらこのポタは心も胃も大満足だ。

お付き合いいただいたユッキンさん、お疲れ様&ありがとうございました。

牡蠣のシーズン中にまた来たいものだ。
[PR]
by tac-phen | 2011-02-02 04:31 | 兵庫
<< 有形文化財指定の旧家でくつろぎ... 復活か!? >>