京都にありながら違った味わいの静寂とくつろぎーはちはち・京都

先日久々に行ったはちはち

e0138081_161822100.jpg


京都の市街地にありながらも全く京都を感じさせないうっそうとした森の中にある雰囲気のcafe。

雑踏から離れ静寂を味わうことができてお気に入りだ。

また一見、本当にカフェなのか、オープンしているのかわからない謎めいたところもいい。

e0138081_1620929.jpg


この電燈がついていればオープンしている。

このにこにこマーク、実は”八八”である。

毎回ながらこの雰囲気、入るのに多少緊張する。

e0138081_1622853.jpg


中にはいっても古民家の雰囲気そのまま。

e0138081_162321.jpg


テーブルや部屋の仕切りには畳や引き戸が再利用されていたりする。

心地よい音楽に優しくて温かみのある照明。

e0138081_16245364.jpg


こたつに入ってストーブの温かみを受けて中庭を見てると思わずうとうとしてしまう。

e0138081_162647.jpg


このような素敵な空間誰もが求めているようで、お客もひっきりなしにやってきて、パンが売り切れるとクローズ。

なのでいつも開店直後を狙ってきている。

するとパンもまだまだしっかりそろっている。

e0138081_16274637.jpg


今回はフルーツやナッツが所狭しと詰め込まれたフルーツブレッドをお願いした。

e0138081_18311787.jpg


これはお土産、家でゆっくりといただいたがやはりおいしい。

ドライフルーツとナッツがしっかりとはいっていておいしいうえに食べごたえもある。

ケーキみたいな感じでもある。

そしてここでは季節の野菜をふんだんに使ったスープとパンのランチセット。

e0138081_16305866.jpg


このスープがたまらなくおいしい。

e0138081_16312624.jpg


見た目より野菜のエッセンスが入っていてよく煮込んであるのがわかる。

e0138081_1632418.jpg


いろいろなトッピングのパンも上品で味もほど良い強さでグッド。

かぼちゃが甘かったなぁ。

こんな静寂でくつろぎの空間では食事の後すぐに動く気になれない、というよりそれはもったいない。

この雰囲気に浸りながら、ゆっくり景色と話を楽しんだ。

京都を散策しているときに、京都とは違った雰囲気のところでとる食事とくつろぎ。

それが何度も自然と足をはちはちに向かわせているのだろう。
[PR]
by tac-phen | 2011-01-14 06:26
<< 何回来ても飽きない趣ーはじめて... ユッキンさんと初対面!Lunc... >>