水墨画のような琵琶湖を臨んでーブロンプトンでドキドキの初対面ポタ

以前の記事で少し書いたけれど、ブログで交流させていただくようになってから1カ月くらいのteddypapaさんと、これまたブログで交流させていただいていて一度だけお会いしたことのあるえっちゃんさんと琵琶湖をポタリングした。

teddypapaさんとは初対面、えっちゃんさんとは初ポタリングという”記念”の日になった。

このポタリングが実現に至ったきっかけはteddypapaさんが、えっちゃんさんのブログに入れたコメント。

”またtacさんと滋賀にもおこし下さい。”という文章を目ざとく見つけた私は、即座にえっちゃんさんに連絡。

”大いに社交辞令の可能性があるけど、この話乗ってみますか?”

と自分のところに来たメッセージでもないのに私のほうからえっちゃんさんに働きかけた。

そもそも”この話”というほど大げさなものでもないのに、あえて”この話”とあたかも具体的に誘われたかのように都合よく受け取り相変わらずの厚かましさだ(自分で言うな!!)。

ここで犯したリスクはただ単に”なんて厚かましい奴!?”とあっさりかわされること。

ところがまずえっちゃんさんから返信。

”いいですね! それ乗りましょう!”

そして、teddypapaさんにお伝えすると...

”もちろん、大歓迎ですよ。”

とお2人ともポジティブな反応。

一気に救われた気分になったと同時にいきなりテンションが急上昇!

忙しい日々を送られているお2人とも都合のいい日が奇跡的に合い、びっくりするぐらいにとんとん拍子に話が進んだ。

そして野洲駅で初対面。

お互いに”ブログのイメージとは違いますねー。”

不思議なことにブログから始まった人と初対面の時は同じようにこのような印象を持つ。

具体的にきっちりイメージを持って会いに行っているわけではないのだが、いつも同じ印象だ。

そしてteddypapaさんが行きたいとおっしゃっていたそぼっくるさんへ。

e0138081_1353303.jpg


誰もが持ちたいであろう自分の趣味がいっぱい詰まった部屋。

それを実際に実現した宝箱のような素敵なお店だ。

それぞれ初対面だったが、不思議なくらい最初から打ち解け、オーナー夫妻を交えて長時間の談笑。

ポタリングに来たのを忘れるくらいにくつろがせてもらった。

今回はそぼっくるさん一押しの料理、ねぎ焼とコーヒーをいただく。

e0138081_13574877.jpg


見た目からふわふわ、もちもち感が伝わってくる。

e0138081_13581931.jpg


まだ会ってから全然時間がたっていなかったので3人で1人前を分けたが、もっと食べたい気分だった。

そして柿をサービスして下さった。

e0138081_13594475.jpg


他の作物が不作の中、柿は豊作とのこと。

めちゃくちゃ甘くておいしかった。

重い腰を上げてやっとポタリング。

思ったより時間がかかって湖岸に出たが...

e0138081_1423121.jpg


なんと、黄砂の影響で視界がかなり悪かった。

琵琶湖が初めてとおっしゃっていたえっちゃんさんには壮観な湖とバックの山の景色を見せてあげたかったのに...

まあそれは今後のお楽しみということで。

そして湖岸を南へと走った。

e0138081_145611.jpg


ただ最初はかなりがっかりしたが、ずっと見ていると水墨画のようにも見えてこういう琵琶湖が見れるのも貴重かなと思うようになってきた。

e0138081_1462511.jpg


e0138081_1493851.jpg


真珠養殖上の蓮。

e0138081_1482564.jpg


花が咲くころには一面とてもきれいなのだとか。

琵琶湖は何回も走っているが全く気がつかなかった。

さすがジモティのteddypapaさんよく滋賀をご存じだ。

そしてここの外周を回れることも知らなかった。

なかなかいい休憩場所だ。

e0138081_14113556.jpg


ロードのteddypapaさん、自然とスピードが出てしまうが、それにブロンプトンでついていくえっちゃんさんに驚いた。

大丈夫かなぁと最初は見ていたが、後ろにつくどころか横に並ぼうかという勢い。

後で聞くと、きっちりと遅れずについていっていることを知らせるためにそのポジションにいたそうだが、それができるのは素晴らしい脚の持ち主だということだ。

この辺はいかにも初対面どうしらしくて面白い。

琵琶湖から瀬田川あたりに来るとどこかの大学のボート部のイベントでレガッタの乗車体験レースをやっていた。

e0138081_14195798.jpg


e0138081_14201138.jpg


”せっかくやから、出ましょうか!?”というとお2人とも目線を合わさないように冷笑を浮かべていた。

まあ、あまりに急なことだったのでじゃあ、来年ということで落ち着いた(ほんまか???)。

そして対岸の大津・なぎさ公園へ。

e0138081_14225338.jpg


公園内ではところどころできれいに紅葉していた。

e0138081_14233019.jpg


e0138081_14235124.jpg


そして湖を一望できるカフェで遅めのランチ。

e0138081_1425124.jpg


e0138081_1426695.jpg


e0138081_14253873.jpg


ここでも話が尽きずたっぷり談笑。

気が付いたらもう周りは暗くなっていた。

楽しいと時間はあっという間に過ぎてしまう。

この日は走る時間の倍はしゃべっていたような気がする。

それだけはじめから打ち解けることができた。

滋賀を案内して下さったteddypapaさん、遠方からはるばる滋賀まで来て下さったえっちゃんさん、お疲れ様&ありがとうございました。

又機会を作ってご一緒しましょうね。
[PR]
by tac-phen | 2010-11-24 04:18 | 滋賀
<< ブラボー!! 関宿の往時をしのばせる宿場町情... >>