旅の締めくくりはここで-2010夏・青春18切符の旅⑧

3泊4日の青春18切符を使った旅の終わりはここで締めくくった。

e0138081_18513363.jpg


播州赤穂にあるさくらぐみ

e0138081_18511068.jpg


数々の方からここのピザは絶品とすすめられ、ピザ好きの私はいつか行ってやろうと思っていた。

そのチャンスが来たのだ。

最近播州赤穂の市街地から瀬戸内海を臨むところに移転してきた。

e0138081_18545010.jpg


海より少し高いところにあり、眺めは最高。

e0138081_18555336.jpg


e0138081_18564968.jpg


イタリア人スタッフの方もここはより地中海に似た雰囲気でいい、とおっしゃっていた。

建物も地中海沿いの町をイメージさせるような白基調。

e0138081_1859248.jpg


開店時間前に着いたのでテラスでしばらく待っていると少しずつ客がやってきた。

が、きちっとドレスアップしたカップルばかり。

げーっ、マジでー、と心の中でかなりの動揺ぶり。

ピザがおいしいとしか聞いていないのでちょっとした町のピザ屋さんかとおもっていたのが大きな間違い。

やっと家族ずれがきたと思ったら、明らかに生活が違うような雰囲気を醸し出していた。

レーパン、レーシャツでリュック持ちなんて当然一人だけ。

やっと開店時間がきて中に入った。

店の雰囲気は...

e0138081_1935789.jpg


e0138081_1941355.jpg


次から次へとはいってくる客はやはり自分とは明らかに違っている。

とどめはどこかで見たことがあるなぁ、と思ったらサッカー南アフリカW杯日本代表の大久保とその家族だった。

スターなので写真はオーケーかとも思ったが、こんな場でこういう行為はいいのだろうか、と思いとどまってしまった。

しかし料理が運ばれてくるとそんなことはすっかりわすれ、気持ちは料理に集中。

e0138081_19111376.jpg


e0138081_19113655.jpg


e0138081_19122476.jpg


e0138081_19123824.jpg


e0138081_19125211.jpg


確かに全般的に非常においしかった。

特にさすがこれほどの店、と思ったのは前菜とパンナコッタ。

これらは思わず”うまっ”と言ってしまった。

ただ、期待しすぎていたせいか、ピザはいまいち。

チーズはめちゃおいしかったが、他のものとの味のバランスがそれほどあっているように思えなかった。

ここは食事だけでなく、店の雰囲気や外の景色なんかを楽しむのがよさそうだ。

まあともかくこれで3泊4日の旅は終了。

おなかも膨れて余韻に浸りながら電車で帰路についた。

いやぁー、ほんとに満足、充実感のある旅だった。

事前にテーマを持って臨んだが、期待をはるかに超えるリアクションだった。

それだけに今回だけにとどまらず、これから先の行動に拍車がかかることになりそう。

旅の先々でお世話になった皆さん、おかげさまで素晴らしい旅ができました。

本当にありがとうございました。

また再会する機会を是非作って、一緒に自転車を楽しみましょう。
[PR]
by tac-phen | 2010-09-11 03:56 | 中国地方
<< ひやっほー!!由良川で待望の川... いろいろな顔を持つ倉敷・美観地... >>