今回のテーマ-2010夏・青春18切符の旅①

数年前、ママちゃりで近辺をうろちょろ探索し始めたのがきっかけで自転車ライフがここまで広がってきた。

はじめは一人で走っていたが、どんどんいろいろな方とご一緒する機会が増え、同じ自転車を趣味とする方々との交流がここまで気さくで心地のいいものだとは想像していなかった。

またブログを通じてのコミュニケーションから実際にお会いしサイクリングをご一緒するなんてことも自然とできるようになってきた。

こういう付き合いが簡単にできるのもサイクリスト同士だからこそ、というのがあるように思える。

一人で風を感じながら未知の場所を探索するのもよし、同じ楽しみを共有できる方々とご一緒するのもよし。

私の自転車ライフはますます充実、この先どこまで行くのだろうとわくわくしている。

e0138081_2120321.jpg


そのような過程の中で将来的にはこういうことがしたいなぁと思うことが一つあった。

そして現在に至るまで、単なる願望ではなく実際にできるのではないか 、と思えるようになった。

それは、全国各地にサイクリストの知り合いを作り、その方々を訪ねていく、また先方にも気軽にこちらに来ていただけるような関係を築く、というものだ。

例えばあるところに土日を利用して1泊2日のサイクリングプランを考えた場合、1日はそのお知り合いとご一緒し、もう一日は一人で行動するというようなことをしてみたい。

もちろん先方の方にも同じようなことを望んでもらえるような関係だ。

実際のところ、かなり親密な関係にならないとここまではいかないのかもしれないので、ハードルが高いのかもしれないが、実現させてやってみたいことなので、行動に出ることにした。

なので今回の青春18切符の旅は旅先に在住のサイクリストの方とご一緒させていただくということをテーマとした。

e0138081_21243746.jpg


とはいうものの、ほとんどのサイクリストの知り合いは関西圏だし、ブログ上でコミュニケーションをとらせていただいている方々にもどうアプローチしていいかわからない。

いつもの厚かましさにものを言わせて、ブログで付き合いのある方に強引にお願いしてみるか...

しかし自分も最初そうだったが、ネット上だとどうしても警戒されるだろうなぁ。

といろいろ頭の中で試行錯誤しているときに、一度行ってみたいと思っていた地域でポタリングクラブのポタ会があることを知った。

しかも同じ週末に別の地域でもポタ会があるではないか!

これや!と思って早速連絡をとってみると、歓迎ムード。

一気にテンションが上がり、宿をとり他の行程も考えた。

しかもブログにコメントを下さり、”こちらに来る際には是非声を。”とおっしゃって下さっていた方在住の地へ行くのも可能ではないか!

こういう計画は一度進みだすと加速するものだ。

出発直前に1日位一人での旅も入れることにし、ここに3泊4日のテーマ付きの青春18切符の旅の予定が完成した。

8月末なので台風で天気が崩れることを警戒したが、見事好天に恵まれこの旅の成功を暗示しているかのよう。

テンションはヒートアップ、わくわくどきどきの旅の始まりだ。

e0138081_21261861.jpg


(続く)
[PR]
by tac-phen | 2010-09-02 04:20
<< かつての繁栄の跡がそのまま残る... バタバタ... >>